シティ・マラソンズ(三浦しをん・あさのあつこ・近藤史恵)

3人の作家さんがNY、東京、パリのシティマラソンを題材に描く3つの短編集。

NY、東京は知ってましたが、パリでもシティマラソンが開催されてたんですねぇ~。全く知らなかった無知な私です;;;

三都市のシティマラソンを題材にしているということで、熱く胸たぎらせるアスリートのお話だと思っていたんですが、読んでみるとびみょーに違ってました。でも、さすがの作家陣ですからね。「あれ?なんか違うなー」と思いつつも、これはこれで楽しめたので良かったです。ただ、思っていたよりも軽めのスポーツ小説って感じなので、無我夢中で貪り読みました、ってことにはならなかったんですよねぇ。期待していた”感動”みたいなものはそんなに感じなかったので、ちょっと物足りないような、そんな印象も受けてしまいました。

あ、でもね。どのお話も元アスリート達が主人公で、シティマラソンを通して彼らが変わっていく姿を見れたのは良かったです。あ~良かったなぁと、素直に思える、そんなお話達でした。

・純白のライン(三浦しをん)
社長命令でNYマラソンに参加する事になった広和。それも、目的は「社長の娘を見張る」とういもの。あれよあれよという間にNYに着いて走り始めた広和は・・・。このお話が一番、軽いかなぁ(笑)それにしても、経験者とはいえ、いきなりフルマラソンを走ることって出来るのかな?とか、NYマラソンの参加者なんて凄い数なんだろうに、そんなに簡単に二人が会えるものなの?とか、色々とツッコミどころが満載でした(笑)まぁ、そこら辺を気にしなければ、3つの短編の中では一番軽いお話なので、この作品が一番楽しめたかな~とは思います。

・フィニッシュ・ゲートから(あさのあつこ)
スポーツメーカーで働く悠斗の元に、高校時代、陸上部で長距離選手として一緒に走っていた湊から「東京マラソンを走る」という連絡を受けた。彼とは6年ぶりで・・・。青春だなーとしみじみ。・・・って、そんな軽いお話ではなかったんだけどね。他の2編と違って、主人公がシティマラソンを走らないんですよねぇ。出来る事ならというか、個人的には、そこで湊と共に悠斗にも東京を走って欲しかったなぁ~なんて思っちゃいました。まぁ、彼が作ったシューズが一緒に走ってるといえば、走ってるんだけどさぁ・・・。

・金色の風(近藤史恵)
打ち込んでいたバレエを辞め、両親の反対を押し切ってパリへ留学した夕。そこで出会った家の前をランニングする女性の姿を見るうちに・・・。まぁ、ベタといえばベタな展開。でも、そこはあまり気にならず、それなりに楽しめたかな。バレエではなく、走ることによって夕の気持ちが変わっていく。私もちょっと走ってみようかな、なんて思ってしまったお話でした。いや、でも、本当に走るか?と聞かれると・・・めっちゃ困るんだけど(笑)




(2010.12.18読了)



シティ・マラソンズ
文藝春秋
三浦 しをん

Amazonアソシエイト by シティ・マラソンズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年01月07日 21:32
あけましておめでとうございます^^
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
この作品好きです!
薄くてさらっと読めるんのですが、奥深いですよね。
私もしをんさんの作品が1番好きかもです。
主人公の男性は、しをんさんが以前かかれた「風が強く吹いている」の卒業後の話のような気がしました。
華々しく実業団デビューする人もいれば、こうやってサラリーマンとして働いている人もいるんだぞ。ということで^^
恋愛?も可愛らしくて好きでした。
すずな
2011年01月10日 12:45
>苗坊さん
あけましておめでとうございます!こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

さらりと読めるお話ばかりでしたね。
しをんさんの作品は、たしかに「風が~」の続編のような印象でしたね~!箱根で頑張ったランナーたちはそれぞれの道を歩んでいるんだよな~と、改めて感じられたような作品でした。
恋愛はもうちょっと先まで読んでみたい気分になりましたね(笑)
べる
2011年01月10日 23:45
大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年も大いに参考にさせて頂きますので、よろしくお願い致します~。

市民マラソンって、真剣に走る人と、割とお遊びで参加しちゃう人とに分かれるんじゃないかって感じがするんですよね。制限時間とかがないとだらだらと歩きながら完走する人もいるでしょうしね。『いきなりフルマラソンを~』ってくだりは私も同じことをツッコミたくなったのですが、一般人参加自由の市民大会なら結構軽い気持ちで参加しちゃうのかな、と思いました。なかなか面白い趣向の作品集でしたね^^
すずな
2011年01月11日 05:45
>べるさん
おめでとうございます!私のほうこそ、いつもべるさんのレビューを参考にさせてもらってます!どうぞよろしくお願いしますm(__)m

あぁ、そうですね!ツッコミどころ満載だわ~(笑)と思ったんですが、たしかに「市民マラソン」なので軽い気持ちで参加してる人も多いんでしょうね~。それなら、いきなりフルマラソンも出来ちゃいそうですねー。なるほど。
想像してた作品とはちょっと違ってましたが、これはこれで楽しめた作品集でした♪

この記事へのトラックバック

  • シティ・マラソンズ 三浦しをん あさのあつこ 近藤史恵

    Excerpt: シティ・マラソンズ著者:三浦 しをん文藝春秋(2010-10)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る NY、東京、パリ。アスリートのその後を描く、三つの都市を走る物語。 「純白のライン」三.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2011-01-07 21:29
  • 「シティ・マラソンズ」/文藝春秋刊

    Excerpt: 「シティ・マラソンズ」。 株式会社アシックスのWEBサイト及びモバイルサイトで実施した期間限定キャンペーン「マラソン 三都物語~42.195km先の私に会いに行く~」のために三人の作.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2011-01-10 23:38