背表紙は歌う(大崎梢)

平台がおまちかね」に続くひつじくんシリーズ第2弾。

って、勝手に「ひつじくんシリーズ」って名付けちゃってますが、これでいいのかな。「井辻です!」ってひつじくんから突っ込みが入りそうな気もするけど(笑)

ということで、出版社の営業マンとして働くひつじくんこと井辻くんの奮闘記。それなりの覚悟を持って読んだんですが、今作は前作ほど涙腺を刺激されなかったんですよね。そういう意味では「・・・あれ?」って感じかな。でも、だからってつまらなかった訳ではありません。本好きとしては、こういう風に書店や出版社の裏事情が描かれてるっていうだけで、かなりテンションがあがります。賞レースやサイン会や帯についてのあれこれと、かーなーりー興味津々で読みました。

そういや、あの賞の行方はどうなったんでしょう?なんだか、かなりイジワルなぶった切り方をされてたんですけどー(笑)次の章で書かれてるのかと思いきや、全く触れられてなかったし。あそこまで引っ張っといてアレはあんまりですー!気になってしょうがないじゃないですか!「読者のご想像にお任せします(ニヤリ)」って著者のセリフが聞こえたような気がしたのは幻聴?

前作でもそうだったんですが、今作でも地方の書店や出版社の台所事情の厳しさも描かれていました。そこら辺りの事情を、作家の有川浩さんは折に触れては自身の「有川日記」で触れられてますけど。とにかく本が売れなくちゃどうにもならない。売れれば、それが次の新刊にも繋がってくる。最近、本の映像化が多くて、映像化はあまり歓迎していない私としては「どうよ?」と思わないでもないけれど、映像化されることによって、普段、本を読まない人にも浸透するってことを考えると、それはそれでしょうがないのかな、とも思えます。先日、ちょいと旅に出たんですが、旅先で電車に乗った時、隣のおねーさんが「秘密」(東野圭吾)を読んでたのを目にして、ドラマ化されたから読んでるんだよな、って思ったし。(まぁ、「秘密」なんかはドラマを見てるなら、先に原作を読まない方がいいような気もしないでもないですけどね/笑)

・・・って、書いてる私はといえば、読書の基本は図書館本だし、それで気に入って文庫化されたら、それを某ネット書店でポチッとするの繰り返しなんですけどね;;;最近、「新刊が出たら即買い」なのは、現在のイチオシ作家さんである有川作品だけになっちゃったし。地元の本屋さんにも出版社さんにも、そして、そこそこお気に入り作家さんにも、貢献度は低いようです。ちょっと反省;;;・・・でも、やっぱり図書館にお世話になるのはやめられませーん(笑)だって、読みたい本を買ってたらすぐに破産する!それだけは断言できるもんなぁ・・・。

と、なんだか本の感想から、かなり遠ざかってしまいました;;;


そうそう!最後の章では、あの「成風堂書店」の影が!彼女の影がっ!!うわーっ、とテンションが上がったものの、やっぱりひつじくんとの対面は果たされず。いつか、登場してくれると嬉しいんだけどなぁ・・・。てか、「成風堂シリーズ」はどうなってるんでしょう?そっちも書いて欲しいよなー。成風堂にひつじくん登場!ってのでも、私的にはOKなんだけど・・・と、あれこれ妄・・・想像は膨らみます。

てか、本当にそろそろ多絵ちゃんや杏子ちゃんにも再会したいもんです。。。




・ビターな挑戦者
・新刊ナイト
・背表紙は歌う
・君とぼくの待機会
・プロモーション・クイズ


(2010.11.11読了)








Amazonアソシエイト by 背表紙は歌う (創元クライム・クラブ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2010年11月20日 21:39
こんばんは^^TBさせていただきました。
ひつじくん、微妙に成長していましたよね。一生懸命さが相変わらず伝わってきます!
多絵ちゃんや杏子さんに会えるかも!と期待したのですが、残念ですよね~。担当が変わって、成風堂に来て欲しいです。
出版社や本屋の現状は本当に大変ですよね。
図書館に勤めている私が言うのもなんですが^^;
私の勤めている図書館の地域の方々は読書家が多いなという印象なのですが、最近は本当に本離れが囁かれていますよね。
私も映像化は嫌いです。例外はありますが、それでも本当に嫌なんです^^;最近は売れるとすぐに映像化されるので本当にイライラします・・・。
でも、映像化されると売れるんですよね~
図書館の例で言わせていただくと、発売されてしばらく経っている「フリーター、家を買う」や「インシテミル」が異常に予約者数が増えています。
読む人が増えるのはいいと思うんですけど、なんだかなと思います。
以前、本屋大賞でも、大賞になった本は売れるけど、2位以下はそうでもないって言う話を聞いたことがあります。それは違うだろうって思うんですよね。それをきっかけにいろんな作家さんを知っていろんな作品を知るきっかけを作るための賞なのになぁ・・・と思ったりします。
あ、すみません。脱線してしまいました・・・
べる
2010年11月21日 07:57
私、タイトル見た時はてっきり久々に成風堂シリーズが出たんだ~と思ってたんですよね^^;こっちはこっちで好きなので良いのですが、そろそろ成風堂の方も書いてほしいですね。
余談ですが、先日私のブログの訪問者履歴にarikawahiroさんという名前が残ってまして。ははー、有川さんファンのブログなんだな、随分直球のニックネームつけてるなぁと思って気になってブログを訪問してみたらご本人で仰天!有川さん、ヤフーブログを始められていたのですねー!直前に書いた『Story Seller Vol.3』の記事で見に来てくれたのだと思うのですが。結構、ご自身の著作関係の記事のところには訪問されるみたいですね。ほんの一瞬でもご本人が見に来てくれたと知ってなんだかとても嬉しかったです(単なる自慢コメントですみません・・・^^;)。
すずな
2010年11月23日 12:48
>苗坊さん
こんな脱線はいつでも大歓迎ですよー!!

