Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS あまからカルテット(柚木麻子)

<<   作成日時 : 2011/12/11 07:36   >>

トラックバック 3 / コメント 4

実はちょっとした勘違いで手にした本だったんだけど、これが予想外に面白くって!勘違いだと分かった時はちょっとガッカリしたんですが、読んでいたらどんどんハマッテしまって。とっても嬉しい誤算でした。

中学生の時からの仲良しアラサー4人組。今でも月に一度は集まって、みんなでお茶会を開く間柄。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、専業主婦ながら料理が得意で作った料理をブログで公開している由香子。そんな4人が、それぞれ人生の岐路に立たされ、他の3人がそれを乗り切るために人探しをしたり、叱咤したり、助け合ったり・・・。


アラサー女子の微妙なお年頃を描いた小説と言ってしまえばそれだけなのかもしれませんが、ちょっとした謎解きがあったり、それぞれの持つコンプレックスが描かれていて、色んな葛藤があったりと、なかなか波乱に飛んでました。読みながら、一緒になって人探しをしたり、共感したり、叱咤したり、涙したり・・・。忙しい読書でしたが(笑)、読んでてとっても楽しめました。最後は涙するというよりも、かなり泣いてしまったような気もしないでもないんですが;;;でも、ジーンとするラストでよかったんですよー。みんなハッピーエンド?と思ったら、そうそう甘くはなく。ニガイ部分もあったのが良かった。あのエピソードがあったおかげで、ピリリとスパイスの効いた読み応えのある小説になったような気がします。・・・エラソウですが;;;

人探しに関しては、ちょーーっとご都合主義っぽくないかい?と突っ込みを入れたくなったりもしましたが(笑)、でも、こういうこともあるよなーと思えなくもないので、それはそれでいいかな。・・・ちょっと甘い?(笑)


そして、そして!何よりも登場する食べ物が美味しそうで!!読みながら、黒糖のお稲荷さんはめちゃめちゃ美味しそうだー!とか、うわ、甘食って!なつかしーっ!と叫びそうになっちゃいましたよ。おまけに、ハイボールも飲みたくなっちゃったし(笑)色々とイケナイ誘惑が多くて困りました。実は、読了後、甘食を求めて徘徊しちゃったという後日談もあったり(苦笑)


この著者の他の作品も読んでみたいと思いました。




・恋する稲荷寿司
・はにかむ甘食
・胸さわぎのハイボール
・てんてこ舞いにラー油
・おせちでカルテット


(2011.11.10読了)




あまからカルテット
文藝春秋
柚木 麻子

Amazonアソシエイト by あまからカルテット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あまからカルテット 柚木麻子
あまからカルテット著者:柚木 麻子文藝春秋(2011-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「終点のあの子」作者の誰もが待ち焦がれた新作は、仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2011/12/12 08:48
柚木麻子/「あまからカルテット」/文藝春秋刊
柚木麻子さんの「あまからカルテット」。 「終点のあの子」作者の誰もが待ち焦がれた新作は、仲良し四人組の探偵小説。ピアノ講師の咲子、 編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子。恋愛の荒波も、仕事の浮き沈みも、四人の絆 で乗り越えてみせる(紹介文抜粋)。 初めましての作家さん。何の予備知識もなかったのですが、出たばかりの時に書店で平積みに なって紹介されていて、紹介文読んで面白そうだな〜と思って予約していた一作。結構評判に なっているようで、楽しみにしていたのです... ...続きを見る
ミステリ読書録
2012/03/20 22:28
柚木麻子 『あまからカルテット』
JUGEMテーマ:読書感想文&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2015/10/31 13:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
手違いで取っちゃったんですね^^;
でも、面白かったですよね。
主人公の年齢が近かったので気になって読んでみました。ただいろんな立場の4人の話というわけではなく、謎解きがあったのも面白かったですよね。4人があらゆる情報を駆使して人探しをしている所は、彼女たち何者?と思いました^^;
食べ物がおいしそうでしたよね。お稲荷さんは私も食べたい〜!って思いました。
苗坊
2011/12/12 08:51
>苗坊さん
そうなんですよー。ちょっとした勘違いで手にしたんですが、これが予想外に面白くって!「きっと本に呼ばれたんだ!」と思ってます^^;
そうそう。アラサー女子のあれこれだけでなく、謎解きもあったのが面白かったですよね。ミステリーだったんだ!?という意外性もポイント高かったです。
どれもこれも美味しそうでしたが、特にお稲荷さんが美味しそうでしたねー!
すずな
2011/12/12 12:35
私は書店で見かけて面白そうだと思って予約してたんですが、大当たりの作品でした。
四人の友情が上辺だけでないところが良かったですよね。ミステリー部分は若干強引に感じなくもなかったんですけど、出てくる食べ物が美味しそうだったし、面白かったからまぁいいかって感じでした(笑)。
この作家さん、他の作品も評判良さそうなので、これから少しづつ読んでいきたいです^^
べる
2012/03/20 22:36
>べるさん
初読み作家さんが大当たりって嬉しいですよねー!
4人の友情がお互いを認め合ってるところが良かったです。ミステリー部分はね、ちょっとでしたけどね^^;
私も食べ物が美味しそうだったから、ま、いっか。みたいな感じでした(笑)いや、本当に美味しそうでしたねー!
私も少しずつ読んでるところです。今週末には1冊読めるかな。
すずな
2012/03/21 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あまからカルテット(柚木麻子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる