星やどりの声(朝井リョウ)

良かった!最後は思わず涙腺が緩んじゃって・・・。ジーンと沁みる物語でした。

亡くなった父親が残した星型の天窓のある喫茶店。母と三男三女がその喫茶店を守りながら暮らしている。子供たちがそれぞれ順番に自分のこと、家族の事を語っていくという連作短編集。

いや~ビックリするくらい良かった。著者が大学生ってことで、つい油断しちゃった。20代前半の大学生がこんな小説書けちゃうってどうよ!?と思わずツッコミをいれたくなった。大学生男子の文章に泣かされるなんてーっ、と思わずクレームまで入れたくなっちゃったくらい(笑)この著者ってば、ホント凄いですね~。

6人の子どもたちが語る家族の物語。それぞれが、亡くした父親への思いを抱え、それぞれなりに家族のことを思いながら暮らしている。なんて、いい子達なんだー!とそれだけでも結構、グッとくるものがありました。特に末っ子の真歩が笑わなくなった理由っていうのがね。もうね、こういうのは弱いんですよねぇ。思いっきり涙腺が緩んじゃいましたよ。

意味が分からなかった琴美の旦那さんが付けるといった子供の名前。その意味が分かった時は、もうね、溢れる涙が止められませんでした。お父さんの愛情ががんがん伝わってきました。本当に素敵なお父さんだったんだろうなぁ~と思いました。そして、そんなお父さんだったからこそ、お母さんも女手一つで頑張ったし、子供たちもそれぞれのやり方で家族の為に頑張ってこれたんだろうね。そして、お父さんの想いを理解して、自分の子供の名前を考えた琴美の旦那さんも本当に素敵な人だな~と思いました。さすが琴美が選んだ人です!

この家族がこれからもずっと笑顔で幸せに過ごせますように・・・。有川さんが帯に書かれている言葉と同じ思いで本を閉じました。

素敵な家族の物語でした。本当に良かった。




・長男 光彦
・三男 真歩
・二女 小春
・次男 凌馬
・三女 るり
・長女 琴美



(2011.12.08読了)




星やどりの声
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-10-28
朝井 リョウ

Amazonアソシエイト by 星やどりの声 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2012年01月03日 08:17
あけましておめでとうございます^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

本当に泣かされますよね。
どうして20代前半の男の子がこんな作品がかけるんだろうと思わずにはいられません^^;
家族が多いんですが、ちゃんとかき分けられていて凄いなぁと思いました。
感動しました。
すずな
2012年01月06日 12:43
>苗坊さん
あけましておめでとうございます!今年も昨年以上にどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

…ご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。すみません;;;

ホントに20代の男の子の文章に泣かされるとは思わなかったですよねぇ^^;びっくりでした。でも、感動しました。良い作品でしたね!

この記事へのトラックバック

  • 星やどりの声 朝井リョウ

    Excerpt: 星やどりの声著者:朝井 リョウ角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-10-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 亡くなった父が残したもの……喫茶店、星型の天.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-01-03 08:03