ハタラクオトメ(桂望実)

タイトルに惹かれて手に取りました。”オトメ”かどうかは置いといて(笑)、OLとして働いている身としては興味を惹かれるタイトルなんですもん。そこそこ厚めの本だったんですが、読み始めたら先が気になって一気読みでした。面白かった。

時計メーカーに勤める北島真也子は身長157cmで体重100kgという体形ゆえ「ごっつぁん」と呼ばれている。実は、入社時の自己紹介で自らそう呼んでくれと提案したのだ。そんなごっつぁんが、「女性だけのプロジェクトチーム」のリーダーに任命され、女性ならでは、そして消費者に近い感覚での新製品開発に取り組む事に・・・。

ごっつぁんのキャラがいいですねー。落ち込んでいる人がいると、ヒップバックからお菓子を取り出して励ます。「この会社の”デブ枠”はもらった」と自ら太っている事をいじってもらってOKと宣言している。明るくて、前向きで、気遣い上手。スゴイなーと思いながら読んだんだけど、そういう立ち位置を確保する理由って言うのがあって、途中で辛い過去も明かされる。でも、そこから立ち直って、弱みを強みに変えていく強さがホントに素敵だなと思いました。

そして、そんなごっつぁんの作る料理の美味しそうなことといったら!読みながら食欲中枢を刺激されまくって大変困りました(笑)その中でも、とっても簡単そうで、すっごく美味しそうだったのが、最初に出てきた玄米の混ぜご飯。刻んだ薄焼き卵とレタスを加えて塩コショウとマヨネーズで味付け。うわ、美味しそー!・・・って、こうやって打ってるだけで食べたくなってきた(笑)是非とも、ごっつぁんの家に招かれたいもんです。

企画部以外の部から選抜されたメンバーで進める企画。人事部、営業部、秘書室、経理部、宣伝部と企画に関わらない部署だからこそ自由な発想が生れるんだけど、それが、男性達の変なメンツなどによって潰れそうになったりもするんですよね。そういうのって、長く「会社」という中で働いてきている身としては、びみょーなデジャブを感じたりもして(笑)でも、せっかくのアイディアをそんなことの為に潰されるはツマラナイ。自分たちの考えた企画を通す為に、根回しをしたりと動き回るプロジェクトチームの面々。最初は個性豊かな彼女達が、力を合わせて動くということに慣れなかった場面もあったんですが、だんだんと団結力っていうかそういうものが出てきて、企画した商品の実現化に向けて頑張る姿が良かった。私も一緒になって頑張っているような気分になれました。・・・って、なんか図々しいかな。

彼女達が考えた中で、私が一番あったらいいなぁと思ったのが「こっそり時計」。これは欲しいですねー!あったら絶対に買うぞ、と思っちゃいましたもん。でも、結局、この時計はお話の中でさえ実現されませんでした。やっぱり難しいのかなぁ。でもいつか、こういう時計が出来ると嬉しいなぁ。

ごっつぁんと工場の彼とは恋愛に発展するのかと思いきや、最後までそんな素振りがなかったのが残念と言えば残念でした。実はかなり期待してたので、お仕事話だけ終わってしまった時には思わず「えーっ!?」なんて不満の声を上げてしまったり(笑)まぁ、そんな要素がなくても十分に面白くって楽しめたから良かったんだけどね。でも、ちょっとそういうのも読みたかったなーと、思っちゃいました。ちょっとだけね(笑)




(2011.05.22読了)




ハタラクオトメ
幻冬舎
桂 望実

Amazonアソシエイト by ハタラクオトメ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2011年06月05日 08:52
痛快でしたね~。ほんと、ごっつぁんのキャラがとっても良かったです。時間がなくて記事に書けなかった要素がすずなさんのレビューでたくさん書いてあって、自分の中で溜飲が下がりました^^;
そうそう、あの工場の彼!これが有川作品だったら間違いなく恋愛要素になってるんだろうなぁ、と思いました。なんか、いいカップルになりそうだったので、残念でしたね。ドラマのブス恋(森三中の村上さんと稲垣吾郎ちゃんが恋愛に発展するドラマ)みたいな展開になったら、もっと楽しめたでしょうにね(苦笑)。
すずな
2011年06月06日 12:52
>べるさん
まさに痛快!でしたね~。ごっつぁんのキャラも良かったですよね。
私も自分の記事に書けなかったことが、べるさんのレビューで書いてあると「そうそう!そこよ、そこっ!」となってます~(笑)
実は私も「有川作品なら…」と思っちゃいました(笑)あのドラマは見てないんですが、二人がカップルに発展しなかったのは残念でしたー!
2011年06月06日 22:18
ごっつぁん、つらい過去を乗り越えて、弱みを強みにかえたって、すごいことです。
こういう明るくて、気づかいのできる人、素敵ですね。
「こっそり時計」やはり無理なのかしら?
あったら、欲しいですね。
すずな
2011年06月07日 12:56
>花さん
とにかく、ごっつぁんが素敵でしたね~。それが、辛い過去を乗り越えてというところに、彼女の強さを感じられて凄いな~と思えましたね。
「こっそり時計」欲しいですよねー。どうか実現して欲しい!

この記事へのトラックバック

  • 桂望実/「ハタラクオトメ」/幻冬舎刊

    Excerpt: 桂望実さんの「ハタラクオトメ」。 北島真也子、OL。157cm、100kgの愛くるしい体形ゆえ、人呼んで「ごっつぁん」―。 中堅時計メーカーに就職して5年が過ぎた彼女は、ひょんなことから「女.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-06-05 08:48
  • 本「ハタラクオトメ」

    Excerpt: ハタラクオトメ 桂望実 2011年4月 ハタラクオトメ/桂 望実 ¥1,4.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2011-06-06 22:13