三つの名を持つ犬(近藤史恵)

うん、面白かった。・・・んだけど、ちょっともやもやも残るんだよなぁ。

愛犬エルとの生活を綴ったブログが話題になって仕事が入り始めたモデルの都。ところが、犬嫌いの恋人とのデートの為に留守にしていた間に、エルが事故で死んでしまう。エルの死に自分を責めつつ、エルがいなければ仕事を干されてしまうのも明白。焦った都の前に、死んだエルそっくりの犬が現れ・・・。

都の行動に、そこまでするー!?と思いつつ、そこまでしちゃう気持ちも分からないでもないかなぁ・・・と思う自分もいたりして。そんな自分にもちょっとびっくり。そして、都が主人公なのかと思いきや、いきなり主人公の交代。戸惑いつつも、まぁ、そこまで気にならずには読めたんだけど。

でもね、最後の都のあの行動に到るまでの心境の変化っていうのを読みたかったなーと思いました。江口と出会ったり、ササミと生活するうちに”エルの代わり”とは違う気持ちが湧いてきたんだろうとは思うんだけど。出来れば、その変わっていく気持ちの軌跡というかね、そこら辺りを読みたかったなぁ、と思いました。

それにしても、簡単に人が死ぬよなーと、そこが引っかかってしまった。ササミの元飼い主しかり、恋人しかり。それもサラリと描かれているっていうかね。都にしたって、もちろん多少の動揺はするものの、それでも、割合すぐに慣れちゃって普通に生活してるっていうか・・・。おまけに、妻の行動もね。どうにも納得いかないっていうか、「あぁ、彼女ならそういう言動を取るだろうなぁ」という説得力がこの作品の中で感じられなかったんですよね。どうもね、そういう部分がシックリこないっていうか、びみょーに引っかかってしまって・・・。そういう部分が気になって、最後まで作品の中にどっぷり浸れなかった、そんな気分でした。

・・・って、面白かったと言いつつ、なんだか辛口感想になっちゃってるような気がしないでもないんだけど;;;

色々と引っかかる部分はあったものの、どうなるの?どうするの?と、ドキドキハラハラワクワクさせてもらったのはホントでして。そういう意味では楽しませてもらったんですよー!ホントのホントに。
・・・って、なんだか説得力がないような気がしないでもないんだけど(笑)

それにしても、一番の被害者は三つの名前を持つことになったササミことナナですね。当然ですが。大好きな飼い主と引き裂かれて、見ず知らずの人の「秘密」になっちゃって。それでも、可愛がってもらえたからまだ良かったけど。最後は「希望」になったので、読者としては多少、ホッとした部分もあったんだけど。でも、ナナはどう思ってるんだろう。幸せを感じてるんでしょうか。そんことを考えると・・・なんとも言えない気持ちになります。


・・・と、なんだかすごく取り留めのない文章になってしまったような;;;



(2011.06.19読了)



三つの名を持つ犬
徳間書店
近藤史恵

Amazonアソシエイト by 三つの名を持つ犬 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年06月26日 19:15
こちらにも失礼いたします~^^
お気持ちはわかります。面白かったんですけど、若干モヤモヤ感が残りますよね。
都の衝動的な行動は本当に切羽詰っていたら仕方ないのかなと思うんです。でも、不倫相手のほうは唐突過ぎて驚きました^^;ただ自分のことばっかり棚上げのあの男の子とは大嫌いだったのでちょっとすっとしたというか・・・何といいますか・・・。
都の最後の行動がちょっと唐突だなと思いました。本人は覚悟を決めていたのかもしれませんが、読んでいる側は江口目線で読んでいたのにいきなり都があんなことになったので、何で?と驚きました^^;
べる
2011年06月27日 07:43
記事にいちいち同感です。やっぱり、途中から視点が変わってしまって、都の心変わりの真意がわからないままにあの結末だったので、なんだかモヤモヤした感じの読後感でしたよね。
あの被害者の妻の反応は有り得ないですよねぇ。いくら夫婦仲が冷え切っていたからって・・・かなり引きました^^;
私も、一番可哀想なのは、人間に振り回されて三つの名前を持たされることになってしまったササミじゃないかと思いました。
すずな
2011年06月28日 12:42
>苗坊さん
面白かったんだけど…ねぇ^^;って感じですよねー。
都以外の登場人物の行動がイマイチ納得できない感じでしたね。
江口目線なのでしょうがないとはいえ、都の最後の行動は唐突でそこに至るまでの過程を描いて欲しかったなーと思っちゃいますよね。
すずな
2011年06月28日 12:44
>べるさん
べるさんもでしたかー!視点が変わったのでしょうがないとはいえ、都の心変わりがよく分からなかったですよね。そこら辺を描いて欲しかったなぁと思わずにはいられません。
あの妻の反応はあんまりでしたね。そういう言動に出る根拠みたいなものがあればまだ良かったんでしょうけど。私も引いてしまいました^^;
人間に振り回されたササミが可愛そうでしたね、本当に。

この記事へのトラックバック

  • 三つの名を持つ犬 近藤史恵

    Excerpt: 三つの名を持つ犬著者:近藤史恵徳間書店(2011-05-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 愛犬エルとの生活を綴ったブログがきっかけに、ようやく仕事が入り始めたモデルの草間都。彼女.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-06-26 19:08
  • 近藤史恵/「三つの名を持つ犬」/徳間書店刊

    Excerpt: 近藤史恵さんの「三つの名を持つ犬」。 売れないモデルの草間都にとって、愛犬エルはかけがえのない存在だった。一人暮らしの孤独を 癒してくれるだけでなく、エルとの生活を綴ったブログが人気を集め、.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-06-27 07:36
  • 本「三つの名を持つ犬」

    Excerpt: 三つの名を持つ犬 近藤史恵 徳間書店 2011年5月 三つの名を持つ犬/近藤史恵 .. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2011-08-06 20:00