マリアビートル(伊坂幸太郎)

あ~伊坂さんだなぁ、と思う。そう思えて、すごくホッとしました。著者ご本人が「第一期の終わり」を宣言されてから、新刊が出る度にこういうドキドキを味わってますが(笑)まぁ、数作、「合わないなぁ・・・」というのが刊行されたものの、今作も前作も私の好きな伊坂節は健在のようなので、そんなに心配する事もないんでしょうか。

東北へ向かう新幹線の中で起こる、殺し屋達の狂想曲。

まさに、これに尽きます。元殺し屋の木村、中学生の王子、二人組みの蜜柑と檸檬、運の悪い七尾、そして鈴木などなど。殺し屋達が同じ新幹線の中で合間見え、複雑な事情が絡み合って殺し合いが始まる。

・・・そう。本当に人がバタバタと死んでいくんです。それも、本当に呆気なく。お見事なくらいアッサリと。ウッカリ読み流しそうになるけれど、フト立ち止まると気になってしまう。「死」が充満しすぎてる。軽く扱われすぎてる。そう感じてしまうくらいに。この作品は、本来なら一気に読んじゃった方が、作品の面白さを味わえると思うんですよね。ところが、ちょっと事情がありまして(まぁ、旅に出たり、睡魔に襲われたりっていうとっても個人的な事情なんだけど/笑)、一気に読めなかったんですよね。なので、余計にそういう部分が気になったのかもしれません。

てことは、残念な読書になっちゃったのかなぁ・・・と思わないでもないんですけど。でも、誰がどこでどんな風に繋がってて、どういう事情があって・・・なんて、あれこれ想像してはドキドキワクワクしながら読めたので、楽しかったんですよね。面白かった!と思うので、そんなことはないはず!・・・なんだか、自分に言い聞かせてるような気がしないでもないんだけど(笑)でも、ホントに面白かったんだから良し!・・・あれ?やっぱり言い聞かせてる?

こんなに入り組んじゃって、一体どんなラストになるんだ?と思っていたら、途中登板者達のまさかの行動で、まさかのラスト。私的に「そうきたかーっ!」なラストで、それってちょっと反則!と突っ込みたくもなりつつ、伊坂作品だよな~という喜びも感じました。それでも、ちょっとモヤモヤの残るラストではあったんだけどね。

登場するのは、ほとんどが殺し屋達なんだけど、なんだか憎めないキャラばかり。特に蜜柑と檸檬の会話とか、七尾の運の悪さとか、クスリと笑わせてもらいました。ただ、その中でやっぱり王子だけは好きになれなかった。てか、もう嫌悪感しか感じなかったですねぇ。なんてイヤなやつ!てか、そんな言葉では足りませんが。結局のところ、彼は最後にどうなったのか、ちょっとぼかしてあって、すっごぉーーく気になるんですけどね。そのうち、どこかでヒョッコリ登場してきそうな気もします。

そういえば、この作品は「グラスホッパー」の続編だそう。・・・というのを読了後に知ったんですが(笑)「グラスホッパー」ってどんなお話だっけ?と自分の過去記事を読んでみて・・・あまり思い出せなかった;;ま、なんとなーくは思い出せたので良し。おまけに、これを読んだ後に思い出してもね、って感じだし(笑)それにしても、「死」の扱いについては同じようなことを書いてて、ちょっとびっくりでした。あと、ラストもね。2作ともスッキリしないラストではあったようで・・・。うーむ。




(2010.11.10読了)



マリアビートル
角川書店(角川グループパブリッシング)
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by マリアビートル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2010年11月17日 07:57
私はとにかく王子が嫌で嫌で嫌で仕方なかったです(><)。でも、伊坂さんらしい直球のエンタメ作品で嬉しくなりましたね。やっぱり、みんなこういう作品を望んでいるんですよね。七尾の不運キャラ好きでした。果物コンビも好きだったのにー・・・^^;私も『グラス~』の内容全く覚えていなかったので、どこがリンクしているのか把握しきれないまま読んでしまいました^^;
すずな
2010年11月17日 12:39
>べるさん
同じく王子には嫌悪感しかなかったですねー;;;
そうそう!伊坂さんには今後もこういう作品を書いて欲しいなぁと思いますね。私も果物コンビは好きだったんですよねー^^;てか、王子以外はどのキャラもそれなりに好きだったんですけどね(笑)
べるさんも「グラスホッパー」の内容は覚えてなかったんですか。お仲間ですね。ま、覚えてなくても楽しめてので良し、ってことで(笑)
2010年11月19日 20:46
こんばんは^^
私も「グラスホッパー」の続編ということは知っていたのですが、ただバッタバッタと人が死んでいくと言う事しか覚えていないんですよね^^;
再読したかったんですが、いかんせん積読本が多くて^^;無理でした。
王子には私も嫌悪感しかなかったです。あの夫婦の言った言葉が、王子の心臓をえぐるように突き刺さっていればいいと思います。
すずな
2010年11月22日 12:51
>苗坊さん
私も積読本が多くって…^^;;;
王子は本当に嫌なヤツでしたねぇ。そこまで描けた伊坂さんも凄いと思いますが…(笑)夫婦の言葉が心に響いてればいいですが、どうでしょうね。。。
2011年11月15日 21:10
すずなさん、こんばんは(^^)。
新幹線で、あれだけ大量の他殺死体が出てきたら、嫌ですよねぇ(笑)。
なのに、爽快な読後感、伊坂さん凄過ぎです。
蜜柑&檸檬のやり取りが、面白かったですね。微笑ましい。
・・そして、なんと言っても七尾君ですよ。あの不運っぷりは愛すべきトホホに違いない♪
すずな
2011年11月17日 12:38
>水無月・Rさん
こんな新幹線には乗りたくないですよね~。…って、明日はその新幹線に乗るんですけどね、私^^;
死体が多い割には読後感が悪くなくって、さすが伊坂さんでしたね。蜜柑&檸檬のやりとりはホントに面白かったですね~!七尾くん(笑)愛すべきトホホでしたね~♪

この記事へのトラックバック

  • 伊坂幸太郎/「マリアビートル」/角川書店刊

    Excerpt: 伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」。 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北 新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利き.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-11-17 07:53
  • マリアビートル 伊坂幸太郎

    Excerpt: マリアビートル著者:伊坂 幸太郎角川書店(角川グループパブリッシング)(2010-09-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-11-19 20:13
  • マリアビートル

    Excerpt: 伊坂幸太郎 著  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-03-25 15:21
  • 『マリアビートル』/伊坂幸太郎 ◎

    Excerpt: う~わ~~!!面白かったっ!伊坂節ですねぇ! キャラ立ちまくりの登場人物たちが丁々発止とやり合い、畳み掛けるように進む展開、伏線は緊密に張り巡らされ、ラストに向かって怒涛の回収!・・・いやぁ、爽快爽.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-11-15 21:01