世界記憶コンクール(三木笙子)

人魚は空に還る」に続く帝都探偵絵図シリーズ第2弾。

1作目に続いてこれも面白かった!明治の薫が漂う雰囲気のあるというか趣きのある文章。たちまち惹きこまれて一気読みでした~。

ただ、1作目と同じく短編集ではあったもの、高広と礼が二人で活躍する、二人を中心とした作品が1作だけってのは残念。高広の養父や、前作で登場した恵をメインにした短編は、それはそれで嬉しかったんだけど、1冊の作品としてみるとちょっと物足りないっていうかね、高広&礼のコンビ話が読みたかったなーっ、と思っちゃいます。

・世界記憶コンクール
ホームズの「赤髪連盟」をモチーフにした作品。高広の友人である博一が巻き込まれた出来事に高広&礼が挑む・・・っていうと、大袈裟かな(笑)礼がどうしても「赤髪連盟」に結び付けたがる気持ちが、ホームズ好きな私としてはなかなか微笑ましいというか・・・。前作もだったんですが、このシリーズを読むとホームズを読み返したくなっちゃって困ります;;;
この短編は、プロローグで語られる謎を解き明かしてくれるという形式になっているんですが、こういうのって好きなんですよねー。うわ、どういうこと?どういう訳で?と、ワクワクしながら読み進めていくのが堪らないですね~。おまけに、ほっこり出来る真相だったりすると読後感まで良くって嬉しくなっちゃいます。・・・まぁ、ミステリーとしてはちょっと弱いかなーと思うんですけどね(笑)

・氷のような女
高広の養父である基博の若かりし頃のお話。里見夫人との馴初めを描いたお話。内容的には、かなりあくどい事件であまり気持ちの良いものじゃないんですけど、里見大臣のおたおたっぷりがいいですねー(笑)最後のオチには思わず笑っちゃいましたよ。高広に愚痴っちゃってるところなんて、もう、とっても可愛い(笑)その場面を想像して、ニマニマしちゃいました。

・黄金の日々
前作で登場した恵がメインのお話。美術学校で出会った学友と巻き込まれた相続に絡む出来事。恵が真相を解明しちゃうあたり、今後もかなりな主要ポストで登場するのかなーと思えるお話でした。才能ある二人がなんだかんだ言いながらお互いを認め合い、友情を深めていく様子が良いですねー。ちょっと大人びた恵が、同世代の友人達と交流して、その年頃らしい姿を見せるのも良かった。タイトル通り、あの頃にしか体験できない、貴重で素晴らしい日々を恵が送れますように。。。

・生人形の涙
高広と礼の出会いの物語。あらすじで「二人の出会い」を描いてあると読んで、すっごぉーーーく楽しみに読んだ短編でした。・・・だけど、なんだかちょっとこれは不満ですーっ!確かに二人の出会いを描いてあるんだけど、礼は最後にちょっと登場するだけって!これって、反則じゃないか!とクレーム付けたい気分なんですけど(笑)もっとね、あのラストからもうちょっと先まで描いて欲しかったです。
・・・と、なんだか内容とは違った部分で喚いてしまいましたが;;;内容としては、切なく哀しいお話でした。最後の喜平の行動は堪らなかった。でも、この作品の中ではこの短編が一番好きかな。



と、高広と礼の出番が少なめってことで、ちょっと不満の残るシリーズ第2弾でしたが(笑)雰囲気とかはね、やっぱり大好き。1作目同様、とっても楽しめました。3作目を読むのが楽しみー。




(2011.05.03読了)






Amazonアソシエイト by 世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

苗坊
2011年05月08日 22:06
こんばんは^^
このシリーズを読んでいる人は皆さん第2弾は高広と礼の絡みが少ないので不満のようです^m^私もその1人ですが。
でも、スピンオフという形で基博の過去や高広と礼の出会いなどが見れて良かったと思いました。
第3弾は高広と礼の絡みは多いですから^m^期待してください。
すずな
2011年05月09日 12:32
>苗坊さん
あ、みなさんそうなんですね(笑)二人の絡みがちょっと足りないですよねーっ!
でも、おっしゃる通り、基博や過去や高広と礼の出会いが読めたのは良かったですよね。とっても嬉しかったです~♪
第3弾ですが、実は昨日読了しました^^;感想は数日後にUP出来ると思うんですが、二人の絡みが…後は感想で叫びます(笑)
べる
2011年05月09日 23:59
そうそう。二人の出会いだけでまるまる一編にして欲しかったくらいですよね!(笑)。それぞれに味わい深い作品で良かったのですが、やっぱり高広と礼の活躍が少なかったのはちょっと残念でしたね。でも、作品的には前作よりも物語に深みが出ていて良かったと思います。第三弾の記事も楽しみにしてますね~♪
すずな
2011年05月10日 12:38
>べるさん
ですよねーっ!二人の出会いの話が呆気なさ過ぎてちょっとがっかりでした^^;
高広と礼の活躍は少なかったですが、スピンオフ集と思えば…(笑)作品の面白さは1作目よりもUPしてましたしね~。
3作目の記事は…早目にUP出来るように頑張りまーす^^;

この記事へのトラックバック

  • 世界記憶コンクール 三木笙子

    Excerpt: 世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア)著者:三木 笙子東京創元社(2009-12-11)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 「世界記憶コンクール」 里見高広は兎屋.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-05-08 22:04
  • 三木笙子/「世界記憶コンクール」/東京創元社刊

    Excerpt: 三木笙子さんの「世界記憶コンクール」。 質屋を営む高広の友人・兎川博一は、瞬時に物を覚える記憶力という特技を持っている。ある日、 新聞に載った『記憶に自信ある者求む――協力の御礼として一日一.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-05-09 23:56