別冊 図書館戦争Ⅱ 図書館戦争シリーズ⑥【文庫版】(有川浩)

え~シリーズ6作目。文庫版なのでもちろん再読。初読み時の感想はこちら

図書館戦争シリーズの中で一番、再読回数が多いのがこの巻じゃないかなーと思います。なにせ、シリーズのどの巻を読んでも、それ以降の巻を再読したくなっちゃって読んでるんですよねー。ということで、一番近いのは「別冊 図書館戦争Ⅰ」文庫版を読んだ後だったので、1ヶ月くらい前に再読してるということになります(笑)


え~、もちろん(笑)、ネタバレしてます!
未読の方はご注意を。





ホント、出血大サービスの巻ですねぇ。緒方副隊長の恋愛話あり、緒方&進藤に堂上&小牧教官の過去話、そして極めつけが柴崎&手塚話なんて!

これでもか、これでもか、これでもかー!と、畳み掛けるかのよう。うわ、そうきたかー!そんなことがねぇ・・・。もうもうもうもうもーーーーーぅ!と、気を抜くと思わず声がでちゃいそうになる。切なかったり、ニマニマと微笑んじゃったり、「しばさきーっ!」と叫びながら(心の中で)号泣しちゃったり・・・。読んでるこっちもめちゃくちゃ忙しい巻でした(笑)



・文庫版あとがき
読みながら不覚にも涙腺が緩んでしまった。このシリーズは私にとっても特別なシリーズ。有川浩さんという作家さんと出会った作品であり、遠く離れた友人と読書の楽しみを共有できるようになった作品でもあり、そして、それが昂じてこのブログ開設に到ったという、そんなキッカケをくれたシリーズなんですよね。このあとがきを読みながら、そんなあれこれが浮んできてつい・・・。あとがきで涙するなんて、どんだけ涙腺が緩いんだ!と自分で自分に突っ込みつつ、この作品に出会えたことに心から感謝。



・ウェイティング・ハピネス
文庫化にあたって、アニメ化された時に発売されたDVDの初回限定特別付録だった短編の中で、今回はDVD第五巻の「ウェイティング・ハピネス」を収録。その時の感想はこちら

最後はやっぱりこれでしょう。稲嶺元司令ののろけに、緒方副隊長の恋バナのその後、そして玄田隊長&折口さんの未来を浮かべつつ読了。あ~終わったなぁ・・・としみじみ。少しの寂しさを感じつつも大満足。
このお話を最後に書いてくれた有川さんにも感謝。


・文庫化記念 有川浩インタビュー その2
「言葉」の恐さ、大切さを改めて感じる。そして、有川さんの「ただの小説家でいたい」という言葉が印象的でした。本当にジャンルに囚われない、いろんな作品を発表しつづけてらっしゃいますもんねー。これからもその姿勢で素敵な作品を書いていただきたいと心から思います。



これにて、5ヶ月続いた「有川祭」も終了。あ~終わっちゃったなぁ・・・・・・。



(2011.08.27読了)



【図書館戦争シリーズ】
**図書館戦争
**図書館内乱
**図書館危機
**図書館革命
**別冊 図書館戦争Ⅰ
**ドッグ・ラン~図書館戦争 DVD SPECIAL STORIES 1
**別冊 図書館戦争Ⅱ
**プリティ・ドリンカー~図書館戦争 DVD SPECIAL STORIES 2
**マイ・レイディ~図書館戦争 DVD SPECIAL STORIES 3
**ジュエル・ボックス~図書館戦争 DVD SPECIAL STORIES 4
**ウェイティング・ハピネス~図書館戦争 DVD SPECIAL STORIES 5
**図書館戦争【文庫版】
**図書館内乱【文庫版】
**図書館危機【文庫版】
**図書館革命【文庫版】
**別冊 図書館戦争Ⅰ【文庫版】





別冊図書館戦争)ローマ数字2) 図書館戦争シリーズ(6)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-08-25
有川 浩

Amazonアソシエイト by 別冊図書館戦争)ローマ数字2)  図書館戦争シリーズ(6) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年09月05日 12:30
図書館戦争シリーズも、有川祭りも終わってしまいましたね。嬉しくて寂しい感じでいっぱいです。
この巻の感想を書こうと、「しばさきーーっ」と叫んで終わりそうになります。
これからも、何度でも読み返したくなる本ですね。きっと。
いい出会いをいっぱいくれた、シリーズです。
すずな
2011年09月05日 12:59
>香桑ちゃん
嬉しくて寂しい。まさにそんな感じです。
やっぱり叫んじゃうよねー!私も何回読んでも「しばさきーっ!」と叫んでしまいそうになるよ~~。
うん、ホントに。色んな意味で思い入れの深いシリーズです。

この記事へのトラックバック

  • 別冊 図書館戦争Ⅱ:図書館シリーズ6

    Excerpt:  有川 浩 2011 角川文庫 終わっちゃった~~~。 感慨深い。文庫化されるにあたって併録された「ウェイティング・ハピネス」を読むと、終わってしまったという感覚がじわじわと湧いて来る。寂しいけれども.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2011-09-05 11:41