毒吐姫と星の石(紅玉いづき)

先日、号泣しながら読了した「ミミズクと夜の王」の続編。

生まれながらにして毒吐姫として疎まれた占の国ヴィオンのエルザと、夜の王に祝福を受けた異形の手足を持つレッドアークの王子クローディアスの物語。

いや~、今回も直球ど真ん中のストレートにヤラレちゃいました。こういうのは弱いんですよねー。奥歯がむず痒くなるような純愛小説なんだけど、どうしても、泣けて泣けて困りました。

エルザとディアの二人のぎこちない関係にニマニマジレジレし、切なさに胸をぎゅーっと掴まれながら、ディアの強さと優しさに惚れ惚れ~。前作から、こ~んなに成長した姿が見れるとは思わなかったなー。おねえちゃんはビックリです(笑)でも、ホントにすっごい男前になってたので、とっても嬉しかった!

前作のミミズクは口数のすくない姫だったんだけど、今回の姫は、も~ね~怒涛のように口から吐き出される毒の数々(笑)うわぁ、と引いちゃいそうになりつつ、結構な啖呵にちょっと惹かれちゃったりもしました。こういうキッツイ姫も実は好きー。そして、その自分の吐き出す「言葉」というものの大事さ重大さに気づいた、ラストの姫はもっと好き。言葉って、感情のままに吐き出すだけでは伝わらないもんなんだよね。改めて「言葉」の大切さというものに気づかされた作品でした。

前作で登場したお馴染の聖騎士夫婦もシッカリ活躍してくれて、それも嬉しかった!この夫婦は大好きなんだよねー。なので、この夫婦の物語も読みたいなー!・・・と思ったら、なんだか雑誌で短編が発表されてたらしい。あとがきに書いてあった。昨年の12月発売の雑誌だって;;;うーこの作品と出会うのが遅すぎた;;;か~な~り~残念ですが、いつか読めるのを期待したい。聖騎士夫婦に比べてミミズクはちらっとしか登場しないんだけど、なんだか美味しい登場だったような(笑)いつかまたミミズクとフクロウの後日談なんかも読んでみたいなー。

そうそう。エルザとディアのその後も読んでみたいー。エルザがきゃんきゃんと喚くのをディアが楽しそうにいとおしそうに眺める図、なんてもんが容易に想像出来ちゃったりもするんだけどね(笑)


不器用ながら強く優しい人々の物語。切なさも感じながら、温かさに包まれる物語でした。




(2011.04.23読了)




毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
紅玉 いづき

Amazonアソシエイト by 毒吐姫と星の石 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2012年01月06日 20:29
すずなさん、あけましておめでとうございます(^^)。
今年も、素敵な本のお話ができたらうれしいです。
よろしくお願いします。

私の今年の1冊目が『毒吐姫と星の石』でした。
なんというか、本当にいい物語でしたよね。
紅玉さんの描く様々な「愛」の形、表現が、とてもすてきでした。
ディアが、前作からとても成長してましたね!
ディアとエルザ、とてもいい夫婦になれそうなので、私も是非、後日譚を読みたいです♪
すずな
2012年01月07日 12:30
>水無月・Rさん
あけましておめでとうございます!
昨年は本当にお世話になりました。ありがとうございましたm(__)m
今年も色々な本のお話ができたらいいですね!

新年1冊目がこの作品とは!よいスタートが切れましたね~♪
ディアの成長ぶりに目を瞠ると同時に嬉しくなりましたよね~。二人の後日談を読んでみたいですよね。続編が出ないかなぁ…。
苗坊
2012年03月15日 21:38
こんばんは。
ずっと前に買っていたのですがようやく読めました。
ホント毒吐姫は良くあんなに舌が回るなってくらいの毒舌でしたね^^;
でも、捨てられた国を取り戻そうと闘う姿は勇ましかったです。
エルザとディアの関係がほほえましかったです。
時間はかかりましたけどきっといい夫婦になりますよね。
「鳥籠巫女と聖剣の騎士」も読んでみたいですね~
すずな
2012年03月16日 14:12
>苗坊さん
毒吐姫の毒吐きっぷりは凄かったですねー^^;でも、最後はカッコ良かった!…って、姫にこの言葉はいけないかしら^^;
エルザとディアの関係は良かったんですけど、読んでて奥歯がむずがゆくなるようでした~(笑)
そして、聖騎士夫婦の物語も読んでみたいですよね!いつか何らかの形で読めるといいなぁ…と思います。

この記事へのトラックバック

  • 『毒吐姫と星の石』/紅玉いづき ◎

    Excerpt: この作品も、好きだ。 紅玉いづきさんの描く、強くて、優しくて、まっすぐな、お伽噺。 お伽噺だけれど、けっして子供騙しではなく、国を、人を愛する、その愛の深さに打たれました。 本作『毒吐姫と星の石.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2012-01-06 20:23
  • 毒吐姫と月の石 紅玉いづき

    Excerpt: 毒吐姫と星の石 (電撃文庫)著者:紅玉 いづきアスキー・メディアワークス(2010-11-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 全知の天に運命を委ねる占の国ヴィオン。生まれながらにし.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-03-15 21:35