ユリゴコロ(沼田まほかる)

面白かった。読み出したら途中で止められなくって一気読み。

亮介が実家の押入れで偶然見つけた4冊のノート。「ユリゴコロ」と名付けられたノートには殺人の告白文が・・・。これを書いたのは誰なのか。そして、事実なのか・・・。



ネタバレしてます。未読の方はご注意を!






ノートの告白文と現実の出来事が同時進行で綴られ、過去の出来事と現実の出来事がリンクしながら進んでいく感じ。

とにかく、そのノート部分がグロイ!ほんっとにグロすぎるーっ!って感じでして。読みながら気分が悪くなっちゃうくらいでした。いや~~~すっごかったよ。あまりの気持ち悪さに途中で読むのを止めたくなっちゃうんだけど、でも、先が気になって止められないんですよねー。どんな拷問なんだー!?って感じです。

ノートを読み進めるうちに、亮介が幼い頃に感じた母親への違和感の真相に辿り着き、同時期に行方不明になっていた婚約者と再会したりするんだけど、その二つは何の関係もなさそうだったんですよね。それが・・・。

そこで繋がるのかーっ!という真相にびっくり。ワタシ、マッタクキヅカナカッタヨ;;;そんな訳で、真相が分かった時には唖然呆然でした。現実の方のDV夫については、まぁそうなんだろうとは思ったんだけど、彼女がどうしてそこまでの行動を取れるのかってことには思い至らず。「恋愛感情なの?」とか、ボケたことを考えてました;;;気付けなかったことは、結構ショック。

最後は、最初の頃のグロさがなんだったの!?と思うくらい、ホッとするような優しいラスト。あ~良かったなぁ・・・と思いながら本を閉じた。

・・・瞬間、ゾッとした!いや、だって、あの人がやったことはやったことなのに、みんな知らん振りってことだよね;;;「めでたし、めでたし。」じゃないよーっ!ぎゃーーーっ、こ~わ~い~よーっ!みんな、怖いよーっ!思わず鳥肌立っちゃったよ;;;


と、読後感が良すぎて恐さ倍増でした。



(2011.06.20読了)




ユリゴコロ
双葉社
沼田 まほかる

Amazonアソシエイト by ユリゴコロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2014年12月28日 19:50
すずなさん こんばんは
物語の筋立ては見事でしたね!!
沼田まほかる 恐るべしです!! 笑
すずな
2014年12月31日 06:00
>yoriさん
本当にお見事でした!
でも、だからこそ、気合を入れて読まなきゃな~と思ってしまいました(笑)

この記事へのトラックバック

  • ユリゴコロ沼田まほかる 読みました

    Excerpt: なんとも心に響くラスト。もう一度読み返したくなるラスト面白かったです。順風満帆な幸せ家族が 一転恋人を家族に紹介後、恋人が失踪 父が癌 母がその後事故死 郊外でペット関... Weblog: 単車と車と本と山 の記録 racked: 2011-08-25 09:40
  • 心に巣食う者達

    Excerpt: 二重人格とか 多重人格とか言うけれど 勿論精神疾患という場合もあるだろう しかしそれは誰の心にも潜む 通常の心模様なのだろう 罪を犯す可能性は誰にもあるし 罪を犯したい ... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2014-12-28 19:44