Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪の教典(上・下)(貴志祐介)

<<   作成日時 : 2010/09/20 05:52   >>

トラックバック 4 / コメント 4

面白かった。色んな意味で凄かった。恐かった。

有能で生徒からの人気もある高校教師の蓮実。だがそれは仮面を被った姿だった。彼の本性が表れた時、学校という閉鎖空間は・・・。

いや〜〜〜すっごかったです。上下巻共にかなり分厚かったですが、先へ先へと進まされてしまった。休日だったということもあって1日で読了。分厚さを感じさせない面白さでした。


あ。かなりネタバレしてると思われます。未読の方はご注意ください。





上巻は、仮面を被った蓮実の姿を描いている。有能で生徒の人気を集める英語教師。そして、少しずつ彼の仮面の下の顔や、過去が明らかにされていく。そのものすごい過去と言ったら!「どうしてそれで・・・」と思えるようなことがきっかけで殺人を繰り返す。彼の周りで死人が続出するのに、彼の完璧な犯行によって、誰も彼を疑わない。恐かったですねー。

それにしても、釣井先生とはもうちょっと駆け引きがあるのかな〜と思ってたんですけどね。ワクワクし始めたところで、あっさりと蓮実にヤラレちゃって・・・。正直、「え?」って感じでした。どういう攻防戦があるのか!?と期待しただけに、呆気なさ過ぎてガッカリ。二人には、もっと知能戦みたいなものを繰り広げて欲しかったな〜と思いました。

そして、下巻。
・・・あれ?なんだか上巻とは趣が変わってしまったような。上巻では、知的で計画性のある蓮実だったのに、下巻ではただの行き当たりばったりの殺人鬼になっちゃったよう;;;おまけに、学校での大量殺人の様子は「バトルロワイヤル」を髣髴させて・・・っていうか、バトロワそのまんまの雰囲気。バタバタと殺されていく生徒達。確かに、多少の駆け引きはあったものの、そこまでの知能戦みたいなものはなくって。そういう意味ではちょっとガッカリな展開でした。

生き残ったのも予想通りにあの二人。もう一人の生き残りは意外だったけど、彼女を生き残らせた意味がよく分からなかった。何故だったんでしょう。ていうかね、どうせなら、もっと悲惨で救いようの無いラストだったら良かったかも、と思ったのは私だけでしょうか。その考えはあんまりかなぁ;;;でも、こういうラストだったら、今までにも読んだような気がするんですよね。もちろん、刑が確定してないので「もし死刑にならなかったら・・・」と思う二人の恐怖は感じられて、それなりに恐いんですけど。

あとね〜鴉はどうなっちゃんでしょうか。ムニンはここぞというところで、蓮実へ何らかのアプローチ?があると思ってたんですけどね。なんだか、思わせぶりな記述だけで最後は忘れ去られちゃってたような・・・。

あ、なんだか辛口気味になっちゃったんですけど。でも、面白かったんですよー!面白かったというのはちょっと語弊があるような気もしますが。半端ない緊張感で先へ先へと読ませる、そういうイキオイは上巻と同じくらいありました。おまけに、上巻よりも悲惨で戦慄するような場面ばかりが続いて、文句なしに恐かったし。

でも、だからこそ、もうひと捻り欲しかったなぁ・・・という気持ちも湧いちゃうんですよね。読者の複雑な感想ってとこでしょうか(笑)

なにはともあれ、分厚さをものともせず、先へ先へと読ませる引力は凄いものがありました。あれを一日で読ませるんですからね。うん、面白かった。




(2010.09.18読了)




悪の教典 上
文藝春秋
貴志 祐介

Amazonアソシエイト by 悪の教典 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



悪の教典 下
文藝春秋
貴志 祐介

Amazonアソシエイト by 悪の教典 下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
貴志祐介/「悪の教典 上下」/文藝春秋刊
貴志祐介さんの「悪の教典 上下」。 ...続きを見る
ミステリ読書録
2010/09/20 07:58
悪の教典
貴志祐介 著 ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/03/23 12:10
悪の教典 上巻 下巻  (貴志祐介)
悪の教典 上 ...続きを見る
花ごよみ
2012/03/27 13:55
悪の教師
小説「悪の教典」を読みました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2014/10/23 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うんうん。わかります。下巻の畳み掛けるような殺戮シーンも凄かったのですが、上巻のトンデモない蓮実の過去や冷酷な殺人シーンに比べると、ちょっと凡庸な展開になってしまったかな、という感じはしましたね。蓮実にしてはつまらないミスもありましたし。最後まで徹底して残虐で感情のない殺人鬼像を貫いて欲しかった気はしました。あと、カラスは私ももっと物語に絡んでくると思っていたのでちょっと肩透かしでした^^;でも、ぐいぐいと読ませる面白さはさすがでした。
べる
2010/09/20 08:09
>べるさん
ですよね〜。上巻と比べると下巻はちょっとアリキタリな感じがしちゃって^^;;;蓮実もさすがにあれだけの大量殺人を行うと注意力が散漫になっちゃうんでしょうか…。
そう!カラスですよっ!!なんかすっごく思わせぶりな記述があった割には何にもなくって。ちょっと肩すかしでしたねぇ。
でも、やっぱり面白かったんですけどね〜(笑)夢中で読んじゃいましたね。
すずな
2010/09/20 12:50
いつもブログを楽しく拝見しております。
わたしも本が好きで、沢山読んでいる方だと一人で得意に成っていましたが、すずなさんには完敗です。
すずなさんの感想を読んで、この本も読みたくなりました。読んで見ます。
かとちゃん
2010/09/23 23:12
>かとちゃんさん
はじめまして。コメントありがとうございます♪
いやいや、完敗だなんて〜読書に勝ち負けはありませんので^^;このブログを始める前は、私も結構、読む方だと思ってたんですが、私なんて足元にも及ばない人が沢山いらっしゃるんだな〜と思いました。上を見たらきりがないので^^;お互い、自分のペースで楽しい読書が出来ればいいですね。
この感想がかとちゃんさんの読書欲を刺激出来たようで、とっても嬉しいです。気に入っていただけるといいんですが…(どきどき)
すずな
2010/09/24 12:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
悪の教典(上・下)(貴志祐介) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる