ヘヴン(川上未映子)

…うーーーーーーむ。うむむむむむ。

と、唸りながらの読書でした。…たぶん(笑)
だって、1か月近く前に読んだ本の感想だよ、これって。自業自得とはいえ、これはかなり大変な作業になりそうです;;;むむむ。

え~今も唸りながら打ってますが、読書中も結構、唸ってました。いや~芥川賞って、やっぱ鬼門だわ!と、再々々々・・・認識しました。何度やっても懲りない私(呆)合わないだろうなぁ…とは思いつつ、本屋大賞にノミネートされたりすると、ついウッカリ手を出してしまいます。んで、毎回のように「やっぱりダメだった;;;」となってるんだよねぇ。いいかげん、学習しなきゃなぁ。

ということで、どうにもこうにも…な読書となりました。イジメられてる男子中学生が主人公なんですよね。で、陰湿なイジメの様子が延々と綴られているって感じでして。もうね、暗いし、重いし、文章は合わないしで、読み進めるのがかなり苦痛でした。でも、女生徒と心を通わせたりもして、希望の持てるラストになるのかと思いきや・・・。

やるせない。ひじょーにやるせない結末。「本屋大賞」っていったら、明るくて、出来れば中高生に読んでほしくって、誰でも夢中で読めちゃう作品ってイメージを持ってたので、そのイメージを180度覆されました。この作品を本屋さん(にお勤めの方々)は「誰か勧めたい!」って思ってるってことなんですよね?ん~~どうして??正直、私には分かりませんです。


(2010.02.11読了)


ヘヴン
講談社
川上 未映子

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 善悪

    Excerpt: 小説「ヘヴン」を読みました。 著書は 川上 未映子 2010年本屋大賞第6位 善と悪について そんなことを考えさせられる いじめから見えてくる いじめがテーマではないと思う あくまでそれは1.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2010-05-26 23:18
  • 川上未映子(著)「ヘヴン」★★★★★

    Excerpt:  「第20回紫式部文学賞」受賞作、川上未映子の長編小説「ヘヴン」  川上未映子にしか書けない傑作です。 ヘヴン価格:1,470円(税込、送�... Weblog: 子育てパパBookTrek(P-8823) racked: 2010-09-29 17:29