Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 追想五断章(米澤穂信)

<<   作成日時 : 2009/11/08 11:36   >>

トラックバック 4 / コメント 0

かなり”楽しく”、というと語弊がありそうだけど、読み応えのある読書だった。
・・・と記憶してるんだけど、こうやって感想を書こうとすると何にも浮ばないのは、な〜ぜ〜?うーん。それなりにインパクトのある内容だったと思うんだけど、思い返すとそこまでは無かったような気もするし・・・。単に、私の記憶力の問題かなぁ?いや、それだけではないような気もするんだけどなぁ。でも、やっぱり本の感想はリアルタイムで書くべきですな。うん。

と、のっけから「鉄は熱いうちに打て」という言葉を噛み締めつつ、反省しきりのワタクシです;;;

伯父の経営する古本屋でアルバイトをしていた主人公は、ある女性から、亡くなった父親が書いた短編5編を探して欲しいと依頼される。その小説はリドルストーリーとなっていて、結末はその女性が持っているという。次々と見つかった小説は、22年前に起こった事件の真相を示すもので・・・。

結末を敢えて書かない小説の事を「リドルストーリー」と言うんだそうです。初めて知った(笑)読書好きを自負してますが、そういう用語には疎いんですよねぇ。「リドルストーリー」なるもの。あまり読んだ記憶が無いんですが、これってなんだかストレスが堪りそうな気がします。あれこれと想像出来る楽しさはあるし、ラストで「ガックリ;;;」という思いもせずにすむ、というのはいいと思うんだけど、私の性格からして「最後まで書いてくれーっ」と叫びたくなりそうな気がするなぁ、きっと。

主人公が依頼された小説探し。難航するのかと思いきや、これが意外とトントンと見つかるんですよねぇ。それこそ、ご都合主義過ぎる!と突っ込みたくなるくらいにトントンと(笑)まぁ、そこがこの作品のメインではないのでいんだけどさぁ。ちょっと拍子抜けしちゃうのは事実。でも、その作中作の小説がね、とっても良かったんですよね。なので、ご都合主義な部分には目を瞑ることにする(笑)

見つかった5編の小説と父親の残したラスト一文。22年前に起こった事件の謎と真相。すんなり終わるのかと思いきや、おぉっ!と思えるラストで楽しめました。・・・うん、楽しめたんだと思う。

と、言い聞かせてるのがなんだか説得力がないんだけど(笑)。まぁ、「儚い羊たちの祝宴」よりはゾクゾク感が少なかったのは、ちょっと残念だったかな。・・・あれ?結局、そういうオチになるのかな(笑)



(2009.10.26読了)


追想五断章
集英社
米澤 穂信

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「追想五断章」米澤穂信
追想五断章(2009/08)米澤 穂信商品詳細を見る 主人公は、菅生芳光。伯父の古書店で居候しながらアルバイトをしている。店主の菅生広一郎は、甥&... ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2009/11/08 22:07
読書日記165:追想五断章 by米澤穂信
タイトル:追想五断章 作者:米澤穂信 出版元:集英社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられ.. ...続きを見る
書評:まねき猫の読書日記
2009/11/18 20:45
米澤穂信『追想五断章』
追想五断章米澤 穂信集英社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2010/05/02 23:30
秘められた リドルストーリー
小説「追想五断章」を読みました。 ...続きを見る
笑う学生の生活
2011/02/17 20:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
追想五断章(米澤穂信) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる