蜜姫村(乾ルカ)

うわー、面白かった!ホントに面白かったんだけど、めっちゃめちゃ気持ち悪かったーーーっ!!

・・・と、なんか変な叫びですが(笑)冒頭からするりと引き込まれて、そのまま最後まで一気読みしちゃったくらい面白かったんだけど、途中の描写がねぇ・・・。本当に本当に気持ち悪くって;;;吐きそうになりながら、それでも読むのは止められないんですよ。読みたい、でも、気持ち悪い。吐きそう、でも、続きが気になる・・・と、かなり葛藤のあった読書でした。・・・ちょっと大袈裟?(笑)いや、でもね~、本当に気持ち悪かったんだよね。ぞわぞわぞわわわっとしちゃいました。でも、ゾクゾクワクワクには抗えず頑張って読んだ。まぁ、気持ちの悪い描写は一箇所だけだったんだけどね。なので、そこを過ぎたら、後は躊躇することなく最後まで勢いが鈍ることなく読みきりました。

変種のアリを求めて東北の過疎の村にやってきた昆虫学者とその妻。医者として村の役に立ちたいと思う妻だったが、普段は優しく親切な村人達であるにも関わらず、その点だけは激しく拒絶される。そして、気付く。村人達は年老いてはいるものの、健康体過ぎるのだ。何故・・・。そんな時、村の子どもが高熱を出し・・・。

最初から書いてますが本当に面白かった。面白かったんですが、展開としては、意外性もなく予測通りに進んだな~という作品でした。私は全く気にならなかったんですが、というか、むしろ「そうだろう、そうこなくっちゃ!」とこの展開を大歓迎したんですが、気になる人は気になるかもしれませんねぇ。特に後半の逃避行なんかは、めちゃめちゃベタ過ぎる展開だし(笑)

それにしても、蜜姫様の真相というかね、優子を助けるシーンはかなり衝撃的でした;;;比喩ではなく、本当に吐きそうになりながら読んだ。「じゅる・・・」とか「ごぶ・・・」とかさぁ。ひー;;;こうやって打っただけで、思い出して気持ち悪くなってきた。いやいや、ホントに印象的なシーンでして。忘れたくても忘れられないシーンですね。・・・でも、早く忘れたひ。。。

それにしても、折角、逃れられたっていうのに、ラストの女性の選択には驚いた。追っ手に迫られた訳でもないのに、自ら・・・とはね。内なる声に導かれて・・・ということなんでしょうけど、そういう展開になるとは思わなかったので、ホントびっくりでした。正直、それはどうよ・・・と思わないでもないんですが、そういうのもアリかもなぁ・・・と思う自分もいたりして。

期待以上に楽しめた読書となりました。面白かった。・・・気持ち悪かったけどね(笑)




(2011.03.04読了)



密姫村
角川春樹事務所
乾 ルカ

Amazonアソシエイト by 密姫村 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2011年03月08日 07:58
あはは。すずなさんの読んでる間の「面白い、でも気持ち悪い」って心情が伝わって来ました(笑)。私的にはあの気持ち悪い部分がデビュー作っぽくて結構嬉しかったんですけどね(でも、やっぱり気持ち悪かった(笑))。終盤のあっさりとした蜜姫の変心にはちょっと拍子抜けでしたね(もっと悲惨な結末になるのかと^^;)。大蜂がかっこ良かったな~。瑕疵もありましたが、夢中になって読んだという意味では、本当に面白かったです。
すずな
2011年03月08日 12:35
>べるさん
や~もうねぇ(笑)叫ばずにはいられないくらい、ほんっとに気持ち悪かったんです^^;
あ~たしかに、蜜姫の変心はちょっと拍子抜けでしたね。子供は助かるけど二人は…と想像してたので「え?」って感じでした。そうそう!大蜂はかっこ良かったですね~!
2011年08月01日 22:13
すずなさん、こんばんは(^^)。
いやぁ・・・冒頭ほぼ同じ(笑)。
面白いけど、ちょっとねぇ・・・(^_^;)。
大蜂はカッコよかったんですけど、尽くすだけ尽くして死んでしまって、本人報われたのかしら・・・とちょっと気になりました。
ある意味悲劇の人ですよね。よく考えたら、黒王も。
ラストの有紀の行動は、どんな未来を産むんでしょうね。
すずな
2011年08月02日 12:43
>水無月・Rさん
あははは…^^;いや~面白かったんですけど、本当に気持ち悪かったですよねー;;;
大蜂は尽くす人でしたね。死んでしまったのはかわいそうですが、まぁでも、本人としては本望だったんじゃないのかなぁ…とは思いました。ただ、ラストの有紀の行動を考えると浮かばれないような気もしないでもないんですけどね^^;

この記事へのトラックバック

  • 乾ルカ/「蜜姫村」/角川春樹事務所刊

    Excerpt: 乾ルカさんの「蜜姫村」。 変種のアリを追って、東北の山村に迷い込んだ、東京の大学の講師で昆虫学者の山上一郎は、 瀧埜上村の仮巣地区の人々に助けられ、命をとりとめた。翌年、山上は医師でもある妻.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-03-08 07:50
  • 『蜜姫村』/乾ルカ ○

    Excerpt: 面白かった・・・けど、結構グロかったです(^_^;)。 陸の孤島のような山奥の小さな集落には、秘密がある。老人が多く医者もいない村なのに、何故か村人たちは皆、健康的で元気なのである。 その秘密に触.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-08-01 22:07