和菓子のアン(坂木司)

待ちに待っていた坂木さんの久々の新刊。連作集。

期待を裏切らない面白さにテンションが上がりました!そして、これは・・・キケンです!キケン信号ぱかぱかぱかぱかっ!っと点滅しまくりです(笑)舞台はデパ地下の和菓子屋さん。で、そこに訪れるお客様や、従業員を巡る「日常の謎」。シツコイようですが、和菓子屋さんですよ!季節毎の和菓子や和菓子にまつわる沢山のウンチク。・・・和菓子、た・べ・たーーーーーいっ!!となるのは必至です(笑)元々、和菓子も大好きなワタクシ。季節毎の上生菓子の説明を読みつつ、妄・・・想像は膨らむばかり。冗談じゃなく涎出そうでした;;;

高校卒業後の事を何にも決められずにいた梅本杏子は、母の教育の賜物?か、食べる事が大好きな、ちょっとふくよかな18歳。訪れたデパ地下の求人広告を見て和菓子屋「みつ屋」で働く事になる。見た目は素敵なのに内職で株にはまってる椿店長や、黙ってればカッコイイのに実は乙女な立花くん、同じバイト仲間の元ヤンキーの桜井さんという個性豊かな人々に、お客様が持ち込む謎と、刺激がいっぱい・・・。

いや~面白かったです。和菓子を使った坂木さんらしい「日常の謎」の数々。くーっ!と唸ったり、ふむふむと興味深く読んだり、なるほどーっ!と膝を打ったり、思わず涙ぐんじゃったり、ニッコリ笑顔になれたりと、本当に楽しい読書となりました。和菓子って日本に昔からあるお菓子だけあって、いろんなエピソードが詰まったお菓子なんですね~。そういう和菓子の歴史みたいなものが読めたのも良かった。

あとですね、主人公の杏子ことアンちゃんの苗字は梅本さんで、お母さんが同じ商店街の「新井クリーニング店」で働いている!?・・・のーーーっ!と叫びましたよ、思わず(笑)おまけに名前だけですが「はちさん便」なんて宅配便もあって。こういう他作品とのちょっとした繋がりも嬉しいですね~。名前が出てきただけでも、ちょっとテンションが上がっちゃいます。

最後はなんだか立花くんとアンちゃんがいい雰囲気~♪と思ったのは私だけでしょうか。「和菓子は、アンがなくっちゃはじまらないんだから」なんて、すんごい殺し文句!だと思ったんですけど・・・。どうなんでしょうね。この二人のコンビっていいと思うんだけどな~。と、最後までテンションあがりっ放しの読書となりました(笑)この作品、是非ともシリーズ化して欲しいもんです。

・・・でも、もし続編を読む時には時間帯を考えて読むようにしよう。夜中に読むのはかなりキケンだもん。いや、夜中なら開いてる和菓子屋さんがないから、逆にそっちの方がいいのかな~(笑)あぁ、こうやって書いてたら和菓子が食べたくなってきた;;;




・和菓子のアン
・一年に一度のデート
・萩と牡丹
・甘露家
・辻占の行方


(2010.05.17読了)




