本日は大安なり(辻村深月)

結婚式場を舞台に、大安に結婚式を挙げる4組のカップルとウェディングプランナーの一日を描いた物語。

なんだか今までの辻村作品とは趣が違うような気がしましたが、それでも、やっぱり辻村さん。ついつい夢中になって読み耽ってしまいました。実は読み始めたのが遅い時間だったので、ちょっとさわりだけ読んで寝よう~と思ってたんですが、途中で止められず(笑)ここまで、この章まで、もうちょっと・・・と時計とニラメッコしつつ、結局、最後まで読んでしまったという・・・。次の日の仕事が睡魔との闘いだったのは当然の結果でありました;;;

新郎の愛情を試す為に式当日に入れ替わった双子の新婦、クレーマー夫妻に振り回されるプランナー女性、叔母の結婚相手の悪巧みをなんとか阻止しようと悩む少年、新婦に重大な事実を告げられないまま式当日を迎えてしまった新郎と、様々な立場の人々が描かれる。もうね、最初は頭の中を整理するのが大変でした(笑)でも、読み進んでいくと自然に理解できてきて、そこからはまさに一気読み。

それにしても、どのカップルの結婚式もいろいろあるわねー!というくらい、どれもこれもが訳ありで(笑)だからこそ、「どうなる?どうする?」と読んでるこっちは、わくわくはらはらどきどきの連続で、とーーっても楽しめたんですけどね。これって、どう収拾つけるんだろうと思ってたら、最後に一気に一掃!・・・というと言葉がアレですが(苦笑)、そうきたかー!という事件が起こって、それぞれがそれぞれらしく収まりました。結婚式を挙げるカップルだけじゃなく、プランナーさんの方も上手くいって良かった。

いくつかのカップルが登場しましたが、やっぱりなんと言っても双子カップルが良かった。というか、面白かった。きっと新郎は・・・と思ってたら、予想通りでして。でも、あの面倒くささにウンザリせず、「だから面白い」と言ってのけるところが凄いですねー。私なら「うざっ」の一言でバッサリ切っちゃうんだろうなぁと思います。・・・だからダメなのか(笑)

大好きな叔母さんの為に必死になる小学生も良かったなー。可愛かった。きっと真相はそんな感じだろうと思ってたけど、ちょっとドキドキしたりもして。このエピソードでは「子供たちは夜と遊ぶ」とのリンクがあって、それでもちょっとテンションが上がってしまいました。辻村作品を読むと、こんな風に他作品とのリンクがちらちらあって、ついその作品を読み返したくなっちゃうんですよねー。そういう意味では非常にキケン(笑)

最後はみんながそれぞれにハッピーエンド。タイトル通り「大安なり」なラストでこれまた良かった。
うん、面白かった!




(2011.10.16読了)




本日は大安なり
角川書店(角川グループパブリッシング)
辻村 深月

Amazonアソシエイト by 本日は大安なり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年11月14日 00:03
こんばんは^^
今までの辻村さんの作品と雰囲気が違いますよね。
新境地を開いた作品なのかなと思いました。
4つのいろんな人間模様が見えて面白かったです。
私も双子の結婚式が1番印象的でしたね~。
感想はすずなさんと同じです^^;私も面倒くさいとかうざいと思っちゃうと思います。
真空君もかっこよかったです^^
べる
2011年11月14日 07:44
結婚式するのって大変なんだなぁって思いながら読みましたね~。双子のアレは私も面倒くさい女~と思いました(苦笑)。
これ読んだ時は自分が当事者になる日なんてまだまだ先だと思ってたんですが、実は来年当事者になることが決まりまして(照)。もう一度読み返したいなぁとか思ってるところです^^;
すずな
2011年11月14日 12:38
>苗坊さん
今までの辻村作品とちょっと違うな~って感じでしたよね。面白かったので良かったですけど。
あ、苗坊さんもあの双子は同じような思いが…!実際に近くにいたら本当に面倒くさそうですよね^^;
真空くんはりえちゃんを想う気持ちが伝わってきて、カッコ良かったし可愛かったですね!!
すずな
2011年11月14日 12:39
>べるさん
うわー、そうなんですかーっ!!それは、本当におめでとうございます!どうか、お幸せに。。。

双子の姉妹は本当に…ねぇ(笑)自分の近くにいなくって良かったな~と思いました。
2012年03月15日 14:34
すずなさん、こんにちは(^^)。
最初の頃は陸雄の話でイライラしてしまい、キーキー呻きながら読んでたんですが、だんだん他のカップルの物語に引き込まれました。
双子の話はびっくりしましたね~。新郎がその面倒くさい(笑)双子の上を行くややこしい人だったのが凄いわ~、と思いました。
真空くんの奮闘も微笑ましかったです。
そして、陸雄がぶん殴られたときは、万歳しそうになりました(笑)。
山井さんも幸せになって、よかったですよね♪
すずな
2012年03月16日 14:00
>水無月・Rさん
この記事では触れてませんが(笑)陸雄にはイライラしましたよねーっ!
双子の話はびっくりでしたよね。自分の結婚式でそんなことする花嫁ってどうよ!って感じです(笑)でも、新郎の方が上を行ってて凄かったですねー。
そうそう、真空くんは可愛かったですねー!

この記事へのトラックバック

  • 本日は大安なり 辻村深月

    Excerpt: 本日は大安なり著者:辻村 深月角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-02-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-11-13 20:13
  • 辻村深月/「本日は大安なり」/角川書店刊

    Excerpt: 辻村深月さんの「本日は大安なり」。 企みを胸に秘めた美人双子新婦、プランナーを困らせるクレーマー夫妻、新婦に重大な事実を告げ られないまま、結婚式当日を迎えた新郎……。人気結婚式場のとある大.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-11-14 07:37
  • 『本日は大安なり』/辻村美月 ◎

    Excerpt: おぉ~!面白かった~♪ 最近身の回りがバタバタと忙しく、なかなか読書に集中する時間が作れてなかったんですが、そんな事情を吹っ飛ばすほど楽しめました! 実は、辻村美月さんは初読みです。読んでみたいと.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2012-03-15 14:28
  • 辻村深月 「本日は大安なり」

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書感想文   複数のストーリーが同時進行していくのを理解するのは   2つが限界です。本書のように4つのカップルの婚姻話.. Weblog: こみち racked: 2014-07-16 20:55