Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 舟を編む(三浦しをん)

<<   作成日時 : 2011/12/18 07:37   >>

トラックバック 5 / コメント 4

面白かったー!

出版社の辞書編集部を舞台に辞書作りに打ち込む人々を描いた作品。しをんさんってば、またまた地味ぃ〜なお仕事にスポットを当てて、熱く語ってくれたな〜と思える作品でした。

なんと言っても、馴染みのない「辞書編集」というところに興味津々、わくわくしながら読み始めました。・・・こんなに大変な仕事だとは思わなかった;;;というのが、正直なところです。もちろん、簡単な仕事なんてない、というのは分かってますが、1冊の辞書を作るのがこんなにも煩雑で、忍耐が必要だなんて!書かれていることを読めば、確かにその通りだよなーと思うんだけど、それを実際にやるとなると・・・;;;辞書に載せる言葉の選定、文章、例文、字数、そして、辞書に使われる紙、などなど・・・。気軽に使っている1冊の辞書に、どれだけ沢山の人々が関わり、どれだけの思いが詰め込まれているのか。この作品を読み終わった後、使い込まれた自分の辞書を思わず手にとり、しげしげと眺め、表紙を撫ぜてしまいました。

辞書作りの裏側についてはもちろんながら、登場する人々がまたみな個性的で・・・。辞書作りに情熱を注ぎ込む編集者に、その彼が後継者にと選んだ若手編集員、辞書編集部の先輩、そして、日本語研究に心血を注ぐ老学者と、本当に変わり者ばっかり(笑)読みながら思わず「ぶぶぶ。」と笑ってしまったりもしました。が、若手編集員がだんだんと辞書編集の世界にのめり込んでいって、編集員らしく変わっていく姿は読んでいて楽しかった。運命の女性とのあれこれなんかは、思わず笑わせてもらったし。

いきなり月日が流れてるのにはビックリしたけど、辞書作りってそれだけの時間が必要なんだなぁと改めて、その大変さを実感したりもしました。最後は思わず涙・・・。じーんとしちゃいました。

そうそう!編集部の先輩が残したファイル!あんなのを作ろうと思った先輩に心から拍手です(笑)それも、後でちゃーんと登場して、ちゃーんと活かされて良かったです〜。


彼らが作った辞書を、実際にこの手にとってみたいと思わせる、素敵な小説でした。うん、良かった!



(2011.11.14読了)




舟を編む
光文社
三浦 しをん

Amazonアソシエイト by 舟を編む の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
舟を編む 三浦しをん
舟を編む著者:三浦 しをん光文社(2011-09-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2011/12/18 16:22
三浦しをん「舟を編む」
光文社2011年9月 初版1刷発行2011年11月 4刷発行258頁 ある出版社の辞書編集部で辞書「大渡海」つくりに奔走する個性的な面々の物語 スポーツや趣味に限らず夢中になれることがある人は幸せです 営業から引き抜かれた馬締(まじめ)は、ちょっと風変わりで周囲から浮... ...続きを見る
お花と読書と散歩、映画も好き
2011/12/20 20:24
「舟を編む」 三浦 しをん
舟を編む/三浦 しをん ...続きを見る
じぶんを たいせつに。
2012/02/26 20:19
ゴールなき道程
三浦しをんさんの青春三部作と言えば 「風が強く吹いている」「仏果を得ず」 「神去なあなあ日常」の三作である。 箱根駅伝、人形浄瑠璃、そして日本の林業という、 あまりにも ... ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2012/09/19 22:26
辞書を作ろう! 〜 小説編
小説「舟を編む」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/03/21 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
ホント、面白かった〜!!ですよね。
この本を読むまで辞書を1から作り上げることの大変さを全く知りませんでした。
数年前に広辞苑が数十年ぶり?十数年ぶり?に改訂されたというニュースを見て、ずいぶん経ってから改訂が出るんだなって軽く思っていたのですが、あの頃の自分を怒って諭してやりたいです^^;
馬締さんは素敵でした。馬締さんにとっては辞書編纂は天職だったんですよね^^
苗坊
2011/12/18 16:25
>苗坊さん
ホント、大変なんだな〜と思いながら読みました。そして、辞書作りの大変さに驚きつつ、それ以上に、魅力あるお仕事だな〜と思えるように仕上げたしをんさんに拍手を送りたい。
広辞苑なら改訂にそれくらいかかってもしょうがないですね〜。私もこの作品を読んで初めてそう思いました^^;
馬締さんも転職だな、という感じでしたね。良かったですよね〜!
すずな
2011/12/19 12:49
すずなさん こんばんは
思わず自分の辞書が愛おしくなる、
こんな素敵な小説を書く
しをんさんが僕は愛おしい!! 笑
yori
2012/09/19 22:30
>yoriさん
読み終わった後、自分の辞書をしみじみと眺めてしまいました〜。
そうですね!こんな小説を書いてくれたしをんさんが私も愛おしいです(笑)
すずな
2012/09/20 12:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
舟を編む(三浦しをん) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる