妖怪アパートの幽雅な日常⑥(香月日輪)

シリーズ6作目。・・・って、わざわざ書かなくても分かるけど(笑)

お正月から始まるこの巻。相変わらずスケールが大きすぎる~(笑)今度は、地下に大雪原が登場ですよ!かまくら作ってどんちゃん騒ぎですよー!いや~こういう設定だとホントに「不可能」がないですねぇ。ここまでくれば、呆れるよりも先にどこまでいくのか楽しみになってきたー。地下の温泉。その横に滝、そして大雪原。次は何が出現するんでしょうか~(笑)

お正月の後は修学旅行。雪山に向かった夕士は宿泊ホテルで怪奇現象に遭遇し、千晶先生は体調を崩していく。このホテルは何かおかしい・・・。

千晶先生がメインキャラになってたのは嬉しいけれど、同じく前巻で登場した強烈キャラの青木先生が全く登場しなかったのは残念;;;彼女を交えてのドタバタが読みたいなー。次巻に期待!でしょうか。

そして、あいかわらずなのはるり子さんのお料理!毎回同じことを言ってますが、うちにもるり子さんが来てくれないからしら~(笑)本当に美味しそうで美味しそうで・・・読むたびに食欲を刺激されて困ります~;;;今回は夕士が修学旅行なんぞに行ってしまったので、その部分では登場しなかったのが残念だったー(笑)




(2011.08.21読了)






Amazonアソシエイト by 妖怪アパートの幽雅な日常6 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック