ヒア・カムズ・ザ・サン parallel(有川浩)

Story Power(2011年10月号)「小説新潮」10月号別冊に掲載の中篇。「小説新潮」(2011年6月号)掲載作品「ヒア・カムズ・ザ・サン」のパラレルストーリー。

「小説新潮」に掲載されている「ヒア・カムズ・ザ・サン」と設定はほぼ同じ。登場人物もほぼ同じ。主人公の特殊能力も一緒。ただ!今回はラブ要素満載なのですーっ(喜)

主人公カップル(もちろんあの二人よ!)が、付き合いだして3年目。そろそろ結婚を考え出した頃。真也は自分の持つ能力を恋人のカオルに告げるが一蹴され、逆にカオルから死んだと聞かされていた父親が実はアメリカで暮らしていて、久しぶりに帰国すると聞かされる。そして、帰国した父親は・・・。

最初に発表された作品は真也の特殊能力がメイン、今回はラブ要素がメインって感じかな。私的には・・・最初に発表された作品も、この作品もどちらも同じくらい好きです。どっちかなんて選べなーい(笑)どっちにも、それぞれの良さがありますね~。おまけに、どっちにも私のツボがしっかり入ってるんですもん。選べませんよ。

それにしても、設定は同じでもこんなに雰囲気の違った作品になるんですねー。二つの物語を比べちゃいけないと思いつつ、やっぱり比べてしまいます。今回はラブ要素が満載なだけあって、より一層、切なさ度もアップした感じ。もちろん、家族愛もたっぷりなんですよー。今回の方が長めな分、いろんなものを入れられたんでしょうか。

真也とカオルが恋人同士という設定だけあって、真也がカオル達親子に関わる度合いというかね、それが深いんですよね。二人の間に、「同僚」というだけでなく、「恋人」という愛情もあるし。なので、余計に感情移入しちゃって、ついつい泣かされてしまいました。・・・って、最初の作品でも泣いてたけど(笑)


有川さんらしい、切なくって、温かくって、優しい、素敵な物語でした。


なんかね、こういう企画を読んじゃうと、もっと、もっと!という気持ちが湧いてきてしまいます。あのお話の「parallel版」だったらどうなるんだろう。あれだったら・・・と、あれこれ想像しては「あれでも書いて欲しいーっ!」と思っちゃいますねー。読者とは本当に我侭で貪欲なものです、ね(笑)



(2011.09.09読了)






Amazonアソシエイト by ストーリーパワー(Story Power) 2011年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック