オー!ファーザー(伊坂幸太郎)

面白かった!
最近、伊坂作品は私的にイマイチ感を感じる作品が続いてたんですが、これは良かった。久しぶりにスッキリした読後感を感じる事が出来た伊坂作品でした。

著者あとがきで、「ゴールデンスランバー」までを第一期、それ以降を第二期として、この作品は第一期最後の作品という位置付けになると書かれていました。・・・納得。「ゴールデンスランバー」以降、私的にイマイチな作品が続いていたんだけど、この作品は久々に「あ~これよ、これっ!」と大喜びしながら読んだんですよね。そういうことだったのかぁ。ということは、こういうお話はもう読めないってこと?うーーん。最近の伊坂作品でテンションをあげられなかった私としては、それはちょっと困るというか、かなり残念というか、えぇーっ!?と驚愕なんだけど;;;むー。


え~気を取り直して。
この作品は、私が大好きな伊坂作品!って感じでして。ユーモアに溢れ、緊迫した場面なのに淡々と綴られる文章、そして、見事に張り巡らされた伏線の数々、その伏線が最後にカチリとハマル爽快さ、などなど魅力満点な作品でした。途中までは、まぁダレダレって感じな読書ではあったんだけど(笑)、後半はもう怒涛のような展開でして。もうね、途中でやめることなんて出来なくなって、最後まで一気読み。夢中になって読みました。

とはいっても、展開を読めた部分もあるにはあって、予想通りに進んだ部分もあったんだけどね。でも、そこがマイナス要因にはならずに「おぉ!やっぱりね~♪」と予想が当たって嬉しくなったので良し。・・・相変わらず、自己中な読者です;;;

あ~内容に触れると、色々とネタバレになりそうなのであまり書けないなぁ。ということで、短め感想で(笑)

久々にとーーーっても楽しめた伊坂作品でした!今後もこういう作品を書いて欲しいなぁ・・・。



(2010.05.04読了)




オー!ファーザー
新潮社
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

べる
2010年05月12日 07:14
うんうんうん。全く同じ感想です。私も読みながら「そうそう、こういう伊坂さんが読みたかったのよー!」って思いながら読んでました。キャラ造詣や軽妙な会話が楽しく、くすくすニヤニヤしながらの読書でした。ストーリー展開は確かに読みやすいのですが、その予定調和が気持ち良いんですよね。第一期最後の作品ってことですが、またこういう作品が読みたいですよね。多分多くのファンがそういう声を伊坂さんに届けているのではないかと思います(苦笑)。
すずな
2010年05月13日 12:46
>べるさん
久しぶりに伊坂作品を読みながらテンションが上がりましたよね~!
本当にまたこういう作品を書いて欲しいですね!
苗坊
2010年07月09日 23:53
こんばんわ。
とても面白かったです!
これぞ伊坂さん!待ってた!と思っていたのですが。
一応の第1期終了・・・
2期?の方も伊坂さんっぽいんですけど、やっぱり何か違うんですよねぇ。これからどうなるか、楽しみやら心配やら・・・。
この作品はとても面白かったです^^
由紀夫と4人の父親と母親が、みんな素敵でした。
すずな
2010年07月12日 12:45
>苗坊さん
そうそう!もうまさに「これぞ伊坂さん!」って感じの作品で、面白かったですよね~♪
4人の父親に初めはどうなることかと思いましたが、それぞれ個性的で由紀夫への愛が溢れてて、そんな父親と付き合える母親も素敵でしたね。
それにしても、今後がどんな作風になるのか…不安と楽しみとが入り混じってしまいますね。どうなるんでしょう。ドキドキ。
2011年04月09日 17:48
すずなさん こんにちは
ズバリ!伊坂さんらしい作品でしたね!!
面白かったけど、ちょっと前置きが長かったかな 笑
すずな
2011年04月11日 12:35
>yoriさん
これぞ、伊坂作品!という感じでしたね~!その前に読んでたのが私的にはイマイチだったので、読み始めてすっごく嬉しく思いました。
あ、そうですね。前置きが長かったのは確かにありましたね(笑)
2011年08月23日 22:17
すずなさん、こんばんは(^^)。
伊坂さんらしい、複雑な展開で色んな伏線があって、キッチリ回収されて・・・という、いい物語でしたよねぇ!
楽しかったです。
お父さんたちがカッコよくて、でも四六時中そんなお父さんたちに囲まれてる由紀夫は大変だよねぇ・・・と思いました(笑)。
すずな
2011年08月25日 12:33
>水無月・Rさん
これぞ伊坂作品!と言えるような作品でしたね~。色んな伏線が張り巡らされ、それを見事に回収!本当に楽しかったですね~。
たしかに由紀夫にしてみれば、あんなお父さんたちに囲まれて暮らすのはすごく大変でしょうね~。読んでる方としては楽しかったですけど(笑)

この記事へのトラックバック

  • 伊坂幸太郎/「オー!ファーザー」/新潮社刊

    Excerpt: 伊坂幸太郎さんの「オー!ファーザー」。 平凡な高校二年生の由紀夫は、6人家族だ。内訳は、一人の母親と、一人息子の由紀夫と、四人の 父親。血が繋がっている父親が誰かは今もってわからない。DNA鑑.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-05-12 07:09
  • オー!ファーザー 伊坂幸太郎

    Excerpt: オー!ファーザークチコミを見る みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もい.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-07-09 23:36
  • オー!ファーザー<伊坂幸太郎>-本:2010-36-

    Excerpt: オー!ファーザークチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2010/03) # ISBN-10: 4104596043 評価:88点 内容(「BOOK」データベースより) みんな、俺の話を聞いたら.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2010-09-08 21:21
  • 【オー!ファーザー a family】 伊坂幸太郎 著

    Excerpt: 他の父親って何? 誰の父親のこと?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2010-10-15 10:43
  • 伏線の妙

    Excerpt: 小説「オー! ファーザー」を読みました。 著書は 伊坂 幸太郎 4人の父親がいる高校生の主人公 変な事件に巻き込まれて・・・ あとがき でも書いてあったが 最近の Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2010-11-16 23:30
  • 『オー!ファーザー』/伊坂幸太郎 ○

    Excerpt: ちょっとできのいい、普通の高校生・由紀夫。母一人子一人だが、ちょっとそれ以外が複雑(笑)な家庭。 そんな彼が巻き込まれた複雑?な事件の顛末。いやぁ、伊坂幸太郎さんらしい、あちこちに広がる事件、怒涛の.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2011-08-23 22:07
  • オー!ファーザー  伊坂 幸太郎

    Excerpt: オー!ファーザー (新潮文庫) 4人の父親達とその息子の話。 父親4人の キャラクター設定が巧み。 4人の父親達、 それぞれが息子を愛する心、 息子も父親達を頼りにし大事に思う心が 読み取.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-03-03 23:34