R-18 二次元規制についてとある出版関係者たちの雑談(有川浩)

『Story Seller』が「Magazin in Magazine」という形で登場。小説新潮(2011年05月号)に『Story Seller2011』として入っていて、この作品はそこに収録されたもの。

・・・なんか、上手く説明出来てるか不安なんですが;;;ようするに、今まで単独の雑誌『Story Seller』として発行されていたものが、「小説新潮」内に付録みたいな形で入っているってこと。小説新潮の裏表紙はこの『Story Seller2011』の表紙になっています。

そんな訳で今回からキャッチフレーズ?が「読み応えは2冊分お値段は1冊分」に変わっていますね~(笑)有川さん以外にも、恩田陸、近藤史恵、道尾秀介、湊かなえ、米澤穂信と豪華メンバー。取り急ぎ、有川作品だけ読んだんだけど、他の作品も早いうちに読まなくちゃ!と思いました。


で、有川作品。

きたーーーーーっ、と思わず叫びそうになりました(笑)このタイトル。もうね、「やるな~有川さん!」とニヤリとしちゃいましたよ。内容としては、作家さんと担当編集者さんが、喫茶店で例の表現規制についてアレコレと議論?するというもの。

ま~この内容がね、容赦ないというかなんというか。でも、すっごく分かりやすかったし、やっぱり、表現者というのは目の付け所が違うな~と思ったりもしました。私的にかなり新鮮な見解もあったりもしました。

「二次元≠三次元」(p143)からの部分には思わず爆笑。確かにそんな人に夜道で遭遇したら走って逃げるよ。てか、夜道でそんな人には遭遇したくない。怖い・・・。あと「二次元エロは雅か否か」(p147)はね~、そういう視点ってのは、まさに予想外だったので目から鱗でしたね~。すげーって感じ。面白かった。

と、思わず笑っちゃったりした部分も多かったんだけど、笑ってばっかりじゃいられないんだよね。二人の会話に出てくる『「子供の敵!」って野次られた』とか、認知障害への差別用語とか、女性議員に「お前は痴漢されて喜ぶんだろう」と言い放った男性議員がいたとか・・・。これがね、全て『現実(東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイトより) 』であったことっていうのが怖い。どうなの、それって。これが現実って、怖いよ、ホントに。そして、これらが、そういう意志を持って収集しないと入手出来ない情報だってことは、もっと怖い。もちろん、そういうものに対して自分も、もっと敏感にならないといけないなーと反省もするけれど、報道に携わる人たちにも、もっと敏感になってもらいたいなーと思いました。


最後の文章でまたまた噴出しちゃった。こうやって出版物で文字となってるってことは、”ウッカリ公言”しちゃってんじゃないのー?いやいや、これはあくまでもフィクションですからねー(笑)

それにしても。
私、絶対に有川さんを敵に回したくない。前から思ってたけど、今回本当に心からそう思った。手強いよなぁ、絶対に…。




(2011.04.24読了)





Amazonアソシエイト by 小説新潮 2011年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年04月30日 23:45
私も読みましたよ♪
Mistery Sellerのときは見おくましたが、今回やStory Sellerで有川さんも寄せているので購入。
小説なんだけど、小説じゃない。そんな舞台装置は、相変わらずですね。
「作家的一週間」とあわせて本になったら、良化特務機関に真っ先に狙われそうって思っちゃった。

この主人公は、吉門喬介のイメージです。
すずな
2011年05月02日 12:48
>香桑ちゃん♪
私も一緒(笑)有川さんの名前を見た途端、そっこー購入しちゃったよ^^;
そうそう。「作家的一週間」とあわせるとより強力になりますなぁ。でも、ホントにこの2作品を合わせて1冊の本として発行されそうな気が…。
あ、吉門ね~たしかに、分かる!
2011年05月31日 20:16
すずなさん、こんばんは(^^)。
文芸雑誌は、いろいろな罠(笑)がありそうなので、買わない・・・とか言いつつ、やっぱり欲望に負けました(笑)。
あ~、私も思いました。有川さん敵に回したら、すっごく大変だな~って。作家というお仕事を、最大限に生かして、コテンパンにやっつけられますね。
もともと敵対する気はさらさらないですが、私如きじゃ、敵どころか些細な障害にすらなりえません(笑)。
すずな
2011年06月01日 12:56
>水無月・Rさん
同じく欲望に負けたワタシ(笑)

ですよねー!有川さんだけは敵に回したくありませんね~。想像するだけで怖い(笑)でも、逆に味方にしたらすーっごく心強いんでしょうけどね。
苗坊
2011年07月18日 20:38
こんばんは^^
私は図書館で借りました・・・。でも、文芸雑誌を手にしたのは初めてです。手にしてしまいますよね~。
いやはや、今回は書いちゃったな~この人っていうのが最初の印象ですよね^^;ビックリ。
言っている事は納得できるのですが、雑談で終わるだろう内容を書いてしまうのが有川さんですよね。
確かに有川さんを敵に回したくありません・・・っていうか味方にして何か遭ったときに助けてほしいです^m^
すずな
2011年07月19日 12:46
>苗坊さん
普段は図書館派なのに有川さんが絡むと理性を失くしてしまいます^^;
ホント「書いちゃったな~」でしたよねー^^;びっくりでした。
そう!味方にしたらすっごく心強いでしょうね!是非、味方になって欲しいもんです。…って、それはいつ?(笑)

この記事へのトラックバック