往復書簡(湊かなえ)

これはこれは・・・。手紙のやりとりだけで、こんな面白い小説になるなんて思ってもみなかった!最初から最後まで夢中になって読みました。まさに一気読み。

長編だと思っていたら、3編の中編集でした。どのお話も手紙のやりとりの中でだんだんと真実に近づいていって、手紙のやりとりが始まった当初と最後ではガラリと雰囲気が変わってしまう。そのやりとりがまたね~!「手紙」だからこそつける嘘や、吟味した内容で、どこまでを相手に伝えるか、伝えるべきなのか、そんなさじ加減も伺えたりして。少しずつ少しずつ真実に近づいていく過程に、ドキドキワクワクしながら読み進めました。


・十年後の卒業文集
最後に「おぉっ!」と思わず声が漏れる。そういうことかーっ!いや~私も二人と一緒でまんまと騙されましたよ。手紙だから出来ることですね。・・・でも、10年経ったからって、誰も気付かないってことがあるのかなぁ・・・。手紙なら分かるけど実際に会ったら分かりそうな気もするけどなぁ。そこら辺にはちょっとひっかかりを感じないでもない;;;

・二十年後の宿題
3編の中ではこれが一番好き。同じ場所にいても、それぞれが見たものによって受け取り方も違うし、また同じものを見てても感じ方はそれぞれ違うもんなんだな~と、改めて思った。それによって、その後も変わっていくんだと思うと、ちょっと怖いなとも思う。それにしても、先生が大場に頼んだ理由がそういうことだったとは!最後はニッコリ出来るラストで、本当に良かったな~と思いました。

・十五年後の補修
最初は読んでるこっちが恥ずかしくなるくらいのラブラブな恋人同士の往復書簡だったんですが、やりとりを重ねるうちにだんだんと不穏な空気が漂ってきて・・・。二転三転する展開って感じで、新たな手紙を読む度に緊張感がいや増していきました。これは、ハッピーエンドにはならないな。でも、湊作品らしいかも!と思ったんですが、そうはならなくって・・・。2編目がああいうラストだったので、こちらは違ったラストでも良かったんじゃないかな~なんてこともちょっと思ったり。・・・って、酷い読者;;;


湊作品というと、衝撃的で、悪意の塊のような人が登場して、読後感の悪さもなかなかのものがあるって印象だったのですが、この作品はちょっと雰囲気が違ってたかな。でも、それに物足りなさを感じる事はなく、素直に面白かったと言える作品でした。




・十年後の卒業文集
・二十年後の宿題
・十五年後の補習


(2011.01.21読了)





往復書簡
幻冬舎
湊 かなえ

Amazonアソシエイト by 往復書簡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年01月25日 22:31
湊さんの作品だから、後味の悪い終わり方だろうと決めつけて読んでいたら、意外な終わり方で、だまされました。
そこに至るまで、心の内側が変化していく様子が読み応えがありました。
手紙にすると、また違った自分を発見できるのかもしれませんね。
べる
2011年01月26日 07:22
今まで悪意全面じゃないラストを持ってこられると『・・・アレ?』って感じで肩透かしみたいな印象になってしまっていたのですが、これはなんだかすんなり『いい作品だった』と思えて良かったです(笑)。書簡のやりとりだけで作品がきちんと成立しているところが面白かったですね。これからは悪意一辺倒じゃない作品にシフトさせて行きたいのかな、と思いました。
すずな
2011年01月26日 12:48
>花さん
私も同じように後味の悪さを覚悟して読んだんですが、違ってて驚きました。でも、これはこれで面白かったので良かったです~。「手紙」を上手く使った作品でしたね。
昔はよーく書いてた手紙ですが、最近はさっぱりで…。この作品を読んで手紙を書いてみようかなと思いました。違う自分を発見できるかもしれませんね。
すずな
2011年01月26日 12:50
>べるさん
そうなんですよねー。湊作品っていうと後味の悪さを期待しちゃうんですが、これはその期待を上手に裏切ってくれたなーと思える作品でしたね。
あ~そうですね。路線変更を狙ってるのかもしれませんねぇ。でも、それもいいかも♪と思わせてくれる作品でしたね~。
2011年09月26日 17:31
すずなさん、こんにちは(^^)。こちらにもお邪魔します。
私も「湊さんだとこのあたりで悪意が…」とビクビクしてました(笑)。思い込みはよくありませんな(^_^;)。
3編ともよかったのですが、私は「十五年後の補習」が特に良かったです。メールと違って、手紙というタイムラグに加えて海外(それも僻地)という距離から生まれるタイムラグ、そして徐々によみがえる記憶が二転三転するさまは、結構サスペンスだったと思います。ラストはほっとできたので、よけいに♪
すずな
2011年09月28日 12:45
>水無月・Rさん
それは分かりますー(笑)湊作品なので、そろそろ悪意が…って身構えてしまいますよね^^;
「十五年後の補習」は手紙に加えて海外というタイムラグが効いてましたよね。たしかに、サスペンスのようでドキドキしました。

この記事へのトラックバック

  • 本「往復書簡」

    Excerpt: 往復書簡 湊かなえ 幻冬舎 2010年9月 往復書簡/湊 かなえ .. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2011-01-25 22:23
  • 湊かなえ/「往復書簡」/幻冬舎刊

    Excerpt: 湊かなえさんの「往復書簡」。 あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の 同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-01-26 07:18
  • 湊かなえ『往復書簡』

    Excerpt: 往復書簡湊 かなえ幻冬舎 今回は、湊かなえ『往復書簡』を紹介します。3篇の中編小説が収録されています。いい感じの長さで読みやすかったかなと思います。毒があるのはいつものことだが、読後感のいい作品もあ.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2011-01-26 19:03
  • 手紙から見える真実

    Excerpt: 小説「往復書簡」を読みました。 著者は 湊 かなえ 題名通り 手紙の文章からなる 独立した 3編のストーリー どの話も 謎があって、引き込まれますね 独白という感じも今までと似ていますね とは.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-05-03 20:48
  • 『往復書簡』/湊かなえ ○

    Excerpt: 過去を振り返ってやりとりされる手紙による、物語。書簡小説と言うとモリミー(森見登美彦さん)の『恋文の技術』を思い出しますが(『恋文の~』は往復ではなく往信のみで返信はない)、そこはやはり湊かなえさんで.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-09-26 17:08
  • 「往復書簡」湊かなえ

    Excerpt: 似たような作品ばかりの湊。またしても読んでしまった。 書簡体の3つの短編を収録。(この記事、ネタばれあり)    【送料無料】往復書簡 [ 湊かなえ ]価格:630円(税込、送料別) 「十年後の卒業.. Weblog: りゅうちゃん別館 racked: 2012-09-22 09:47