Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の結婚に関する予言38(吉川英梨)

<<   作成日時 : 2010/05/22 08:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第3回「日本ラブストーリー大賞」エンタテインメント特別賞受賞作。

職場の貸本ルートから回ってきた本。いや〜自分ではこういうタイトルの本には手を伸ばさないですねぇ(笑)ということで、かなり躊躇しながら読み始めたんですが、これが意外や意外!面白かった。・・・と言いつつ、前半部分を読むのに2〜3ヶ月くらいかかったんだけど(笑)でも、後半になったら止められなくなってそのまま一気読みでした。

「エンタテイメント特別賞」ってのがね、あ〜まさにそんな賞に相応しい作品だな〜って感じです。展開がジェットコースターのように次々と進んでいくのはもちろん、「はぁっ!?」みたいな方向にいっちゃうんだもん。おまけに設定が壮大すぎる(笑)まさに、TVドラマとか漫画のようでした。

そして、主人公がねぇ・・・なかなか行動力があるっていうかなんていうか(笑)インドで、占い師に「29歳で結婚する」「キーワードは38」と予言されてから、その予言に振り回されまくる。「29歳」とか「38」という数字にコロリと騙される。疑うってことがない。そして、惚れっぽい。読んでるこっちが「もうちょっと慎重に・・・」と心配になるくらいでした。でも、そこら辺がね、「どうなるの?」「え?これはどう展開するの?」と先が気になって、後半は一気読みになちゃった原因?ではあると思うので、この作品の魅力ではあるんだと思います。あ、好意的な意味で。実際、そういう部分は面白く読めたし。

そういう風に軽ぅ〜〜く読める小説ではあるものの、なかなか考えさせられる面もあって。介護問題とか、安楽死とか。かなりシビアでリアリティのある部分もあって、ただの「お手軽小説」とは言えない作品でもありました。そういう部分はとっても読み応えがあった。

軽い部分と重い部分が上手くバランスが取れていて、とっても楽しめる作品でした。



(2010.05.15読了)




Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私の結婚に関する予言38(吉川英梨) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる