魔法使いの弟子たち(井上夢人)

井上さんの久々の新作長編!
うわーいっ、と喜んだものの、このタイトルですよ。「え;;;井上さんが児童書のファンタジー?」と、読むのをちょっと躊躇したのでした。帯を読んですぐにその勘違いには気づいたので良かったんですけど。もうね、タイトルから騙されるとは・・・。って、単なるの私の勘違いなんですけどね~(笑)ま、ファンタジーも好きなので、ちょっと慄きつつもシッカリ読んだんだろうとは思うけどさ。でも、井上さんでファンタジーってのはいまいちピンとこないのは確かですね。

山梨県内で発生した、感染率が強く致死率が100%に近い「竜脳炎」。感染した患者はほぼ死亡する中、4人が生還する。そして、一人の意識不明者を除いた3人は、徐々に不思議な力を獲得していることに気づき・・・。

面白かったーっ!夢中で読んだ。

3人の獲得した力を、医者達が「後遺症」と位置付けてすんなりと受け入れたり、意識不明が続く彼の扱いとかには、「どうよ?」な気分にもなったんだけど、そこはシッカリ伏線となってまして。あ~そういうことだったのか!と、最初にちょっと引っ掛かりを感じた部分は、後で納得できました。

・・・あれ、感想が上手く書けないなぁ;;;あんまり書くとネタバレになっちゃうしなぁ。。。難しいぞ、これは。


途中からすんごい展開になってきて、これって最後はどうなるんだ?と思ってたんですが、「そうきたかーっ!」なオチになってまして。私的には”あり”だったんだけど、「はぁっ!?」と思う方もいらっしゃるような気がします。賛否が分かれそう。

えーと。上手く感想が書けません。ということで、かなり短め感想になっちゃいました。

と、とにかくっ!久々の井上さんの長編は、とーーーーっても面白くって楽しめました!・・・と力説すればするほど、説得力がなくなるような気もしますが(笑)
私的には大満足。次は、もうちょっと早く新作を読めるといいなぁ・・・。



(2010.04.27読了)



魔法使いの弟子たち
講談社
井上 夢人

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

べる
2010年09月10日 06:56
読もうか迷ってた作品だったのですが、すずなさんの記事を読んでこれは読まねば!と予約を入れてやーっと回ってきました。長かったですが、ぐいぐい読めて面白かったです。ただ、若干腑に落ちない部分があったのが残念だったのと、すずなさんとは逆でオチにはがっかりしました・・・^^;でも、基本的には面白く読めました^^ご紹介ありがとうございました~♪
すずな
2010年09月10日 17:10
>べるさん
わぁ!嬉しいお言葉をありがとうございます♪
長かったんですが、面白くって一気に読んじゃいましたね。でも、最後のオチはだめでしたかぁ^^;このオチは賛否が分かれそうだよなぁと思ったんですよねー。
それでも、面白く読んでいただけたようで良かったです。こちらこそ、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 「魔法使いの弟子たち」井上夢人

    Excerpt: 魔法使いの弟子たち(2010/04/02)井上 夢人商品詳細を見る 山梨県にある竜王大学医学科付属病院で発生した謎の院内感染。フリーライターの仲屋京�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2010-06-12 22:02
  • 井上夢人/「魔法使いの弟子たち」/講談社刊

    Excerpt: 井上夢人さんの「魔法使いの弟子たち」。 山梨県内で発生した致死率100パーセント近い新興感染症。生還者のウイルスから有効なワクチンが 作られ拡大を防ぐが、発生当初の<竜脳炎>感染者で意識が戻っ.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-09-10 06:50