ばらばら死体の夜(桜庭一樹)

タイトルからして凄いんですけど(笑)でも、桜庭さんだな~と納得のタイトルですね。

「本の街・神保町を舞台にした極上サスペンス」なんだそう。サスペンスだと言われればそうなんだけど、なんて言うんでしょう、私が持つ「サスペンス」という言葉のイメージとはちょっと違うような・・・と思える小説でした。「サスペンス」と言われると2時間枠TVドラマを連想しちゃうんですね~。まぁ、TVドラマの方はほとんど見ないので、私の勝手なイメージだと言われればそれまでなんですけど。2時間で片付けちゃえないお話っていうんでしょうか・・・。う~~~ん、上手くいえないけれど。

相変わらず、どよ~んどろどろと暗くねばねばねっとりとした作品でした。・・・って、どんなんじゃ!って感じですが(笑)まさに「桜庭作品!」と思える1冊。気味悪くって、重くって、かなりズシンとくるのに、先が気になって読むのを止められない。なんなんでしょうね、この魅力って。夢中になって貪り読みました。一気読み。

人間の裏側をまざまざと見せられ、すっごく嫌ぁ~~な気分にもなるし、ゾットする。でも、それと同じくらい、哀しかったり、痛かったり、切なかったりもする。

・・・と、夢中になって読んだものの、いざ感想を書こうとすると上手く書けない。心の中を覗いても、混沌としてるばかりで言葉が見つからない。何がどう、と言えない。いつも桜庭作品の感想では同じことを書いてるような気がするんだけど、桜庭作品ってホント感想が上手く書けないんだよなぁ・・・。難しいです。

面白かったんだけど、すごく惹かれたんだけど、ねぇ・・・。

登場人物たちが交互に登場して、それぞれの視点で、吉野解と白井砂漠が語られる。時系列が行きつもどりつしながら物語が進んでいく。同じ事柄が視点を変えるとこうなるのか、という面白さも感じました。ただ、吉野の妻である由乃の視点が無かったのはちょっと残念だったかな。私的に、すごく興味深い人物でした。気になる人物でした。

最後の章は、事件から数年後、吉野の娘、夕の視点で描かれる。なんとも切なく痛い、そんな気持ちになるラストでした。



(2011.06.07読了)




ばらばら死体の夜
集英社
桜庭 一樹

Amazonアソシエイト by ばらばら死体の夜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年06月28日 01:35
こんばんは^^
濃厚な桜庭さん独特の世界観でしたね。
面白かったんですけど、どうもモヤモヤ感が残りました。
一つには沙漠も吉野も何一つ共感できなかったということですかね^^;沙漠は自業自得ですし、吉野は気持ち悪くてだめでした。
あ、そういえば由乃目線は何もなかったですね。私は吉野の行動に気づいているのでは?なんて思っていたのですけど、章がないってことは本当に全く気づいていなかったっていう事なんですかね^^;
沙漠と吉野は救いようがなかったですけど、佐藤の章は好きでした。1番人間味がある気がしました。
すずな
2011年06月29日 12:32
>苗坊さん
ホント、濃厚な桜庭さんの世界でした。面白かったんですけど、いざ感想を書こうとすると言葉が出てこなくって…^^;
由乃は気づいてなかったんでしょうか。どうなのかなーと気になって、そういう部分も含めて彼女視点のお話も読んでみたかったです。
たしかに、佐藤の章が一番人間味がありましたね。
べる
2011年07月01日 07:27
桜庭ワールド全開って感じでしたね。ぐいぐい惹きつけられてページは進むのだけど、気分は最悪。イライラムカムカしながらの読書って感じでした^^;タイトルから、もう少しミステリ的な要素が強い作品なのかな、と楽しみにしていただけに、終盤はちょっと肩透かしなところもありました。ばらばら死体になった人物に関しては完全に勘違いしてましたが(恥^^;)。
とにかく、あのラストだけは納得が行きません。罪を犯した人物には、社会的でなくとも、誰かによって何らかの制裁を受けさせて欲しかったと思いました。
すずな
2011年07月01日 13:00
>べるさん
先が気になって夢中になって読んだんですが、ホント気分は最悪でしたよねぇ;;;
私も、もうちょっとミステリ色が強いのかなと思ってました。そして、死体になった人物っていうのも、最初は思いっきり勘違いしてましたー^^;
ラストは…私はあの姿を読んで切なくなったんですが、でも、やっぱり罪に対しての罰は受けさせたかったですよね。
2011年11月25日 23:03
すずなさん、こんばんは(^^)。
この後、解はどうなっちゃうんでしょうねぇ(-_-)。
〈ひと殺し〉に対する罰は、加速した老いだけだとしたら、結構理不尽だなぁと思いました。
解の娘・夕は父が何をしたかは知らなくても、何かしらの罪を犯したのを、本能的に感じ取っているのかもしれない、だけどきっと娘は父をいたわるだろう…それがなんだか悲しかったです。
すずな
2011年11月28日 12:44
>水無月・Rさん
そうですね、解はどうなっちゃうんでしょうね…。人殺しの罰は、加速した老いだけでなく、”老いる”ことによって様々な罰が重なっていくのかなぁ…と、今フト思いましたが、どうなんでしょうね^^;
夕は本能で感じ取っているんでしょうが、私もやっぱり父をいたわるんだろうなぁと思います。それが、血のつながった父娘なんでしょうね…。

この記事へのトラックバック

  • ばらばら死体の夜 桜庭一樹

    Excerpt: ばらばら死体の夜著者:桜庭 一樹集英社(2011-05-02)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 2009年、秋。翌年6月から施行の改正貸金業法がもたらすのは、借金からの救済か、破滅か―.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-06-28 01:32
  • 桜庭一樹/「ばらばら死体の夜」/集英社刊

    Excerpt: 桜庭一樹さんの「ばらばら死体の夜」。 2009年、秋。翌年6月から施行の改正貸金業法がもたらすのは、借金からの救済か、破滅か― 四十過ぎの翻訳家、吉野解は貧乏学生の頃に下宿していた神保町の古.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-07-01 07:22
  • 『ばらばら死体の夜』/桜庭一樹 △

    Excerpt: あ~。なんか、すご~~~く、いやな読後感です。なんというか、直木賞後の桜庭一樹さんて、どうも〈人生のぬかるみ系〉なお話が多いですよね…。 今回は多重債務者がどこまでも転がり堕ちていき、取り返しのつか.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-11-25 22:56