キミは知らない(大崎梢)

面白かった!夢中で読んで一気読み。

冒頭は恋愛もの?と思ったんですが、読み進めていくと全く違ってて。甘ーい雰囲気は殆どなかったですね~(笑)青春冒険小説みたいな感じ。あれ?と思いつつ、でも、面白かったので良し。

それにしても、なんというかね、読みながら頭の中がこんがらがってしまうんですよ!展開がクルクルと変わって、それが速すぎて!付いて行くのに必死でした。誰が味方か敵なのか。味方だと思ってたら敵(って、あまりにもストレート表現過ぎるかな;;;)で、敵だと思ってたら味方だったりして。え。え?どういうこと?あ?そうきたか!えぇーっ、そっちーっ!?みたいな。主人公と一緒になって、翻弄されまくって、あっちこっちウロウロさせられたって気分でした。いや~なかなか疲れました(笑)

面白かったんだけど、主人公の安易な行動にはイライラ;;;途中、彼女は小学生じゃなくて高校生だったよね!?と確認したくなった。高校生にしては考えなしな行動、行き当たりばったりで、慎重さにひっじょーに欠ける!欠けすぎるっ!・・・あ、文章打ちながらイライラしてきた。いかん、いかん(苦笑)小説読みながら、きぃーっ、と爆発寸前でした。

・・・って、小説の中の主人公に向かって本気でイラついてる私ってどうよ、と思わないでもないですが(笑)


ちょっとマジ切れしそうになりましたが(笑)、途絶えた巫女の家系だとか、モロ私好みの設定や展開でワクワクハラハラさせてもらいました。楽しかった。ラストも好きー。




(2011.08.01読了)




キミは知らない
幻冬舎
大崎 梢

Amazonアソシエイト by キミは知らない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年08月13日 20:47
こんばんは^^
私も同じく主人公の安易な行動にはイラっとしました。
でも、さらに同じく展開は私も好きでした。どんどん謎が深まっていくし、ピンチにはさらされるしで、読む手が止まりませんでした。
私もラスト好きです~^^
すずな
2011年08月17日 12:44
>苗坊さん
ですよねー!あの主人公の行動には本当にイライラしちゃいました^^;
謎は深まるばかりだし敵味方が入り乱れて「どうなるのーっ?」と先が気になりました。お陰で一気読みしちゃったんですけどね(笑)
ラストは良かったですよねー♪
2011年12月15日 12:34
すずなさん、こんにちは(^^)。
やっぱり、悠奈の行動にはちょっとイラッとしますよね(^_^;)。もうちょっと、ちゃんと考えて準備してから行動しようよ!って…。
くるくると変わっていく展開に、ホントついていくのが大変でしたね(笑)。おかげで私も一気読みでした。
ラスト、サンディエゴから来るおばあちゃんと悠奈がタッグを組んで、日次村を引っ掻き回したりしても面白いかなぁ、なんて思ったりもしました♪
是非その時も津田先生には「元気だよな…」とか言ってほしいですね。
すずな
2011年12月19日 12:41
>水無月・Rさん
いや~悠奈の行動にはイライラさせられましたよねー!高校生ならもうちょっと考えようよ!と、本に向かって突っ込みまくってました^^;
展開も早くてついていくのに必死でしたね~。面白かったんですけどね。
お~そういうラストも面白そうですねー。

この記事へのトラックバック

  • キミは知らない 大崎梢

    Excerpt: キミは知らない著者:大崎 梢幻冬舎(2011-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 先生、本当のことを教えて。何で私の前に現れたの?研究者だった亡父の手帳を渡した直後、突然姿を消した.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-08-13 20:42
  • 『キミは知らない』/大崎梢 ○

    Excerpt: 私の中では成風堂シリーズ・ひつじくんシリーズなどの「本にまつわるほのぼのミステリー」作家さんであり、「よさこいも描けちゃう」スンバらしい作家さんでもある大崎梢さん。 今度は、女子高生が次々に展開する.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-12-15 12:28