オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン(小路幸也)

いつの間にやら、シリーズ5作目です!このシリーズを読み始めた時は、こんなに続くとは思いもしなかったんですけどね~。でも、ここまでくると、日曜夕方放映の某アニメのようにずーっと続いて欲しいな~なんて思っちゃいますね(笑)

最初の「登場人物相関図」が嬉しい。前作がスピンオフみたいな作品だっただので、ありがたさも倍増でした。でも、「これ誰だっけ?」という人もいたりして、既刊本を再読したくなったりもしたんですけどね・・・。

相変わらずの堀田家。プロローグ的なサチさんの語りからグッと引き込まれ、大勢での朝食風景に和み、そのまま最後まで一気読みしちゃいました。もちろん、いつものように私のツボを刺激するお話満載で、グシグジと涙腺を緩ませながらの読書でした。

この巻は、特に研人の成長ぶりに眼を見張らされましたね~。いつの間にやら小学校卒業ですよ!中学生ですよ!もうね、うわーーっ!って感じですよ~(笑)と、訳のワカラン叫びを上げたりして、読者の私はあいもかわらずちっとも成長が見られないんですけど;;;いや~ホントに、すっかりお兄ちゃんになっちゃいましたねぇ。ラストなんて、「もう、そういうこともやっちゃうんだ!?」と、あまりの成長ぶりにちょっと寂しくもなっちゃったおばちゃんでありました(笑)これから、どんどん良いオトコに成長していくんだろうなぁ・・・。楽しみ。でも、ちょっと寂しい。複雑な気分です。

今回も皆無ではなかったけれど、最初の頃にあったようなミステリ色はすーーっかり薄くなってしまいましたね。それはね、ちょっと残念ではあるんだけど、これはこれで面白いので良しって感じです。

最後は定番のオメデタ結婚話で幕。良かったな~とは思いますが、藤島さんはどうもこっちの幸せには縁がないようで・・・。私も、彼はずっと独身のような気がするなぁ(笑)

そうそう!我南人の事件?は前振りもあったりして予想通りだったんですが、まさか最後にそんな展開がまってるのは思いもしませんでしたよー!いや~相変わらず壮大っていうか、なんていうかね、驚きですね。キースですよ!ホント凄いですね~。・・・って、小説だけどさ(笑)

ということで、今回も笑って泣いて楽しい読書ができました。大満足。すでに、続編が待ち遠しかったりします(笑)あ、今回もやっぱり、読了後はタイトルの曲を聞きたくなってCD棚をガサゴソと漁ったのは言うまでもありませーん。




・夏 あなたの笑窪は縁ふたつ
・秋 さよなら三角また会う日まで
・冬 背で泣いてる師走かな
・春 オール・マイ・ラビング




(2010.08.10読了)






Amazonアソシエイト by オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

べる
2010年08月12日 23:41
研人、いつのまにやらいい青年に成長していてびっくりでしたね。このままロックの道に進むのでしょうか。私も藤島さんの恋愛が心配です。私の予想通りに、花陽のアタックがあると面白くなると思うんだけどなぁ。絶対メロメロになる気がしません?藤島さん(笑)。今回もLOVE満載で心が温まりましたね^^
すずな
2010年08月13日 06:42
>べるさん
ホントに!研人ってばいつの間にっ!?って感じでしたよね~。個人的には、このままロックの道を進んで欲しいと思ってます。
藤島さんへの花陽のアタック!べるさんのレビューで読んでから妄・・・想像が膨らんでます(笑)私も絶対にメロメロになっちゃうと思います!そうなってくれるといいですね~。
2010年11月15日 00:18
こんばんは^^
私も研人の成長振りに驚きました。春から中学生ですもんね。気分はオバちゃんです。大きくなって・・・っていう^^;これからどう成長していくのか楽しみです。
花陽のアタックも気になりますよね。
藤島さんと、意外とお似合いかもしれませんよね^m^
すずな
2010年11月16日 12:55
>苗坊さん
研人の成長ぶりにはビックリでしたよね~。思わずしみじみしちゃいました。今後がホントに楽しみですよね~♪
藤島さんと花陽って想像すると良い感じですよね。ちょっと楽しみだったり(笑)

この記事へのトラックバック

  • 小路幸也/「オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン」/集英社刊

    Excerpt: 小路幸也さんの「オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン」。 家族が増えてますます賑やかになった堀田家。愛らしい二人の赤ちゃんに一族みんなが癒される 日々を過ごしていた。そんな堀田家に、元刑事.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-08-12 23:36
  • 【オール・マイ・ラビング】 小路幸也 著

    Excerpt: よろしければ、どうぞまたご一緒に・・・サチさんの丁寧なご挨拶には、毎回恐縮しながらも、ついつい微笑んでしまいます。  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2010-09-13 18:26
  • オール・マイ・ラビング 小路幸也

    Excerpt: オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン著者:小路 幸也集英社(2010-04-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「夏 あなたの笑窪は縁ふたつ」 「藤島ハウス」にマードック、藍.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-11-15 00:02