道徳という名の少年(桜庭一樹)

桜庭ワールド全開。そう思える、絵本のような作品。

前作「製鉄天使」がちょっとねー;;;だったので、読み応えのある長編を期待していたんですが・・・。長編ではなく、連作短編集のような感じ。野田仁美さんのイラストとのコラボレーションということもあり、絵本のような仕上がりになってました。そういう意味ではちょっと期待ハズレ。がっつり長編を読みたかったなぁ。。。

でも、作品自体は、まさに桜庭ワールド!でして、そういう意味では堪能させてもらいました。イラストも合わせて、なんとも耽美的。なんだけど、それだけで終わらないのが桜庭さん。淡々と語られる一族の歴史は、どこか滑稽さを感じさせる部分もあり、それでいて残酷で哀しい。登場人物たちは、みな町一番の美しさを持ちながら、というか持ってるが故に、「不道徳」な人生を歩み、老いていくにつれぶくぶくと醜く肥大していく。悲哀に満ちた物語でありながら、淡々とした語り口がそれをあまり感じさせないような。それでいて、読了後にはなにか胸にひたひたと押し寄せるものがありました。


「愛」を渇望するが故に「不道徳」な人生を歩んだ一族の歴史。・・・と言っては、ちょっと違うような気もするけど。そんなお話でした。

・・・うーーん。相変わらず、なんか、上手く言葉に出来ないなぁ;;;





・1、2、3、悠久!
・ジャグリン・パパの愛撫の手
・プラスチックの恋人
・ぼくの代わりに歌ってくれ
・地球で最後の日


(2010.07.06読了)






道徳という名の少年
角川書店(角川グループパブリッシング)
桜庭 一樹

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

苗坊
2010年07月13日 00:46
こんばんわ。TBさせていただきました。
ページ数は短いですけど、ずしっと余韻の残る作品だったと思います。
濃厚で、官能的で。言葉で表すのは難しいです。
まさに桜庭ワールドですね。
べる
2010年07月13日 07:19
桜庭さんらしい世界観は好みだったのですが、途中からどうもついていけない自分がいたような気がします。桜庭さんて、何世代にも亘るお話を書くのがお好きなようですが、それがいつも『書きすぎ』な印象を与えてしまうんですよね・・・。最後の現代の辺りは正直この世界観には不要かな、と思ってしまいました。あと、中のイラストがどうも苦手でした・・・。
すずな
2010年07月14日 12:54
>苗坊さん
桜庭ワールド堪能。って感じでしたね。
短いながら、余韻に残る作品でした。
すずな
2010年07月14日 12:56
>べるさん
ちょっと残念な読書だったんですね^^;たしかに桜庭さんって何世代にも亘る作品が多いですね~。
実は私もイラストはちょっと苦手だったんです^^;なので、感想ではイラストには触れてません(笑)
2010年07月14日 21:10
真面目なんだか不真面目なんだか、相変わらず食えない作家さんだなぁ、と思いました。
あえてあのイラストを配するところが、これまた食えない感じで。
あと、「美しいことは幸せとはかぎらない」というのは、桜庭さんの主要テーマの一つな気がしました。
すずな
2010年07月15日 12:33
>香桑ちゃん
そうそう!桜庭さんって真面目なのか不真面目なのか、どっち!?って感じだよねぇ^^;そこが魅力なんだろうけどね(笑)
イラストはイマイチ私の趣味じゃなかったのよねぇ^^;;;

「美しいことは幸せとはかぎらない」って、確かに桜庭さんの作品では感じることだね~。言われて気付いた!
2010年10月06日 00:02
すずなさん、こんばんは(^^)。
残酷で、哀しくて、美しい。
まさにそういう物語だったと思います。
あの一族、どうやって子供を残したんだろう。。。と思う人たちもいましたが(^_^;)。
そこを邪推するのが、ちょっと楽しかったです。
(↑私こそ不道徳?)
すずな
2010年10月07日 12:38
>水無月・Rさん
あぁ、そうですね。「残酷で、哀しくて、美しい」そんな作品でしたね~。
不道徳?いやいや。邪推したくなるお気持ち、よーく分かります!

この記事へのトラックバック

  • 道徳という名の少年 桜庭一樹

    Excerpt: 道徳という名の少年クチコミを見る 「1,2,3,悠久!」町一番の美女が父なし子を産んだ。誰が父親なのか、町の人間は調べようとするが、分からない。美女が産んだ4人の子供は母親である美女の生き写しで、父.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-07-13 00:43
  • 桜庭一樹/「道徳という名の少年」/角川書店刊

    Excerpt: 桜庭一樹さんの「道徳という名の少年」。 町でいちばんの美女が産み落としたのは自分とそっくりの四姉妹、1、2、3と悠久。四人の 姉妹はすくすくと素晴らしい美女に育ったが、ある日母親が商人と恋に落.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-07-13 07:18
  • 道徳という名の少年

    Excerpt:  桜庭一樹 2010 角川書店 豪華であやうい。野田仁美による装画や挿画に惹かれて手に取る人もいるだろうが、私は桜庭の小説だからこそ手に取った。ちょっと皮肉な文章を書く、この小説家が、タイトルに道徳と.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2010-07-13 10:53
  • (書評)道徳という名の少年

    Excerpt: 著者:桜庭一樹 道徳という名の少年(2010/05/11)桜庭 一樹商品詳細を見る 町でいちばん美しい女が、父のわからない娘を生んだ。1、2、3、�... Weblog: 新・たこの感想文 racked: 2010-07-29 02:01
  • 『道徳という名の少年』/桜庭一樹 ○

    Excerpt: 良くも悪くも、桜庭ワールドだなぁ・・・というのが第一印象。 淫靡で甘くまとわりつくような、それでいて砂のように乾いている、一族の歴史。喧しいのに、静かに流れて行く時代。 とても、桜庭一樹さんらしい.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-10-05 23:52