我が家の問題(奥田英朗)

家日和」に続く平成の家族小説シリーズ第2弾。短編集。

完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫、どうやら夫は仕事が出来ないらしいと気付いた妻、両親が離婚するらしいと気づいてしまった高校生の娘、夫から「UFOが見える」と告げられた妻、新婚夫婦の初里帰り、妻がマラソンに目覚めた作家の夫など6つの家族が描かれている。

まさか「家日和」の続編となる短編集が出るとは思ってなかったので、これは嬉しかったですねー。前作同様、今回も様々な家庭がユーモアを交えて描かれ、ちょっと切なさを感じながらも、最後は「家族って良いな~」と思わせる作品でした。それぞれの家庭でさまざまな問題が起こりますが、どの家庭でもその家族らしく解決していくのがいいんですねー。家族の数だけ解決方法があるんだなぁと、そんなことを改めて感じました。

特に好きだったのは「夫とUFO」「里帰り」かな。
「夫とUFO」では、最後の妻の行動がすっごく突飛過ぎるんだけど、夫への愛情が妻をこんな行動に駆り立てる訳で。「愛ってスゴイなー」と素直に感じられました。ま、読みながら大笑いしちゃったけどね~(笑)でも、最後にはちょっとホロリともさせられました。

「里帰り」は、新婚夫婦がそれぞれの実家に里帰りする中で感じた戸惑いを描いてあるんだけど、最後はお互いの家族や親戚、その家のしきたりを「こういうのも良いなー」と感じる。読んでて「あ、そういう感じ方もあるのか~」と目から鱗でした。私にはそういう経験はないので、一般の感覚から「配偶者の実家への里帰りは苦痛」としか思ってなかったんですが、そう思う人だけじゃないんでしょうね。

あと、最後の「妻とマラソン」は夫が作家というだけあって、ついついご本人のエッセイ風?とアレコレ深読みしてしまったんですが。実際はどうなんでしょうね。ちょっと気になったり~(笑)前作でも「ロハスにハマル妻」が描かれてたんですが、同じ家族だったのかな・・・というのも気になったり。ちょっと自分の記憶にないのが悔しい;;;最後は東京マラソンに挑戦する事になった妻に、夫や二人の息子が大声援を送るんですよね。その場面が本当に微笑ましくって温かい気持ちにさせてくれました。


いろんな家族を描いた6編。どれもがハッピーエンドって訳ではないんだけど、それでも最後は「あ~家族っていいなぁ・・・」と思える、そんな作品集でした。



・甘い生活?
・ハズバンド
・絵里のエイプリル
・夫とUFO
・里帰り
・妻とマラソン




(2011.09.11読了)





我が家の問題
集英社
奥田 英朗

Amazonアソシエイト by 我が家の問題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年09月14日 22:14
こんばんは^^
「家日和」は未読なんです~。見てみたいとは思っているのでいつか読みます。いつになるかしら・・・^^;
それぞれハッピーエンドではないのですがいろんな素敵な家族の形が見えましたよね。家族っていいなって思いました。
最後の作品が1番お気に入りなのですが、もしやエッセイなんですか?^^;そう考えると面白いですね。
べる
2011年09月15日 08:24
そうそう。私もラストの作品、この間の作家の話と繋がってるのかなぁ、と思いました(でも、名前が違っていたような気もするんですが・・・私もすっかり忘れてて曖昧な情報ですみません^^;)。どのお話も、配偶者のことを思って行動しているところに、家族の愛を感じましたね。結婚するなら、やっぱりこういう愛がある家庭を築きたいですよね。
すずな
2011年09月16日 12:35
>苗坊さん
「家日和」はすっごく面白くって笑いっぱなしだったような…。楽しいですよー。機会がありましたら、是非!

家族っていいなーと思えるお話ばかりでしたね。
最後の作品は、主人公が作家さんと言うことで「エッセイ?」という期待が膨らんでしまって(笑)でも、ホントのところはどうなんでしょうねー。
すずな
2011年09月16日 12:39
>べるさん
ラストの作品、べるさんもでしたかー!同じ作家さんだったので「同じ家族?」と思ってしまったんですが…。今度、機会があったら確認してみなきゃ~。
家族愛を感じる作品ばかりでしたね。ホント、こんな家族を築きたいですね~。

この記事へのトラックバック

  • 我が家の問題 奥田英朗

    Excerpt: 我が家の問題著者:奥田 英朗集英社(2011-07-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「甘い生活?」結婚して2ヶ月。新婚ほやほやなはずなのに、何でも手をかけて家事を行う妻のお陰で.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-09-14 22:13
  • 奥田英朗/「我が家の問題」/集英社刊

    Excerpt: 奥田英朗さんの「我が家の問題」。 平成の家族小説シリーズ第2弾!完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚する らしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-09-15 08:19
  • 家庭に問題はつきものでして、

    Excerpt: 小説「我が家の問題」を読みました。 著者は 奥田 英郎 「家日和」に続く シリーズ第2弾 シリーズとはいえ、家族、家をテーマにした短編というくくりで 今回は題名通り、家庭での問題を取り上げていて.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2013-05-13 17:35