長い廊下がある家(有栖川有栖)

有栖川作品って、まともに読んだのは初めて。アンソロジー集でしか読んだことがない。ということで、気分的には初読み作家さんです。有栖川さんて、結構、ポピュラーなミステリ作家さんなんですが(と、思ってるんですが、私の認識違い?)、アンソロジー集以外では全く読んだ事がないってのが不思議なんですけど。今まで読むキッカケがなかったんですよねぇ。

で、今回ようやく”まともに”有栖川作品を読む機会が回ってきたようです。ネットで図書館の新着資料を見ていたらこのタイトルに惹かれてしまって、ついついイキオイでポチッとやってしまいました。なので、内容とか予備知識がないまま読んだんですけど。なんと!短編集で、それもなんだかシリーズ物だったようでして。うーん、またやっちゃったよ;;;って感じだったんですけどね。でも、私的には楽しめました!シリーズ最初から読んでたら、また違った楽しみ方があったのかもしれませんが・・・。でもっ!楽しめたからいいのだーっ、と開き直ってみる(笑)


・長い廊下がある家
犯人は分かってるのに最後の最後までトリックがわからなくって;;;どういうこと?どういうこと?って言葉が頭の中をグルグルと回っておりました。分かってみれば、なんとも呆気ないっていうかね、それかーっ、って感じだったんですが。トリックだけでなく、「長い廊下」を想像するだけで、不気味でなんともいえないドキドキ感を味わえて、イヤだな~と思いつつ、のめり込んで読んでしまいました。

・雪と金婚式
1編目が惨敗って感じだったので、これこそ!と意気込んで読んでものの、すごすごと引き下がらざるを得ませんでした(笑)まさに、そうきたかーと唸らされた真相。そういう方向は全くは思い至らなかったよ;;;この作品では素敵な夫婦が描かれていて、最後はちょっとほっこり出来て読後感が一番良い作品でした。

・天空の眼
この作品は、今までの2作と違って作家の有栖川さんが真相に迫るというもの。有栖川さんというのは、ドイル作品でいえばワトソン博士のような立場なんだと思っていたんだけど、謎解きもしちゃっうんですね~。なるほどーと、作品とは違うところが気になったり(笑)これまた意外な真相で、そこか!と突っ込みを入れたくなっちゃいました。うーむ。

・ロジカル・デスゲーム
これはまたミステリというのか、なんというのか・・・。でも、「え?え?え?」と、かなりドキドキの展開でした。火村の機転で難を逃れたといいますか・・・。でも、致死量では無くなったとはというものの、これってかなり危険な賭けだよなぁ。。。


さて、結構楽しめたので、他作品も読んでみなくちゃ。まずは、この火村&有栖川コンビのシリーズからかな。・・・何冊くらい出てるのかしら、どきどき;;;




・長い廊下がある家
・雪と金婚式
・天空の眼
・ロジカル・デスゲーム



(2011.01.20読了)



長い廊下がある家
光文社
有栖川有栖

Amazonアソシエイト by 長い廊下がある家 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2011年01月26日 07:32
なんとなんと、この作品が初有栖川さんでしたか!ええとですね、火村&アリスシリーズは、私ももう何作出ているかわからないくらい作品数出てます(20作くらいはあるかも・・・??)。
そして、アリスが謎解きをちゃんとしたのはほんとに、ほんとーに、珍しい(というか、初めて?)なんですよ~^^;彼は基本的に間違った謎解きで周囲を和ませる役目なんで(笑)、『天空~』を読んだ時は天変地異が起きたかと思いました(大げさ(笑))。有栖川作品、大好きです。もっと本格に拘った江神シリーズもお薦めですよ~(こちらは4作しか出ておりませんので^^;)。
すずな
2011年01月26日 12:54
>べるさん
そうなんですよ!自分でもびっくりしちゃったんですが、これが初有栖川作品でした。これを機会に他作品も読んでみなくちゃ!と思ってます。まずは、このシリーズを…と思ったんですが、20作ですかっ!?ひええぇっ、それはちょっと目眩がしそうです(笑)
なので、べるさんお勧めの江神シリーズを読んでみようとおもいます^^;ありがとうございました!

この記事へのトラックバック

  • 有栖川有栖/「長い廊下がある家」/光文社刊

    Excerpt: 有栖川有栖さんの「長い廊下がある家」。 廃村に踏み迷った大学生の青年は、夜も更けて、ようやく明かりのついた家に辿り着く。そこも やはり廃屋だったが、三人の雑誌取材チームが訪れていた。.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-01-26 07:23
  • 「長い廊下がある家」有栖川有栖

    Excerpt: 長い廊下がある家(2010/11/19)有栖川有栖商品詳細を見る 火村英生准教授。犯罪社会学者の彼は、警察の許可を得た上で捜査の現場に乗り込み、これまでに幾多の事件の解決に貢献してきた。いわば臨床犯.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2011-02-17 23:02