武士道エイティーン(誉田哲也)

武士道シリーズ3作目。

高校3年生になった香織と早苗の最後の夏、二人の対決を描く!・・・と思ったら、それ以降のお話もありまして(笑)二人の対決が最後のクライマックスだと思ってたので、ちょっと意外でした。

まさに青春!まさに友情!そして、まさに武士道っ!と、思わずテンションが高くなっちゃいます(笑)清々しく、そして熱く。前2作と同じくらい面白かった。夢中で読みました。

予想通り、インターハイで二人の対決はあったんだけど、その対決は「そうきたか!」と突っ込みたくなるくらい、ちょっと意外でした。まぁ、それもアリだよなぁと納得はするけど、多少の不満は残ってしまいますねぇ。息詰る対決ではあったけど、どうせなら万全の状態で闘わせて欲しかったなーと思ってしまいます。でも、インターハイが最後ではなく、これからも二人はそれぞれの「武士道」を歩んでいくという、その後の展開に繋がる対決ではありました。あのラストも想像とは違ってたけど、あれはあれで好きだし。

今回は二人のお話の合間に、スピンオフといいますか、そんな短篇も挟み込まれていて、それも良かった。早苗の姉、桐屋道場主、吉野先生、田原の4人のエピソード。どのお話もちょっと切なく、胸をキリキリとさせられました。

これが最終巻だと思って読んだんですが、なんだか「これってまだ続くの?」と思えるようなラストでしたねぇ。もしかして、大学生編とかもあるんでしょうか?嬉しいような、ちょっとそれは反則だよーと軽くクレーム付けたくなるような、複雑な気分です。ま、続編が出たら、もちろん嬉々として手に取るんだろうと思うけど(笑)



武士道エイティーン
文藝春秋
誉田 哲也

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年09月01日 16:33
うあー。
これも出ていたんだ!!
本屋さんに行かなくちゃ。街中に行かなくちゃ~。
すずな
2009年09月02日 04:58
>香桑さん
街中って(笑)街中に住んでるじゃないのー!
本屋さんに行くなら週末まで待った方がいいかもよ。弓さんの漫画が5日発売だったハズ~☆
べる
2009年09月05日 06:41
こんにちは^^確かに万全の状態で戦わせて欲しかったですね。でも、このラストの感じだと大学生になってもまた対戦がありそうな気もしますが(笑)。合間に挟まれるサブストーリーもとても良かったです。特に吉野先生の過去にはビックリ。剣道をすっぱりやめて復讐に向かうあの潔さがかっこよかったです。毎日酒臭いのにもちゃんと理由があったことがわかってすっきりしました(笑)。
すずな
2009年09月05日 10:22
>べるさん
完結編だと思ってたんですが、続編がありそうな感じですよね~。大学生編なんて反則ー!とちょっとクレームをつけたくなりますが、二人の再対決は観たいっ!と思う我儘な読者です(笑)
吉野先生の過去にはびっくりでしたね。毎日お酒臭い理由も分かって、なんだかファンになってしまいました(笑)
2009年12月03日 11:29
ようやっと入手しました。読了しました。
いつまでもいつまでも、香織と早苗だけじゃなく、いろんな人を巻き込んで、“この道”は続いていくんだろうなぁ。
香織のとがったところがやわらぎ、早苗はむしろ芯がしっかりとして、どの子も成長も感じて愛しかったです。
スピンオフがこんなに入っていることも意外でした。
私の中では、吉野先生だけではなく、桐谷先生の株もあがったかも。
面白かったです。このシリーズに出会えたのは、すずなちゃんのおかげです。改めて、ありがとう。
すずな
2009年12月11日 05:10
>香桑さん
気に入ってもらえて嬉しいよ~♪

二人の「武士道」はずっと続くんだなぁ、というラストだったね。読書中はもちろんなんだけど、読了後の余韻も心地よいものでした。
スピンオフは本当に良かったよね~。当たり前なんだけど、みんな、それぞれの”道”を歩んでるんだよなぁ、と思いました。
2010年01月15日 21:00
大学生編あるでしょうか?ないんだよねと思ったんですが、あったら私も嬉々として手に取ると思います。
それぞれの武士道を追い続けた三年間、主人公二人をはじめとしていろんな子の成長が感じられて嬉しかったです。
気になるのは香織の同級生のトホホな感じの男の子(名前は失念)、あの子はちょっとは成長したのかなぁ?
すずな
2010年01月17日 13:13
>エビノートさん
大学生編なさそうではありますが、ゼロではないような気がします。読みたいような、読みたくないような、びみょーな気分です。でも、出たらそっこー読んじゃうと思いますけどね(笑)
あ!私もトホホな男の子(私も同じく名前を失念;;;)がどうなったのか気になってるんですよねぇ~。彼のスピンオフなんて書いてくれないかしら(笑)
2010年01月22日 23:14
すずなさん、こんばんは(^^)。
あのトホホな男の子は「清水君」ですよ~!!
トホホ系男子の名前やエピソードを思い出したいときは、水無月・Rを呼んでください(笑)。
是非、スピンオフでヘタレからの脱却を図ってほしいものです(^_^;)。
つまり、私も大学生編があっても良いかな~と思ってたりします。でもタイトルは『武士道ナインティーン』とかじゃない方がいいなぁ・・・。
すずな
2010年01月26日 12:40
>水無月・Rさん
おぉ、そうでした!清水君ですね~。ありがとうございます。次に思い出したい時は水無月・Rさんを呼びます(笑)
たしかに『武士道ナインティーン』というタイトルはなんだかなぁ~ですねぇ。番外編として何か書いてもらえるといいですね。特に清水君メインとかで!

この記事へのトラックバック

  • 誉田哲也/「武士道エイティーン」/文藝春秋刊

    Excerpt: 誉田哲也さんの「武士道エイティーン」。 それぞれの高校で剣道の稽古に励む香織と早苗。香織は最近後輩の美緒となぜかぎくしゃくして しまうことに悩み、早苗は稽古中に靭帯を痛めて稽古に支障をきたして.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2009-09-05 06:32
  • 武士道エイティーン

    Excerpt:  誉田哲也 2009 文藝春秋 とうとう、ここにたどりついた。最後の夏。18歳の Weblog: 香桑の読書室 racked: 2009-12-03 11:25
  • 武士道エイティーン 〔誉田 哲也〕

    Excerpt: 武士道エイティーン文藝春秋 2009-07売り上げランキング : 16191おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。 .. Weblog: まったり読書日記 racked: 2010-01-15 20:50
  • 『武士道エイティーン』/誉田哲也 ◎

    Excerpt: やっと読めました、誉田哲也さんの『武士道エイティーン』 『武士道シックスティーン』『武士道セブンティーン』に続く、〈武士道シリーズ3部作〉の完結編です。 予想と違って、.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-01-22 23:05