シャドウ(道尾秀介)

第7回本格ミステリ大賞受賞作。

ヤ・ラ・レ・ターーーっ!!
もうね、ものの見事に著者に騙されました。騙されまくりました。く、悔しいーっ。

道尾さんの未読本を出版順に読んでるんですが、デビュー作からだんだん上手くなってきてるのがよーく分かります。・・・って、エラソウですが。

主人公は小学5年生の鳳介。その母親の葬儀の場面から始まる物語。父親、そして、家族ぐるみの付き合いである水城家。その娘である幼馴染の亜紀。鳳介の母親の死から数日後、今度は亜紀の母親が自殺。いったい何故?そして、鳳介が辿り着いた真実は・・・。


え~気をつけますが、うっかりネタバレしてる可能性大です。未読の方はご注意を。





もうねー、ホントにまんまと騙されました;;;あんな風に描かれたら、どうしたってあの人を疑ってしまうじゃないですかーっ!おまけに、小学5年生なんだから、そういう雰囲気に気付かないのはしょうがないよなぁ・・・なんて、そんな風に思っちゃったりもするじゃないですかっ!それが、それが・・・。くぅーーっ!まさに「そっちかーっ!」な真相に身悶えしました。小学5年生の鳳介くん、君を舐めててごめんよ;;;アタシがおばかちゃんでした;;;と謝りたい。まさか、そうくるとはねぇ・・・ホントにねぇ・・・がるるるるる・・・あぁ、悔しいよぉーぅ。

と、読了後もひとしきり吼えまくった私であります(笑)

自殺、精神疾患、性的虐待・・・なんだかもうね、いろんなものがテンコモリで、不穏な空気満載。びみょーなバランスでなんとか保っている、そんな雰囲気に満ちていて、ぴりぴりとした緊張感が漂いまくる作品。読んでいて、心臓がドキドキと波打つのすら自粛しちゃいそうな、そんな印象も受けました。そんな訳で、息を詰めての読書。なかなか疲れました;;;

で、「そうきたかーっ」な真相。思い返せば、そこここに伏線は貼ってあったんですよね。その伏線の紡ぎ方を読み手に間違わせる・・・そんな著者の思惑に、まんまと乗せられた読者でした。すーっごく悔しいけど、それと比例するくらいの心地良さを感じているのも事実。ここまで騙されると、ある意味、爽快ですねぇ。ちょっと嬉しくもなってきちゃいます(笑)

ただ、小学5年生にあの真相を見せたのは、ちょっと酷なような気もしないでもないんですが・・・。子供達は知らないままでいて欲しかったなぁ、と思ってしまいます。
・・・と、「良かったなぁ」と思えるラストながら、完全にスッキリしない所も道尾作品の魅力でしょうか。





(2010.09.21読了)






Amazonアソシエイト by シャドウ (ミステリ・フロンティア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2010年09月30日 06:49
ふふふ。やっぱりこれは騙されちゃいますよね!?読み始めた時は絶対コイツ以外犯人いないだろう、でもその通りだったら凡作だよなぁと思いながら読んでいたのですが・・・完全にミスリードされまくって違う方に進んでました^^;でも、ここまで綺麗に騙してくれるといっそ爽快な気分になりますよねー。ラストのある部分だけちょっと腑に落ちないところがあったのですが、それ以外は完全にヤラレてしまった作品でした。古い記事で大したことを書いておりませんが(^^;)、TB送らせて頂きますね。
すずな
2010年09月30日 12:37
>べるさん
まんまと騙されました^^;そうなんですよね。これでその通りならちょっとねぇ;;;と思っていたら…だったので、余計に悔しい。でも、嬉しい(笑)複雑な気持ちです。
いつもTBありがとうございます!

この記事へのトラックバック

  • 道尾秀介/ 「シャドウ」/東京創元社刊

    Excerpt: 道尾秀介さんの「シャドウ」。 母が癌でこの世を去った。小学5年生の凰介は、父洋一郎との二人暮らしが始まった。 その数日後、父の友人の水城の妻が、父の勤める医科大学の研究棟の屋上から飛び降り自殺.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-09-30 06:43