デパートへ行こう!(真保裕一)

面白かった!
ドキドキワクワクの展開。うぷぷぷと笑ったり、思わずホロリと涙ぐんだりもして。とっても楽しめました~!

深夜のデパート。定期巡回する警備員しかいないはずのそこに、なぜだか様々な事情を抱えた人々が集ってしまった。所持金143円の男性は幸せな記憶の残る場所へと足を向け、デパートで働く女性は復讐の為に闇に潜む。そして、怪我を負った元警官、若いカップル、不祥事や合併問題に悩むデパート社長までが・・・。

こうやって登場人物たちを挙げていくと、それぞれが重い事情を抱えた人ばかり。なんだか暗いお話になりそうなんですが、全くと言っていいほどそんな雰囲気にはならないんですよねぇ。お互いが「自分以外、この場所にいるハズがない」と思って行動してたのに、気づくと沢山の人が蠢く場所になっていて。「どうなってるんだ!?」と思いつつ、自分の目的を達成すべく気を取り直して行動を再開しては、また思いがけない邪魔が入って・・・。それがとっても面白くって、シリアスな場面なのに思わず笑ってしまったりもしました。

章毎にそれぞれの視点に変わって描かれているので、あの瞬間、彼らがそれぞれ、どう思って、あの行動に出たのかってのが分かるようになっているんですよね。なので、登場人物が入り乱れるものの、誰が誰やら訳が分からなくなって混乱したまま読了、ってことにはならずにすみました。

この作品を読んだら、私の地元のデパートは、深夜、どんなことになってるんだろう、なんてことを想像しちゃいますねー。忍び込む勇気はないけれど、隠しカメラでも設置して覗いてみたい!なんて誘惑に駆られちゃいます(笑)


(2009.10.30読了)


デパートへ行こう!
講談社
真保 裕一

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年11月11日 18:25
夜中のデパート、本当に興味あり(笑
子供の頃はデパートに行くというだけで、心躍ったものだが、今は…
なんか、寂しい気持ちになりました(^^ゞ
すずな
2009年11月15日 07:43
>じゅずじさん
夜中のデパート、覗いてみたいですよね(笑)
たしかに、デパートに行く時、子供の頃のワクワク♪は無くなりましたねー。しょうがないのかな、とは思いますが、寂しさも感じますね。

この記事へのトラックバック

  • 【デパートへ行こう!】 真保裕一 著

    Excerpt: 名作『ホワイトアウト』を超える、緊張感あふれる大展開 こんな軽いタイトルなのに…  本日も応援よろしくお願い致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】所持金143円、全てを失っ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-11-11 18:22
  • 「デパートへ行こう!」 真保裕一

    Excerpt: 「デパートへ行こう!」は、閉店後のデパートの店内にわけありの男女数人が、それぞれの思惑とは別に騒動に巻き込まれていく、というお話。 ... Weblog: 心に残る本 racked: 2009-12-23 22:38
  • 「デパートへ行こう!」/真保裕一

    Excerpt: 「デパートへ行こう!」/真保裕一(講談社) 真保作品は以前、「ローカル線で行こう!」を読みました。なかなかテンポがあって愉快な物語でした原作が映画化された『ホワイトアウト』は随分前に観たなぁ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-02-25 17:19