オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月)

それなりの厚さの本でしたが一気読み。面白かった!
・・・という感想でいいのかどうか、すっごく痛くって、めちゃめちゃ暗くって、ずどーんと重い内容を考えるとちょっと躊躇しちゃいますが、でもやっぱり「面白かった!」しかないかな。

中学二年生のアンは、母親の無理解や友人関係のトラブルから「死ぬしかない」と思い込み、クラスメイトの徳川に自分を殺して欲しいと依頼する。それも、世間で大々的に取り上げられるような殺され方で。二人はその方法について話し合い・・・。

もうね、なんともイタイお話でした。辻村作品ってイタイのが当たり前になってきてて、読んでる方も多少は免疫が出来てきてるかなぁ・・・なんて思ってたんですが、とんでもなかった。この作品を読みながら、中学生って人生で一番イタイ時期かも・・・と思っちゃった。まぁ、確かに自分のことを振り返ってみると、やっぱり中学生の頃が一番痛かったような気がするんだよね。いろいろと・・・と思い返すと、思わず「うっ」と顔をしかめちゃうくらい本当に痛かった;;;

それにしても、アンといい徳川といい、自分が同じ中学生だったら絶対にお友だちにはなりたくないなぁ、と思いながら読んだ。アンの上から目線とか、徳川の狂気じみた部分とかは読みながらムカムカしたりゾッとしたりした。・・・でも、中学生の頃の自分はどうだったか?と思うと、先にも書いてますが、それなりに痛かったし、それなりにイヤナヤツだったような気もするなぁ、とも思ったりもして。自分のあの頃を見せられてるようで余計に「お友だちにはなりたくない」って思ったのかもしれません。そういう描写とかね、相変わらず辻村さんって上手いし、嫌な部分をピンポイントで突いてくるのはさすがですねー。


アンが徳川に依頼した”オーダーメイド殺人”の行方がどうなるのか、すっごいドキドキしながら読んだんですが、ホッとできるラストで良かったです。殺人計画の顛末に「やっぱり、そうなるよね」と思ったけど、読んでる時には「もしかして・・・」という不安も完全には捨てきれなかったんですよね~。辻村さんだし、ね。そして、「どうして?」と気になっていた徳川の気持ちも分かって、ちょっと嬉しくなったり。それまでが痛くて暗くて重くて、気持ちが落ちていくばっかりだったんですが、最後の最後でやっと救われた感じがしてほんっとーに良かった。

二人の今後がどうなるのか分からないけれど、ちょっと嬉しい未来を想像出来るようなラストに微笑みながらうんうんと頷いて、読了。
うん、良かった!



(2011.11.13読了)




オーダーメイド殺人クラブ
集英社
辻村 深月

Amazonアソシエイト by オーダーメイド殺人クラブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年12月15日 10:09
こんにちは^^
いや~痛かったですよね。
最初から読むのをやめようと思いましたけど^^;
読んでよかったと思いました。
中学時代って1番イタイ時期ですよね。
小学生だとまだ小さくて、高校だとある程度の学力で別れていて進学とか就職とかなんとなく道が決まっているけど、中学は学区で決まっているから学力もバラバラ、気持ちの面でもいろんな人がいると思います。だから、こういういじめも多いんじゃないかなぁと思います。
アンがどうなってしまうのか、ドキドキしていましたが、最後は良かったと思いました。
にんまりしちゃいました^^
すずな
2011年12月19日 12:35
>苗坊さん
ホント挫折しちゃいたくなるくらい痛いお話でしたね^^;自分の中学生時代を思い出して顔をしかめちゃったりもしました;;;
アンの最後がどうなるのかドキドキしましたが、あの最後は良かったですよね~。私もにんまりでした!
2016年08月18日 20:21
すずなさん、こんばんは(^^)。
やっぱり、イタイんですよね、皆さん(笑)。
確かに、アンも徳川も友達になったらめんどくさそうです(^^;)。でも理解できちゃう自分もいたりして、むず痒くてたまりません!!
ラスト、よかったですよね。
私はそのちょっと前の「私は余生を生きている」っていうフレーズも結構好きですが。
「余生」が「余生プラスα」になりそうなラストでした。
すずな
2016年08月30日 12:37
>水無月・Rさん
イタかったですよねぇ^_^;水無月・Rさんの”むず痒い”というのも、よーく分かります。もうホント、その通りでしたね。
どうなることかと思ってましたが、ラストで良かったなぁと思えて嬉しかったです。「余生プラスα」になりそうでしたね!

この記事へのトラックバック

  • オーダーメイド殺人クラブ 辻村深月

    Excerpt: オーダーメイド殺人クラブ著者:辻村 深月集英社(2011-05-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方 親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-12-15 09:54
  • 『オーダーメイド殺人クラブ』/辻村深月 ○

    Excerpt: なんか、ここのところ続けて〈イタイ〉物語を読んでる気がするなぁ(笑)。 辻村深月さんの、痛痒い中学生物語、『オーダーメイド殺人クラブ』。 イタいイタいと連呼してますが、身に覚えがありすぎなイタさな.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2016-08-18 20:17