9の扉(リレー短編集)

北村薫・法月綸太郎・殊能将之・鳥飼否宇・麻耶雄嵩・竹本健治・貫井徳郎・歌野晶午・辻村深月の9人のミステリ作家さん達によるリレー短編集。

同じテーマで纏まったアンソロジーとは違って、執筆者が次の執筆者とお題を指名して次々にリレーしていくという「リレー短編集」。企画自体も面白かったけど、それぞれの短編も面白く、企画倒れになっていないところがすごいです。

面白かった!
もちろん、読んでない作家さんもいるし、ちょっと私の好みとは違うなぁ、という作品もありました。なので、途中で「ちょっとねぇ・・・」と中だるみ気味になったりもしたんですが、「終わり良ければ全て良し」って言うじゃないですか(笑)そういう意味で、最近、私の中で「読みたい作家さん」急上昇中の辻村さんが最後を書かれたというのがポイントでして。良い感じで最後の短編を読めたのが良かったんでしょう。読み終わった時、「またこんな企画があればいいのになぁ・・・」と思ってしまいました。

貰った「お題」をどう料理するのか。それぞれの作家さんの個性が出ていて面白かった。・・・って、初読み作家さんが半分くらいはいた私が言うのもなんなんだけど(笑)作品のテーマだったり、ちょっとした小物だったりと「お題」の使い方もそれぞれ。そして、前のお話とちょっとリンクしていたり、お話自体がリレーされている作品もあったりして、「おぉ♪」とテンションが上がったり、「あの後日談はこうきたか!」と嬉しい驚きもあったりしました。作品自体もさることながら、そういう部分でも、とーっても楽しめました。

鳥飼さん→麻耶さん、そして、貫井さん→歌野さんのリレーも面白かったんですが、最後の辻村さんの作品は、前の歌野さんとのリンクもちょっとありつつ、最後はそのまま最初の北村さんの作品に繋がっていて、思わず唸っちゃいました。作品自体も面白くって「サクラ」が上手に使われていて、そこでも唸らされた。読了後に、ついつい北村さんに戻ってまた最初から再読しちゃいましたよー。う~ん、上手いっ!

本編がリレーなら、あとがきもリレー形式でして。それも、本編とは逆廻りのリレー。凝ってるな~と唸りつつ、あとがきでも楽しませてもらいました。


・くしゅん(北村薫)
・まよい猫(法月綸太郎)
・キラキラコウモリ(殊能将之)
・ブラックジョーク(鳥飼否宇)
・バッド・テイスト(麻耶雄嵩)
・依存のお茶会(竹本健治)
・帳尻(貫井徳郎)
・母ちゃん、おれだよ、おれおれ(歌野晶午)
・さくら日和(辻村深月)



9の扉 リレー短編集
マガジンハウス
北村 薫

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2009年09月16日 07:30
こんにちは。執筆陣がやたらに豪華でしたね~。こういうリレー小説形式は初めて読みましたが、なかなか面白い趣向でしたね。前の人の話と関連させつつ新たに自分オリジナルの短編を書く、というリンク形式の作品が面白かったです(特に貫井→歌野)。鳥飼さんの作品もタイトル通り黒くて良かったです(黒好き(笑))。アンカーの辻村さんは、冒頭の北村作品に繋がる見事な着地点でしたね。気持ちよく読み終えられました^^
すずな
2009年09月18日 05:12
>べるさん
ホント、豪華な執筆陣でしたよね~!私も「リレー小説」って初めて読んだのですが、「アンソロジー集」よりも面白く感じました。
そうそう!おっしゃる通り「貫井→歌野」のリレーはとっても良かったですね~。そして、鳥飼さんの黒さは私も好きでした♪

この記事へのトラックバック

  • 「9の扉 リレー短編集」/マガジンハウス刊

    Excerpt: 「9の扉 リレー短編集」。 出されたお題がバトン代わり!?9人の作家による豪華リレー短編集。寄稿作家:北村薫、 法月綸太郎、殊能将之、鳥飼否宇、麻耶雄嵩、竹本健治、貫井徳郎、歌野晶午、辻村深月.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2009-09-16 07:24