たしかに、ひつじくんの成長も感じられた作品でしたね!でも、多絵ちゃんや杏子ちゃんにも会いたかったですよねー!残念でした。
映像化されると、普段は読まない人まで読むのでそういう面ではいいと思うんですけどね。原作に思い入れがあればある程、映像化されると違和感を感じてしまったり、「あのエピソードを削るなんてっ!」と憤慨したりで、精神衛生上、あまり宜しくないですよね^^;
すずな
2010年11月23日 12:51
>べるさん
このシリーズも楽しいんですが、やっぱり成風堂シリーズも読みたいですよねーっ!そろそろ書いてもらいたいもんですね。

「応援結晶」の掲示板でべるさんのお名前をお見かけして「おぉーっ!」と密かに興奮してました(笑)私でも興奮してしまったんですから、べるさんはもっとですね~!
私は「有川日記」がいつの間にかブログになってビックリしたんですよー(笑)
2011年03月01日 12:18
すずなさん、こんにちは(^^)。
私も「ひつじくんシリーズ」と勝手に呼んでました♪
そして「井辻です」と突っ込まれそう・・・と一人笑いをしておりました。
気になりますよね、「東々賞」の行方!大本命だったのか?ダブル受賞は?とヤキモキしてたのに、次の章にも全然出てなくて・・・、えぇ~そりゃないですよぅ、大崎さ~ん。
次作こそ、〈成風堂との謎解きコラボ〉を!ひつじくんが成風堂シリーズの方へ行ってもいいし・・・!
とにかくひつじくんの担当店舗の追加、お願いしますうよ明林書房さん!
すずな
2011年03月02日 12:48
>水無月・Rさん
一緒ですか!二人でひつじくんに怒られましょう(笑)
あの章の行方は本当に気になりますよねぇ。あそこまで引っ張っておいてあれはないですよね。
そうそう!次作こそ、成風堂書店とのコラボをお願いしたいですね~!!

この記事へのトラックバック

  • 背表紙は歌う 大崎梢

    Excerpt: 背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)著者:大崎 梢東京創元社(2010-09-11)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「ビターな挑戦者」 智紀はいきなり男性に呼び止められ、辛辣な言.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-11-20 21:26
  • 大崎梢/「背表紙は歌う」/東京創元社刊

    Excerpt: 大崎梢さんの「背表紙は歌う」。 「とある地方の小さな書店が経営の危機にあるらしい」よくある悲しい噂のひとつだと思っていた が、書店営業仲間の女性がそのことを妙に気にしていて…。個性的.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-11-21 07:49
  • 「背表紙は歌う」大崎梢

    Excerpt: 背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)(2010/09/11)大崎 梢商品詳細を見る 井辻智紀の勤める明林書房は規模としては中の中。文芸書を扱う出版社の中では一応、老舗と呼ばれている。往年のファンは.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2010-12-03 21:58
  • 「背表紙は歌う」大崎梢

    Excerpt: 大崎梢の<出版社営業・井辻智紀の営業日誌>シリーズ第2弾「背表紙は歌う」を読みました。 第1作の「平台がおまちかね」と同様、ひつじ君とよばれてしまう井辻くんが、書店を回って営業する中で出会う小... Weblog: 心に残る本 racked: 2011-01-15 22:08
  • 『背表紙は歌う』/大崎梢 ◎

    Excerpt: は~~、面白かったぁ! ひつじくん、おめでとう!大崎梢さん、ありがとう! 祝・シリーズ化!ですね~。嬉しいなぁ。『平台がおまちかね』に引き続き、出版社営業のひつじくんこと井辻くんの「出版社が関わる.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-03-01 12:10