和菓子のアン
光文社
坂木 司

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

2010年05月24日 16:01
うわー。危険がいっぱいそうだけど、面白そう♪
積読山をこれ以上増やさないように自重自重……と呪文を唱えました。
すずな
2010年05月25日 12:59
>香桑ちゃん
ふふふ。危険ですよー!でも、面白いよーーっ!!
と、天使の囁き(笑)
2010年05月28日 23:55
こんばんわ^^
わたしも読みました。
面白かったです~。
読み終えた後に、和菓子屋さんに走りたくなりました。
キャラクターも皆さん強烈ですよね^^;
でも、椿さんも立花君も桜井さんもとても素敵でした。
立花君とアンちゃん、いい感じでしたよね。
わたしも、あの台詞は凄い殺し文句だと思いました。
そんな事いわれたら、本望ですよね^^
そして、新井クリーニングが登場したのはビックリしました。
リンクって嬉しいですよね^^
すずな
2010年05月30日 07:50
>苗坊さん
久々の新刊は「待った甲斐があった!」と思える作品でしたね~♪でも、和菓子が食べたくなるのはキケンですね(笑)
立花くんのあのセリフは殺し文句ですよね~!その後の二人がとっても気になります。続編が読みたいもんです。
あと、他作品とのリンクも楽しいですね♪
べる
2010年06月23日 01:08
ほんとに、どこもかしこも危険だらけでした・・・。和菓子めちゃくちゃ食べたくなりました・・・っていうか、これ読んで食べました!(笑)
アンちゃんの前向きで明るいキャラにほんわかしちゃいました。ふっくら大福のようなほっぺをつんつんしてみたい~。
あ、私もラスト、立花さんといい雰囲気?って思いましたよ。続編読みたいですね~。
すずな
2010年06月23日 12:49
>べるさん
ホント危険なお話でしたね(笑)実は私も食べちゃいました^^;
あ~アンちゃんのほっぺ!私もつんつんしてみたいです!立花さんとの関係など、是非とも続編が読みたいですね。
2010年11月25日 22:24
すずなさん、こんばんは(^^)。
初っ端に草大福食べつつ読書を告白をしてしまった、水無月・Rでございます(笑)。
立花さんと杏子は、友情なのか恋になるのか・・・?!って気になりますよねぇ。
続編は、あるのかしらん。あるといいな!
和菓子屋さんにパートに行きたくなりました♪
すずな
2010年11月26日 13:02
>水無月・R
あらまぁ!水無月・Rさんは和菓子を食べながらの読書だったんですね~(笑)
アンちゃんと立花くんの今後がすごぉーく気になってます^^;私的には恋愛希望!なんですが、友情ってこともありえますねぇ…。

この記事へのトラックバック

  • 和菓子のアン 坂木司

    Excerpt: 和菓子のアンクチコミを見る オススメ! 「和菓子のアン」 梅本杏子は高校を卒業後の事を何も考えられずにいた。職探しをしていたデパートで、和菓子屋さん「みつ屋」で働く事に決める。まだ仕事に慣れてい.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2010-05-28 23:54
  • 坂木司/「和菓子のアン」/光文社刊

    Excerpt: 坂木司さんの「和菓子のアン」。 高校を卒業して、やることもなくニートの道をつき進んでいた杏子ことアンちゃん。このままじゃ まずいと取り敢えずアルバイト先を見つけようと、飛び込んだのは東京百貨店.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-06-23 01:05
  • 「和菓子のアン」坂木司

    Excerpt: 「和菓子のアン」坂木司(2010)☆☆☆★★[2010048] ※[913]、国内、現代、ミステリー、連作短編集、和菓子、デパート、フリーター、ニート、薀蓄、お仕事 私、梅本杏子。18歳。身長.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2010-07-04 18:36
  • 「和菓子のアン」坂木司

    Excerpt: 和菓子のアン(2010/04/20)坂木 司商品詳細を見る 手に職はない。かといって専門学校に行くほど好きなことも見つかっていない。でも、大学に行きたいって思うほど勉強が好きじゃないし、いきなり就職.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2010-11-14 11:30
  • 『和菓子のアン』/坂木司 ◎

    Excerpt: 和菓子はいいよねぇ~♪草大福、大好き。 もちろんこの作品も、草大福をほおばりながら、美味しく読ませて頂いちゃいました。 と言いつつ私、坂木司さんの作品、あんまり読んだことなかったんですよね。でも、.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-11-25 22:11
  • 坂木司 和菓子のアン

    Excerpt: やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた.. Weblog: マロンカフェ ~のんびり読書~ racked: 2011-08-30 14:13
  • 『和菓子のアン』

    Excerpt:  坂木司  光文社  坂木司の得意技、日常の謎と食べ物。  途中で涙ぐみつつの読後感は、「あれ?」。  しばし考えてわかった。  今回は、えぐる要素がない。  坂木司は、時として癒し的な要素を持ち.. Weblog: blog mr racked: 2011-10-01 08:33
  • 「和菓子のアン」/坂木 司(光文社文庫)

    Excerpt: 「和菓子のアン」/坂木 司(光文社文庫) 坂木さんの本は以前にも読んでいます。 「青い卵」とか、「ワーキング・ホリディ」、「シンデレラ・ティース」、「ホテルジューシー」など。 特にあとの3冊.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-09-10 12:19
  • 和菓子のアン・坂本 司

    Excerpt: 和菓子のアン (光文社文庫)坂木 司 光文社 2012-10-11売り上げランキング : 4652Amazonで詳しく見るby G-Tools ほんとならこの人の今までのミステリーを読ん.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2013-09-12 13:53