Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS いのちなりけり(葉室麟)

<<   作成日時 : 2010/05/06 05:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ちょっと前に読んだ「花や散るらん」の前作。

主人公夫婦の物語なんですが、後日談を先に読むって言うのはやっぱイカンな〜;;;と、改めて実感しちゃいました。この夫婦が、すれ違いやら困難を乗り越えて目出度く結ばれたってのが分かってて、そのすれ違いとか困難とかのお話なんですけどね。なんだかんだあって目出度く結ばれたってこととか、「なんだかんだ」ってのがおおよそどんなことだったのかってのを知ってて読むと・・・ねぇ。ツマラナイものですねぇ;;;・・・あ、言っちゃった(笑)後日談を知ってるって言っても、ミステリじゃないから大丈夫かなーと高を括ってたんだけども、やっぱ、こういうものは順番に読むのが一番いいんだな、と思いました。

あ、でもね。そういう部分を抜きにすると、結構、面白かったんですよねー。「花や散るらん」は忠臣蔵を別の側面から見たお話だったんだけど、この作品もそういう感じでして。夫婦の目を通して見た将軍綱吉時代のお話で、島原の乱とか水戸光圀や柳沢保明とか、自分の知っている歴史ではあるんだけど、今までと視点を変えると同じことでも違ったもののように見える。なるほどー、そういう見方もあるんだなーと裏話を教えてもらってるような、そんな面白さを感じることが出来ました。

でも、これを歴史小説とは言いたくない。これはですね、ずばり「恋愛小説」ですね(笑)ただひたすら一人の女を想い続ける男の物語。もうね、その切なさにきゅーんとなりましたよ。歴史好きな私ですが、そういう部分もとっても楽しめたんですが、それよりも何よりも恋愛方面に惹かれてしまいました。

と、いろんな意味で楽しめる作品でした。でも、やっぱり作品は順番通りに読むのが一番です(笑)





(2010.05.02読了)



いのちなりけり
文藝春秋
葉室 麟

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いのちなりけり(葉室麟) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる