刻まれない明日(三崎亜記)

良かった。すごい良かった。

10年前、突然3095人の住民が消えた街。ところが今でも、存在しないはずの図書館では本が借りられ、ラジオ局には消えた人々からリクエスト葉書が届く。この10年、残された人々は・・・。「事件」に関わった人々が章ごとに描かれ、その人々が少しずつ繋がっていく。

途中、何度も何度も泣きそうになった。てか、泣いちゃったけどね。消えてしまった人への持っていきようのない想いが、本当に切なくって、そして悲しくって・・・。でも、悲しんでいるだけではない。最後は、前を向いて歩いていこうとするその姿に、またまたぐっときてしまって。号泣ということはないんだけど、三崎作品らしく淡々と綴られる文章に、ついついじわーっと涙が滲んでしまいました。

人々が突然、消えてしまった理由。そして、10年を契機とするように、消えてしまった人々が図書館から借りる本が減り、リクエスト葉書も減っていく理由。明かされないままなのかと思っていたんだけど、その真相の近くにいる人も描かれて”読者”には分かるようになっていました。この”読者にだけ分かる”ってのが、よーく考えると怖いよなぁと思う。伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」や「モダンタイムス」に繋がる部分があって、国家とかそういう大きなモノが動くと、一個人としては太刀打ち出来ないんだろうと思える。そして、真実を知らされることなく、操作された情報を信じてしまったまま、日々を営んでいくんだろうと思える。そういうところ、リアリティがめちゃくちゃありすぎて怖いです。そして、その操作された情報を信じて日々を送っている残された人々。もし自分がその残された人だったら・・・それを考えると、堪らない気持ちになります。知らない方が幸せなのかもしれない。でも、私だったら、やっぱり真実が知りたいよなぁ・・・。

残された人々が、消えてしまった人々を想いながら暮らす日々が綴られる中、素敵な出会いと恋愛もあって、ほっと暖かい気持ちになれました。特に、最初と最後の章は良かったです。この章がなかったら、モヤモヤとした気持ちのまま読了することになってたんだろうと思う。お陰で、最後はじわじわと嬉しさがこみ上げてきて、その気持ちのまま読了することができました。良かったー!

そうそう。途中の記述の中に、「ヒノヤマホウオウ」とか「七階撤去」という言葉が出てきてニヤリ。既刊の短篇も読んでる私としては、ちょっと嬉しいサプライズでした。



刻まれない明日
祥伝社
三崎亜記

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2010年02月17日 23:57
すずなさん、こんばんは(^^)。
十年かけての別離を覚悟することの痛ましさ、切なさが胸に迫ってくる、美しい物語でした。
そして、新しい一歩を踏み出す人々の力強さも。
三崎さんの世界観は、難しいけれど、素敵だな~と再確認しました!
すずな
2010年03月04日 17:13
コメントが遅くなってしまって本当に申し訳ありませんm(__)m

本当に切なさが胸に迫るお話でしたね。そして、おっしゃるように美しい物語でした。
残された人々の力強さも描かれていたので、最後は嬉しくなって、よい気持ちで読了できました。
ますます三崎作品に魅了された、素敵なお話でしたね~。

この記事へのトラックバック

  • 刻まれない明日 〔三崎 亜記〕

    Excerpt: 刻まれない明日祥伝社 2009-07-10売り上げランキング : 31557おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 内容紹介 開発保留地区――10年前、街の中心部.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-11-05 20:34
  • 『刻まれない明日』/三崎亜記 ◎

    Excerpt: 十年前、3095人が姿を消した。天災とも人災ともいわれ、詳細が明らかにされないまま過ぎ去ったこの十年、失われたはずの人々は、今はもう存在しない図書館から本を借り、ラジオ局にハガキを送る。この街は、失わ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2010-02-17 23:57
  • 『刻まれない明日』

    Excerpt:  三崎亜記  祥伝社 『失われた町』の続編つか姉妹編。続編であることに宣伝面であまり触れられていないような気がするのはなんで。  10 年前に 3,000 人の人間が消えた。その区画は今、「開発保.. Weblog: blog mr racked: 2011-07-16 00:13