セレモニー黒真珠(宮木あや子)

うわー、面白かった!

デビュー作とはまたガラリと毛色の違った作品でした。葬儀屋を舞台にしたラブコメ連作短編集。

先日読んだ作品は江戸末期の吉原が舞台で、今回は葬儀屋が舞台。たまたまだたのか、それとも宮木さんってこういう特殊な世界を描くのが得意な作家さんなんでしょうか。どちらにしろ、素人にも分かりやすく、そして、すんなりとその特殊な世界へと誘うような筆致に、気づくと夢中で貪り読んでいました。

20代なのに40代に間違われるシッカリものの29歳女性の笹島に、特殊体質?な26歳メガネ男子の木崎、そしてワケアリ新人派遣社員21歳女性の妹尾。この3人を中心に描く葬儀屋の物語。

それにしても、「花宵道中」とは雰囲気がまったく異なってて、最初は驚きましたね~。でも、全く違和感というかそういうものは感じる暇も無く、この作品世界に引きずり込まれてしまったんですよね(笑)や~ホント面白かったです。

葬儀屋の仕事も垣間見れつつ、それよりもメインは3人の人間模様。3人それぞれが大なり小なりの事情を抱えていて、その事情がとある葬儀によって明かされていく。葬儀が舞台な上にかなり重い事情もあったりするんだけど、そこまで重苦しい雰囲気にはならない。そして、最後は思わずホロリと泣かされたりもしちゃって・・・。

そうそう!木崎の恋の行方も気になりました(笑)ちょっと頼りなさげなメガネ男子なので、このまま一方通行で終わるのかと思いきや、意外や意外の展開でして。えーっ、笹島さん、ホントにいいのっ!?と心の中で突っ込みつつ、まぁ、こういうカップルもいいのかなと、最後は心から祝福させていただきました。・・・なんか、エラそうな私(笑)

ラスト2編は、葬儀屋の3人ではなく、彼らと関わった人をメインにしたお話で、私的にはその2編の方が好きでした。木崎の妹をメインにしたお話は、妹という身近な人から見た葬儀屋さんの様子が垣間見れた上に、木崎の恋の進展具合に驚かされたりもして。いや、ホントにビックリさせられたよーっ。そして、ラストのお話。これは特に好き。最後はもうね、本の中から「パズーのラッパ」の音が聴こえてきたような、そんな気がして・・・。いや、もちろん空耳でしょうけど(笑)もうね、シッカリ泣かされてしまいました。

なんだか、すっかり宮木さんにハマっちゃいました。あ~またしても、追いかけたい作家さんが増えちゃったよー;;;と、嬉しい悲鳴です。。。



・セレモニー黒真珠
・木崎の秘密
・主なき葬儀
・セレモニー白真珠
・あたしのおにいちゃん
・はじめてのお葬式



セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)
メディアファクトリー
宮木 あや子

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

2010年02月05日 22:36
すずなさん、こんばんは(^^)。
宮木さんの描く『閉塞された世界のままならぬ想い』も良いですけど、こういうコメディタッチのお話も良いですよね~。(『野良女』はちょっとブッ飛びすぎでしたが(笑))
セレモニー黒真珠に働きに行きたくなりました(^_^;)。
いえ、決して木崎(トホホ系眼鏡男子)目当てではありませんよ!いや、トホホ男子は愛おしいけど♪
すずなさんの記事を読んで、また読み返したくなりました~!
すずな
2010年02月06日 05:28
>水無月・Rさん
「花宵道中」とは趣が全く違ってましたが、こちらはこちらでいいですよね~。すっかり宮木さんにハマってしまいました。
あ、私もセレモニー黒真珠に行きたくなりました!トホホ系眼鏡男子の木崎くんにも会いたいです~(笑)
2012年01月13日 00:52
すずなちゃん、こんばんは☆
こちらも読みました。宮木作品、いいですね♪
最後の作品は二度目でしたが泣かされました。ラッパの音がしっかり聞こえてきます。
笹島も妹尾も好きだったなぁ。笹島は最初の男と結婚しなくて正解だよーって、わがことのように腹を立ててしまいました。
それにしても、どの人もよくタバコを吸う話でした。
すずな
2012年01月13日 12:40
>香桑ちゃん
お、読みましたか♪
最後の作品は泣けるよね~!こうして返信コメント打ってるだけで、ラッパの音が頭の中をぐるぐる~してます(笑)
タバコ!そこは気にならなかった^^;いつか機会があったら読み返してみよう…って、いつになるやら(笑)
苗坊
2012年08月20日 12:55
こんにちは。
私もようやく読みましたよ~!
葬儀屋が舞台なので、暗めなのかなと思いましたがそれだけではなかったです。笹島、木崎、妹尾の関係性が良いですよね。誰かが問題を抱えている時、ちゃんと周りがフォローするのが良いなと思いました。
木崎の恋の行方は私もおお~!!と思いました^^でも、前の婚約者に比べたら百倍良いですよ。今は頼りなくてもきっともうちょっと経ったら頼りになる人になると思います。(多分)
すずな
2012年08月21日 12:50
>苗坊さん
舞台は葬儀屋だけど、暗いお話ではなくって良かったですよね~。3人の関係が良かったですね!
木崎の恋の行方には、おぉーっ!でしたよねぇ。ビックリでした(笑)木崎もこれをキッカケに頼りになる人になってくれる…といいですね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『セレモニー黒真珠』/宮木あや子 ◎

    Excerpt: す・・すみません、多分全編にわたって、人格崩壊バージョンだと思います。 ・・・て言うのもさぁ! この『セレモニー黒真珠』に出てくる、眼鏡男子・木崎がもう~、水無月・Rの萌え心を刺激しまくりで、愛情.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-02-05 22:29
  • セレモニー黒真珠

    Excerpt: 宮木あや子 2009 メディアファクトリー 大好きだった男が死んでしまうのと、他の女と結婚するのを見るのとでは、どちらがつらいか。なかなか考えさせられる問いである。つらいのは前者だなー。つらいけど、立.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2012-01-13 00:47
  • セレモニー黒真珠 宮木あや子

    Excerpt: 文庫 セレモニー黒真珠 (MF文庫ダ・ヴィンチ)著者:宮木 あや子メディアファクトリー(2011-10-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 町の中小葬儀屋・セレモニー.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2012-08-20 12:20