南の子供が夜いくところ(恒川光太郎)

・・・あり?なんだかちょっと・・・ねぇ;;;

と、そんなことを思った連作短編集でした。舞台が日本ではなく、南の島だったからでしょうか。なんというかですね、あの独特の雰囲気を醸し出していた「恒川ワールド」っていうものが薄れちゃったような、そんな印象の作品でした。

南の島を舞台に紡がれる不思議な物語。それぞれの作品は、それぞれ面白かったりもしたんですが、「恒川作品」という目で見ると、うーーん;;;と唸らずにはいられない。あの、美しく、どことなく物悲しさを感じるような作風が影を潜め、「堪能した」という言葉は使えない作品となっていました。そう言う意味では期待はずれというかですね、残念だなー;;;と思っちゃいます。あの独特の世界を堪能したかった。堪能し尽くしたかった。

ユナという不思議な女性を軸に、いくつもの時代の物語を描いていく。連作短編集といいつつ、作風というかジャンルがそれぞれ違っていて、連作集ではあるんだけど、単独の短編を読んでるような印象を受けました。なので、好きなものもあり、ちょっと合わないなーというものもあり。特に最後のお話はちょっと・・・;;;

あ、そのお話でお父さんは分かったけど、お母さんはどうなったんでしょうね?気になってみたり。そして、最初で語られたタカシは数年後の姿だと思うんだけど、そこに到るまでのお話がなくって、そこも残念だったなー。最後まで読んでも、最初に繋がらないんだもん。あのプロローグの意味はなんだったんでしょね。

と、ちょっと辛口気味な感想になっちゃいました。私的にはちょっと期待はずれだったんですもん。しょうがないかな。次作では、またあの美しく、物悲しい恒川ワールドを堪能できる事を期待したいです。



・南の子供が夜いくところ
・紫焔樹の島
・十字路のピンクの廟
・雲の眠る海
・蛸漁師
・まどろみのティユルさん
・夜の果樹園


(2010.03.20読了)



南の子供が夜いくところ
角川書店(角川グループパブリッシング)
恒川 光太郎

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

べる
2010年03月22日 08:31
うんうんうん、と何度も頷いてしまう記事でした。私も独特の恒川ワールドが薄まってしまって残念に思いました。連作形式の割に、作風にバラツキがあるせいで散漫な印象がありましたし。『紫焔樹~』なんかは非常に好みの話だったのですが。私もラストのフルーツのやつはシュール過ぎて好きになれなかったです。こういう短編集なら恩田さんとか他に書き手がいくらでもいるし、恒川さんにはもっと独自のカラーで勝負してして欲しいな、と思ってしまいました(黒べ)。
すずな
2010年03月23日 05:27
>べるさん
そうなんですよー。恒川ワールドを堪能できなくって残念な作品でしたよね;;;連作集という割りには作風もばらばらでまとまりがないっていうか・・・。
期待が大きかった分、ガッカリ度も大きかったですね^^;
2010年12月03日 22:15
すずなさん、こんばんは(^^)。
うわ~、全く同じです。
あの郷愁が感じられなくて、残念でした。
お父さんはともかく、お母さんはどうなったんでしょうねぇ・・・。
もしかして続巻があるのかしらんという気もしますが、出来ればあの物悲しくも美しい世界を読みたいですね~。
すずな
2010年12月04日 12:39
>水無月・Rさん
今までの恒川作品とはちょっと趣が違ってましたよね。それも、残念な方に…^^;
そうそう!お母さんがどうなったのか気になりますよね~。ちょっとでもいいから触れてほしかったですね。
続編ですかぁ…。そう言われるとありそうな気もしますが、でも、それを手に取るかどうかが…^^;;;
最近、短編集が出たんですが、こっちはおススメですよ!落ち着かれたら、ぜひ、お手にとって見てくださいね~。
2014年03月13日 22:47
皆さん 辛口な感じで 笑 僕にとっては久しぶりの恒川氏、異界風との決別的な感じが案外良かったです。
すずな
2014年03月14日 12:49
>yoriさん
なるほどー!
私的には、ちょっと・・・と思える作品でした。それまでの恒川作品と趣が違ってて戸惑った部分もあったとは思うんですけどね^_^;

この記事へのトラックバック

  • 恒川光太郎/「南の子供が夜いくところ」/角川書店刊

    Excerpt: 恒川光太郎さんの「南の子供が夜いくところ」。 夏、両親に連れられ湘南のホテルに宿泊に来た11歳のタカシ。しかし、両親の真の目的は海水浴 ではなく、借金を苦にした一家心中だった。タカシたち一行は.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2010-03-22 08:20
  • 「南の子供が夜いくところ」恒川光太郎

    Excerpt: 南の子供が夜いくところ(2010/02/27)恒川 光太郎商品詳細を見る 南国の島、トロンバス島を舞台にした連作集。異界は異界でも、すぐ隣にありそう�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2010-06-12 22:04
  • 『南の子供が夜いくところ』/恒川光太郎 ○

    Excerpt: あれ~?なんか違うなぁ・・・。 南の島が舞台だからか、微妙に物語の世界観が期待してたものとズレてる・・・。 恒川光太郎さん特有の仄かな寂しさを湛えた異界の気配が・・・しないような。 いえ、ファン.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-12-03 21:51
  • 再会したのは違う人

    Excerpt: 久しぶりの恒川光太郎である。 「夜市」(特に併載されていた風の古道がいい)や 「雷の季節の終わりに」で 恒川さんに魅せられていたのだが、 その後、僕の好みとは相容れない ... Weblog: 活字の砂漠で溺れたい racked: 2014-03-13 22:44