花や散るらん(葉室麟)

初読み作家さん。以前から気になってたんですが、なかなか手に取る機会がなくって・・・。ちょうど図書館の新刊コーナーで見つけたので、手にとってみました。そしたら、いきなり「直木賞候補作」になっててビックリ(笑)残念ながら受賞は逃してしまいましたが・・・。

新しい「忠臣蔵」の側面を見せられました。なんと言えば良いのか、今まで私が小説やドラマで知っていた忠臣蔵は武士を中心に描かれていたんですが、これは大奥の争いを発端に京の貴族(朝廷)を絡めた「雅」な忠臣蔵という感じでした。と思ったら、作品紹介に【気鋭が描く全く新しい『忠臣蔵』。雅(朝廷)と武(幕府)、西と東の戦い。】と書いてありました。まさに、そんな印象です。

この作品では、いつもは悪役である吉良上野介も大奥の争いに巻き込まれた被害者になります。てか、浅野家も赤穂浪士も同じく被害者。まさに、時代に「翻弄された」って感じですね。こういう風に、いままでと違った見方での「忠臣蔵」を読むと、実際はどうだったのか、タイムスリップしてこの目で確かめに行きたくなります。 忠臣蔵に限ったことではなく、私はよーくこういう気持ちになります。本当はどうだったのかっていうのは、推測は出来るけれども、本当にホントのところってその時代に生きて、それに関わった人にしか分からないじゃないですか。もうね、「ホントはどうだったのーっ!?」と焦れちゃうくらい知りたい気持ちが溢れてしまって困る事があるんですよね。タイムマシン、本当に誰か開発して、私のような一般人でも気軽に使えるように実用化してくれないかなぁ(笑)

本書は随所に和歌が散りばめられていて、雅な雰囲気が否応なしに増します。でもね、いかんせん私の教養には限界がありまして。もうちょっと、そういう嗜みがあればいいのにな~と悔しく思ったりもしました。

そうそう。この作品の主人公の過去お話が、別作品で発表されてるようです。「・・・またか;;;」と思いつつ、早めに読みたいなぁと読書欲を掻き立てられてしまったり。・・・がんばろ(笑)




花や散るらん
文藝春秋
葉室 麟

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック