漂砂のうたう(木内昇)

第144回直木賞受賞作。

芥川賞とは相性が悪いんですが、直木賞との相性はなかなかヨロシイ私。そんな訳で、早速読んでみました。初読み作家さんです。というか、直木賞受賞で初めてお名前を知った作家さんでした。

江戸から明治に変わって10年。根津遊郭で生きる人々を描いた作品。明治維新によって全てを無くした御家人の次男坊だった定九郎。根津遊郭で立番として働くのだが、なかなか仕事に身を入れられない。そんなことだから、同じ遊郭で働く龍造にはなかなか認められず、鬱々とした日々を送っていたが・・・。

最初は、なんだかどうにも乗り切れず。「あれ?これは合わなかったなぁ・・・」と思ったりもしたんですが、読んでいくうちにだんだんとこの世界に引き込まれていきました。最後は、なんとも鮮やかなラストに唸らされた。お陰で、とっても清々しく、気持ちよーく読了。うん、さすがに直木賞だけあるなーと思いました。面白かった。

主人公の定九郎がねぇ。「ちょっとしっかりせんかい!」と叱りたくなるくらい、どうにもこうにも・・・な感じでして。そんな状態じゃ、龍造にも楼主にも認められなくって当然だよなーと頷ける訳ですよ。それなのに、定九郎自身は、自分のことは省みず腐ってしまって、仕事も投げているような状態で。読んでて、結構イライラしちゃいました。たしかに、明治維新でそれまでの生活が跡形も無く消えてしまって、武士から遊郭の立番になってしまったんだから、気持ちは分からないでもないんだけどさぁ・・・。でも、変わってしまったことをウジウジと思っててもしょうがないんだから、もう少しだけでも前を見て、その気持ちをなんとか建て直せないのか!と思わずにはいられませんでした。

・・・って、かなり辛辣ですねぇ(苦笑)こんな辛辣な事を書いておきながら、なんなんですが。江戸から明治って、時代が変わりすぎたんだから、定九郎のように、なかなか変化についていけず、鬱々とした人生を送った人々も多かったのかもしれないなーと、これを打ちながら思いました。私がイメージする明治って、「文明開化」って言葉が象徴するように、新しい時代に向かって人々が元気に躍動していた時代って感じなんですが。時代の変化に付いていけなかった人や被害?を被った人も大勢いたんでしょうね、きっと。そう思うと、定九郎にもちょっと同情を感じてしまいます。・・・今はね。読んでる時はね、もうそりゃ~けちょんけちょに貶してたんですよねー(笑)

そして、その定九郎と対照的だったのが、定九郎が働く楼で一番人気の花魁・小野菊。その矜持には、読んでるこちらまでピーンと背筋が伸びるようでした。そして、彼女が選んだ人生。あの見事なラストには、思わず拍手喝采を送りたくなりました。そうそう!小野菊だけじゃなく、ポン太にも見事にヤラレちゃいまして。ホント、カッコ良かった!

定九郎に影響されちゃって、途中までは暗い読書だったんですが、最後はその見事さに気分爽快。スッキリした気持ちで読了出来ました。面白かったなぁ!



(2011.02.14読了)



漂砂のうたう
集英社
木内 昇

Amazonアソシエイト by 漂砂のうたう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック