アンハッピードッグズ(近藤史恵)

著者初の恋愛小説。

地元図書館が蔵書整理で休館中の今、積読本を崩さずしていつ崩す!?ということで、しばらく積読本の山を貪り読みます~(笑)自分で購入した本もありますが、他人様にお借りした本もわんさかありまして;;;これは、他人様にお借りした本。

パリを舞台に同棲中の幼馴染のカップル。彼らの部屋で、空港で置き引きになった新婚カップルが同居する事になり・・・。

近藤さんってこんな小説も書かれるんだな~と思いながら読みました。ちょっと意外な感じ。最初は、パリを舞台にしてるってことで、おしゃれ~~な恋愛小説なのかなーと思っていたら、なんだか歪で不安定なカップルの物語で・・・。読みながら、こっちもびみょーに緊張して、ドキドキしちゃいました。

男女の仲というのはままならない、というか、どうなってもおかしくないっていうか、そんなこともあるよねー、しょうがないよねー、と思いながら読了。ちょっと切なく、痛みを感じながらも、ホッとできるラストでした。まぁ、新婚カップルの二人のことを思うと、痛みしか感じないでもないんですけど、ね。

近藤さんなので、もっとエゲツナイ話になるのかな~とも想像してたんですが、意外とアッサリ目だったのでおや?って感じでした。手軽に読める恋愛小説って感じかな。

そうそう、同居犬の弁慶がかわいい!犬はちょっと苦手で、我家にも猫しかいないんですが、こういうワンちゃんが登場すると「いいなー」と思っちゃいます。だからって、実際に飼おうという気にはならないんですけどね(笑)




(2011.06.04読了)




アンハッピードッグズ (ポプラ文庫)
ポプラ社
2011-02-04
近藤史恵

Amazonアソシエイト by アンハッピードッグズ (ポプラ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック