ラブコメ(松久淳+田中渉)

初読み作家さん。
積読本の山から救出。他人様にお借りした本なので、ようやく救出できてホッとしました(笑)


最近、よく目にする著者名だったので、気にはなっていたもののどうも食指が動かず手に取った事はなかったんですよね。そんな折、職場の方から貸してもらえました。小説というよりもドラマの脚本を読んでるような印象。

ということで、どうもね、これは私の苦手な感じかなぁ~と冒頭で嫌な予感;;;そのまま読み進めたんですが、その予感的中でして。読み進めるのが苦痛で苦痛で・・・。これは、申し訳ないけど挫折かな~;;;と思いながら、それでもなんとか読み進めていきました。

内容的には月9ドラマのような、そんな感じ。ちょーっと絡み合った恋愛模様。最初から、きっとラストはこの人とこの人が目出度く・・・ってことなんだろうなぁ、と予想ができる。そんなお話。

月9ドラマが嫌いじゃない私としては、内容的には大丈夫だったんですが、なんといっても辛かったのがこの文章でして。これは小説なのか?と。ドラマ用の脚本とか、ちょっと肉付けしたあらすじみたいな感じって印象。読むのが、結構しんどかったー。

・・・と、なんだかすんごい辛口感想なんですが。がっ!それでも、読み進んでいったらですね、ラストは結構、はまり込んでしまったようで。すっごいドキドキしながら、「どうなるの?どうなるのーっ!?」とすごいイキオイで読んでしまいました。読んでる間に、この文章に慣れちゃったんでしょうか。読み終わって、なかなか楽しめたなーと思っている自分がいたりして。慣れって恐ろしい(笑)

ということで、手軽に読める恋愛小説って感じで、それなりに楽しめた作品でした。



(2011.06.11読了)




ラブコメ (小学館文庫)
小学館
2010-08-05
松久 淳

Amazonアソシエイト by ラブコメ (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック