花の鎖(湊かなえ)

うわー、面白かった。まさか湊作品で泣けるとは!

勤めている英語塾が潰れて無職になった梨花。結婚後、子供が出来ずに悩む美雪。そして、絵画講師の紗月。3人の女性と、梨花の母の誕生日に毎年、謎の人物「K」から送られてくる花束。果たして「K」とは誰なのか。そして、花束が届く理由とは・・・。

告白」で衝撃的なラストを描いた湊さん。お陰で、その後に書かれた作品は「告白に比べるとちょっと物足りない・・・」という感想が続いてたんですが、もうそんなことは言えなくなりました。確かに衝撃度という点では「告白」には及ばないと思うんですが、そんなことは全く気にならない。素直に「面白かったーっ!」と言える作品でした。湊作品は、これからもずっと追いかけて行くことになりそうだなぁ・・・。


えーネタバレします、きっと(笑)
なので、未読の方はここで引き返す事を強くオススメします!








3人の女性が交互に語られるんですが、最初はこの女性達の関係が分からない。どうやら同じ地域で暮らしているらしいということは分かるんだけど、それ以外は全く分からない。どういう展開になるんだろう。この3人の関係は、繋がりはどうなってるんだろう。否応無しに興味を掻き立てられ、なんともいえない緊張感がじわじわと募っていく。

ストーリーが進んでいくうちに少しずつ情報が開示されて、3人の関係が分かった時の驚きと言ったら!「・・・え?ええええ、えーーっ!?」と叫びたくなりましたよ。思わずパニック(笑)えっと、紗月が・・・で、梨花のお母さんが・・・ってことは、梨花のお婆ちゃんが・・・ってことになって・・・と、頭の中を整理するのにしばしの時間が必要でした。そういう関係だっていうのに「・・・もしかして」ってことも全くなく、いきなり気付いたんですよねぇ。なので、か~な~り~驚きました。

それにしても、「この人、大丈夫かしら?」と思っちゃうくらいかなり不安定だった美雪が、一人で子育てして、あんなおばあちゃんになっちゃうとはねぇ・・・。彼女のギャップが大きくて驚きました。でもそれは、重ねてきた年月を考えれば当然のことなんでしょうけど。でも、まさかあんなお母さんになって、そして、あんなおばあちゃんになるなんて・・・ねぇ。そして、3人の女性の名前を並べると、ちゃんと「雪月花」になるんですよね。それに気付いた時、美雪の和哉への想いが伝わってきて思わず泣けてしまいました。改めて彼女の人生を思うと、なんだかしみじみしちゃいますね。

そして、彼女達と「K」の関係、花束が送られ続けた理由が分かった時、思わず溢れてくる涙を止めることが出来ませんでした。なんとも優しい、読後感の良い作品でした。これが湊作品だと思うとかなり驚き。・・・って、なんだか失礼発言ですが(笑)だって、最初にも書いてますが、まさか湊作品で泣いちゃうことになるとは思ってもみなかったんですもん。ビックリでしたね。

あ、もちろん、湊さんらしいな~と思えるような、女性の、そして人間の、どろどろした部分というのも描いてあったんですよ。あったんですけど、最後はそれが浄化されたというかね、そんな感じでして。本当に、じんわりと沁みる作品を読んだな~と思えました。


そうそう!私は温かい「きんつば」って食べた事がないんですよー。この作品を読むまで、冷たいモノだと思ってました。機会があったら、温かいきんつばも食してみたいものです。きんつばの「コスモス」も食べたいなぁ。・・・って、泣くほど感動しときながら最後は和菓子の話題で締める感想ってどうなんでしょう(笑)




(2011.05.16読了)




花の鎖
文藝春秋
湊 かなえ

Amazonアソシエイト by 花の鎖 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2011年05月28日 07:49
なかなか凝った構成で、最後に綺麗に繋がるところは巧いな~と感心しちゃいました。ただ、あまりに人物関係が複雑で、終盤は若干混乱気味で読んでいたせいか、感動がちょっと置き去りにされた感じが^^;それより、最後の梨花に対する関係者たちの態度の性悪さにげんなりさせられって印象の方が強いですね。ああいう毒の入れ方はやっぱり湊さんだなぁと思いました。そして、きんつば!めちゃくちゃ美味しそうでしたね^^
すずな
2011年05月31日 12:36
>べるさん
凝った構成でしたね~。最初は戸惑ったんですが、読んでいくうちに慣れてきて、その後は一気読みでした。たしかに、人間関係が複雑でしたよね。私は途中で一旦頭を整理しなきゃいけませんでしたよー(笑)
梨花に対するのあの態度はひどかったですよね。私も湊さんだよなぁ…と思いました。
そして、きんつば!美味しそうでしたよねーっ!!
2012年03月23日 20:38
すずなさん、こんばんは(^^)。
途中まで、3人の人間関係がわからず、ちょっとダレながら読んでました(^_^;)。
今までの湊さんとは違った終わり方で、それもよかったのですが、私は性格が悪いので、いつもの悪循環作風のほうが好きかも(笑)。
すずな
2012年03月26日 12:39
>水無月・Rさん
3人の人間関係が分からなかった時は「どういうこと?どういうこと??」って感じでしたが、分かった途端、一気に…と言う感じで、私的にはそこが良かったです。
まぁ、毒がある方が私も好きではあるんですが(笑)、今作は「良かったな~」と思えるラストで好きでした!

この記事へのトラックバック

  • 湊かなえ/「花の鎖」/文藝春秋刊

    Excerpt: 湊かなえさんの「花の鎖」。 梨花は、悩んでいた。両親を亡くし、祖母もがんで入院。追い討ちをかけるように、講師をしていた 英会話スクールが倒産。お金がない、どうしよう。美雪は、満ち足りてい.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-05-28 07:41
  • 花が繋ぐ

    Excerpt: 小説「花の鎖」を読みました。 著者は 湊 かなえ 3人の女性の話が同時進行で語られていく いやー 今回の構成はやられました まさに鎖のように繋がっていく 正直 今までのような 毒、悪意感は薄.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-12-03 11:44
  • 『花の鎖』/湊かなえ ○

    Excerpt: 湊かなえさんで〈鎖〉ときたら、今までだったら〈悪意の連鎖〉の方なんですが、本作は『花の鎖』です。絡み付き縛り上げるものではなく、花冠を作るような、花同士で編み上げられたような思いの深い、鎖。 どんな.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2012-03-23 20:24