ひまわり事件(荻原浩)

うっくくくくっと笑って、ひょーと驚いて、最後はしんみり・・・そんな物語でした。

有料老人ホーム「ひまわり苑」と隣接する「ひまわり幼稚園」。入居者のジジババと幼稚園児たちが起こす事件。

もうね、幼稚園児の言動が可笑しすぎて、最初は笑いっぱなしでした。幼稚園児だった頃って、自分もそうだったんでしょうか?まあね、世間は本当に狭いし、情報も少ないし、その少ない情報すら正しく理解できてるとは言い難いもんね~。幼稚園児の誤解が招く連鎖の数々。そ、そっちにいくかーっ!と突っ込んだり、あ~なるほどね~そうかもねーっ!と、かなり笑わせてもらいました。そして、その幼稚園児たちと交流を深めていくジジババ達も、幼稚園児に振り回されたり、逆に振り回したりと、読んでて本当に楽しかった。幼稚園児もジジババもそれぞれ個性的だったし。

でも、その楽しい時間もいつまでも続くものではなくって。元過激派学生だったとあるおじいちゃんの行動が発端となって、幼稚園児たちを巻き込んだ大きな事件へと発展していく・・・。「事件」が起こるってのは分かってたけど、もっとほのぼの~とした事件だと思ってたんだよねぇ。それが、あんな・・・;;;おまけに、元過激派ですよ!「えぇっ!?」と、か~な~りビックリしました。そして、おじいちゃんの必死さと幼稚園児たちの無邪気さが相まって、なんとも切ない気持ちにもなりました。

ラストは、一面に広がるひまわり畑を想像して思わず微笑んでしまいましたが、でもね、「そんなぁ・・・」とがっかりなこともあって。思わずしんみり。もう少し早く・・・と思わずにはいられませんでした。

ふたつの離れた世代が上手に組み合わされていて、とっても楽しい読書となりました。見事に描いた著者に拍手。



(2010.02.25読了)



ひまわり事件
文藝春秋
荻原 浩

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【ひまわり事件】 荻原浩 著

    Excerpt: 勇気あふれる熱血幼老物語・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】実行犯は、ジジババと幼稚園児?隣接する有料老人ホーム「ひまわり苑」と「ひまわり幼稚.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2010-03-19 17:10
  • 荻原浩『ひまわり事件』

    Excerpt: ひまわり事件荻原 浩文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『ひまわり事件』を紹介します。ひまわり幼稚園&ひまわり苑で繰り広げられる幼老小説でしょうね。最後は、ひまわり苑で立てこもり事件がお.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-12-12 23:29