星間商事株式会社社史編纂室(三浦しをん)

面白かった!
先日、友人から借りて読んだ「ロマンス小説の七日間」と似たような構成で、作中作があったりして「1つで2度美味しい」な感じがお得感満載でした(笑)

同人誌作りという趣味を優先させた結果、「社史編纂室」なんてところに放り込まれてしまった幸代。個性的な同僚達と、進んでるか進んでないのか分からない社史作りに励んでいたんだけど、会社の過去に誰も語りたがらない秘密があることに気づく。その秘密を暴くべく動き出した幸代達だったが・・・。

と、書くとなんだか重いミステリに思えてしまいますが、そんな事は無かったですねぇ。全編に渡ってユーモアに溢れてて、微笑んだり、つい噴出しちゃったり、と概ね楽しい小説でした。過去の秘密は、確かに重いものだったんだけど、そこまで重さを感じないような描き方でもあったし。おまけにですね、あっさりと秘密の真相に辿り着いちゃったりもして、そこは正直、拍子抜けでした。

そういう訳で、確かに面白かったんだけど、ちょーっと物足りなさも感じたり。会社の過去の秘密を暴こうとするのはいいんだけど、そこがミステリ調になってるものの、ミステリとしては弱くって・・・。そこら辺りがですね、ミステリ好きな私としては”物足りなさ”を感じてしまったんですよねぇ。この小説って「ミステリ」がメインじゃないと思うので、そこに物足りなさを感じてもどうよ?とは思うんだけど。

そうそう。29歳独身腐女子の幸代が創る小説がね、これまた気になって、気になって(笑)あと、課長の訳の分からない小説もね。どういう設定なんじゃー!と突っ込みつつ、ついついのめり込んで読んでしまっている私がいました。「ロマンス小説」じゃないんだけど、こちらもちゃんと通しで読んでみたいなぁ。。。


(2009.10.25読了)


星間商事株式会社社史編纂室
筑摩書房
三浦 しをん

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年11月08日 09:16
おはようございます。TBさせていただきました。
面白かったです^^やっぱりしをんさんはこういう作品を書き続けてほしいですね。
読めば読むほど、幸代はしをんさんなんじゃないかと思って読んでました。
趣味の世界ですよね^^;
コミケ、行ったことないんですけど、覗いてみたくなりました・・・。
すずな
2009年11月10日 05:21
>苗坊さん
面白かったですね~。私も、しをんさんにはこういう作品をもっと書いて欲しい!と思いました。
たしかに、幸代としをんさんがダブりますね(笑)
地元の小さいコミケなら行ったことはありますが、作品に書かれていたような大きなものには私も行ったことはないんです。一度、行ってみたいとは思いますが人の多さに躊躇してしまいます^^;
2010年06月03日 23:03
すずなさん、こんばんは(^^)。
課長のインチキ時代モノは、ツッコミ処満載でしたね~(笑)。
設定やらいろいろと、ギモン点は多いんですけど、割とおおらかに受け止めれば楽しめそうな感じです(^^)。
しをんさんの妄想力全開な作中作、面白かったですね!
大も小も全然行ったことないんですが、多分私がコミケに行ったら、会場の熱気にやられて隅っこにうずくまって熱が出ちゃうような気がします(笑)。
すずな
2010年06月05日 15:43
>水無月・Rさん
課長の小説は突っ込みどころ満載で面白かったですね~(笑)けっこう好きでした。
私はむか~~~し小さな地元のコミケで当時ハマっていた某サッカーアニメ関係のブツを買い漁った記憶が^^;;;実は数年前にビックサイトのコミケ当日、最寄り駅付近に出没したんですがすんごい人に慄きました(笑)
2010年08月13日 01:28
こんばんは。
以前励ましてくれてありがとう。なんとか読み終わりましたです。
作中作の各種同人誌用原稿も含めて面白かったですね~。でも、あんな上司は嫌かも……。
幸代の心情描写には、書く人の魂が込められている気がしました。
私の周りの年若い人たちが自作の同人誌を見せてくれたりしますが、イベントは行ったことないんだよなぁ。
分野がいろいろ分かれているとか、知らないことばかりで興味深かったです。
すずな
2010年08月13日 06:46
>香桑ちゃーん
いやいや。半分は自分に言い聞かせてたようなもんだったし(笑)
本編?も作中作も面白かったね~。たしかに、私もあんな上司はちょっと遠慮したい(笑)
イベントにはむかーーしに行ったきりなので、最近はいろいろと変わってるんだろうなぁ・・・。ということで、私もいろいろ興味深く読めました☆

この記事へのトラックバック

  • 星間商事株式会社社史編纂室 三浦しをん

    Excerpt: 星間商事株式会社社史編纂室 オススメ! 川田幸代は左遷を受けて社史編纂室に勤務している。 星間商事の60年の社史を作るのが目的の部署である。そこには同じく左遷されてきたみっこや矢田、本間課長がい.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2009-11-08 09:15
  • 「星間商事株式会社社史編纂室」三浦しをん

    Excerpt: 星間商事株式会社社史編纂室(2009/07/11)三浦しをん商品詳細を見る 川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。星間商事株式会社社史編�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2009-11-08 22:08
  • 『星間商事株式会社社史編纂室』/三浦しをん ○

    Excerpt: あんまり「どっひゃ~(笑)!」ではない三浦しをんさんの作品です(笑)。あ、でもアチコチで、ぶふっ!と吹き出してしまうことは受け合いますよ~。 例え、タイトルが『星間商事株式会社社史編纂室』(漢字のみ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-06-03 22:50
  • 星間商事株式会社社史編纂室

    Excerpt:  三浦しをん 2009 筑摩書房 主人公の幸代のように大企業に勤めたことはないが、非常勤で閑職に就いてしまったことがあり、その場にいなければならないが居場所がないという居心地の悪さなら覚えがある。忙し.. Weblog: 香桑の読書室 racked: 2010-08-13 01:03