バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎)

面白かった~!かなりトンデモナイ設定だったけど(笑)

最近の伊坂作品は、読み始める前に「これは大丈夫かな。面白いかな。」とドキドキする。特にこの作品は、太宰治の未完作品「グッド・バイ」から創造を膨らませて創った作品ということも不安材料のひとつでした。「グッド・バイ」って読んでないんですよね。そんな私が、これを読んで楽しめるのか、読んでなければ意味が通じない部分があるんじゃないか、とあれこれ考えるとねぇ・・・。おまけに、最近の伊坂作品は合わないものもあったので、余計に不安にもなるってもんです。ということで、この作品は期待よりも多少、不安が多い、そんな複雑な気持ちで読み始めました。

いや~~杞憂でしたね。読み始めたら、あの不安はなんだったんだ!?と思っちゃうくらい、一気に読んでしまいました。

2週間後に「あのバス」に強制収容?される男が、5股をかけていた女達に本当の理由を告げずそれぞれにお別れを言いに行くという、本当にトンデモナイ設定(笑)おまけに、なんで「あのバス」に連れて行かれなきゃいけないのかっていうのは一切書かれていない。なんとなーくは予想できるけど、キチンと説明されてはいない。そんな訳で、最初はホントに「はぁ?」って感じなんだけど、そこはさすが伊坂ワールド!だんだんこのお話にのめり込んでしまうと、このトンデモナイ設定が全く気にならなくなってくるんだから不思議なもんです。おまけに最初は「なんてヤツ!」と不愉快に思ってた星野に、思わず好感を持ってしまっていた自分にもビックリでした。

5人の女性は、職業も性格もバラバラ。星野の別れ話に対する反応も様々。それにしても、ここまでバラバラな女性達と、それぞれにキチンと向き合って付き合っていた星野って凄いなぁ~と感心しちゃいます。そして、別れに際しても、女性達への愛情溢れる言動の数々。自分の身近にいたらとことん避けちゃうんだろうと思える星野なのに、こういう人が自分の身近にいてくれたらいいのにな~とツイ思っちゃう。彼にはそんな不思議な魅力がありました。

まぁ、その星野の愛情溢れる言動なんですが、普通に考えたらかなり突飛な行動。「いくらなんでもそれは無理があるよねぇ~」と思える星野達の行動なんだけど、伊坂さんにかかれば「あ~出来ちゃうもんなんだな~」なんてスンナリ受け入れられるから、不思議というかなんというか・・・。まんまと伊坂マジックにヤラレちゃってる私です(笑)

ラストも良かった。いつの間にか、誰もが彼の魅力に取り込まれちゃうってことでしょうか。
キック、キック、キック・・・そんな光景が頭から離れなくなりそうです。


(2010.09.11読了)





バイバイ、ブラックバード
双葉社
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by バイバイ、ブラックバード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2010年09月20日 08:15
本書を読んだ後に、同時期に発売された『バイバイ、ブラックバードをより楽しむために』の方も読んだのですが、そちらに太宰の『グッド・バイ』も収録されていて、比較が出来て良かったです。元ネタの方もとても面白かったですよ。『キックした』のラストシーンがすごく良かったですね^^繭美ちゃん強烈でした~(笑)。
すずな
2010年09月21日 12:46
>べるさん
『バイバイ、ブラックバードをより楽しむために』は図書館に入荷するのを待ってるんですが、どうも入れてくれないようなんですよねぇ^^;でも、太宰の本は読みたいのでそっちだけでも借りてこようかな~と迷ってたんですが、べるさんのコメントを読んで読もう!と思いました(笑)
最後のシーンが印象的でしたね~。たしかに繭美ちゃんのキャラは強烈でしたね^^;
2011年10月03日 21:10
すずなさん、こんばんは(^^)。
私も「今回の伊坂作品はどうかな~」って思いつつ読み始めました。全然杞憂でした♪
星野一彦のあの飄々とした感じが、なんとも不思議でしたね。五股なんて絶対イヤな奴のはずなんですが(^_^;)。
そして何より、あの強烈キャラの繭美を動かすんだから、すごいですよね!

一彦が〈あのバス〉に乗る羽目になった原因を知りたい気もします(笑)。あの繭美を有する組織って、どんな組織なんだろう…。
すずな
2011年10月05日 12:41
>水無月・Rさん
イマイチなのが続くと新刊を読む時、ドキドキですよねー^^;でも、今回はお互いに杞憂に終わって良かったですね!
そう!星野の五股なんてほんっとにイヤな奴なはずなのに、気づくといつの間にやら許せちゃってるのが不思議でしたよね~。で、最後は繭美まで動かせちゃったのが確かに凄い!
私も、〈あのバス〉に乗らなきゃいけなくなった理由を教えて貰えるなら、是非、知りたいです!

この記事へのトラックバック

  • 伊坂幸太郎/「バイバイ、ブラックバード」/双葉社刊

    Excerpt: 伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」。 星野一彦は、借金の為、二週間後に得体の知れないバスに乗ってどこかに連れて行かれる運命に。 バスに乗ったら、もう二度と同じ日常には戻って来れないだ.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-09-20 08:11
  • バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎著

    Excerpt: 伊坂幸太郎の「バイバイ、ブラックバード」を読んでみました。 本作は太宰治の未完の遺稿となった「グッドバイ」のオマージュ作品。 太宰治の「グッドバイ」は、女にだらしない編集長が、妻子との生活を立て直.. Weblog: 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ racked: 2011-01-19 20:33
  • 6編の別れ話

    Excerpt: 小説「バイバイ、ブラックバード」を読みました。 著者は 伊坂 幸太郎 5股した男の5人の女性との別れ話 6編から連作短編 伊坂作品らしい軽妙さ やはり面白い どの短編も同じような構成で しかし.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-05-21 16:03
  • 『バイバイ、ブラックバード』/伊坂幸太郎 ◎

    Excerpt: 星野一彦は、2週間後〈あのバス〉に乗らなければならない。彼が何をやらかしたかは不明なのだが、〈あのバス〉は乗ったが最後、たどり着く先は地獄よりも酷いという。一彦が逃げないように見張り役についたのは、繭.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-10-03 21:01