好きだよと言えずに初恋は、(有川浩)

野性時代vol.69(2009年8月号)掲載の短編。「植物図鑑」番外編。

私と同じ世代の方で、このタイトルを節なしで読める方は少ないと思われます、きっと。ついつい「♪すっきだよーといえずにぃ~はーつぅ~こいはぁ~」って歌っちゃうな。んで、「♪ふりこざいくぅのこぉころぉ~♪」って続けちゃう(笑)そんな訳で、この作品を読んでる間中、あの素敵な歌声が、頭の中でヘビーローテーションされておりました。<村下孝蔵:初恋>

単行本には未掲載の短編。そのうち読めるって~!と心の中で突っ込みつつ、我慢出来なくて買っちゃった;;;まぁ、もう有川作品に関しては、しょうがないと半分は諦めの境地なんですけどね(笑)


うひゃぁぁっ!ですよ。もうね、ひゃぁぁぁっ!ですよぉ~(笑)
今回の主役は小学六年生。その小学生二人にヤラレまくったおばちゃんでした。なんてこったい。相変わらずの有川節。小学生相手に焦らされ、悶えまくらされ、ウッカリ涙・・・まで。こんな短いお話で、長編分に負けず劣らずの気持ちを味わう事が出来ました。自分のあの頃を思い出して一人でこっ恥ずしくなったりもして・・・。

そして、二人の初恋にニマニマだけで終わらないところも有川さんらしい。女子ってエゲツナイよねぇ;;;という私も同じ女子なんですが。小さくってもオンナなんだよなぁ。ムキムキしつつ、自分の中にもそういう部分が無いとはいえないあたりがチクチク痛かったり。まぁ、私の場合は、どっちかというと受けるほうだったんだけどね。ちょっとしたキッカケで豹変する周囲。忘れたくても、そういう場面はフトした瞬間にどこからか蘇ってくる・・・。

・・・と、赤面過去だけでなく、あまり思い出したくない過去まで思い出しちゃったりもしたお話でした。

そうそう!この短編は、番外編だからこその嬉しいコラボもありましたね~。女の子は「三匹のおっさん」に登場した彼女。そして、男の子はもちろん二人の未来予想図ですねぇ~♪有川作品で、こういうコラボって珍しいんじゃないのかなぁ、ねぇ。でも、こういうコラボってテンションが上がります(笑)てことで、内容で上がったテンションが、このコラボ発見でますます上昇。ニヤニヤニマニマうほほほっほー♪と、傍から見たらか~な~り~怪しい人だったに違いない;;;

気になっていた彼女のその後も読めて、とーっても嬉しい番外編でした。



野性時代 第69号 KADOKAWA文芸MOOK 62331-71 (KADOKAWA文芸MOOK 71)
角川書店(角川グループパブリッシング)

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年07月20日 22:17
うわっ。ここを読まなければ知らなかった情報が……!
我慢できるかなぁ。
すずな
2009年07月22日 05:47
>香桑さん
あら!知らなかったとは意外です!
・・・我慢は身体に毒よー(笑)
2009年07月25日 22:52
すずなさん、こんばんは(^^)。
えげつない女子の話、転校続きの冷めた女の子、甘酸っぱい初恋と、短編なのにてんこ盛りで、相変わらず萌え萌えしてしまいました。
ニヤニヤしちゃいますよね♪

ちなみに、水無月・Rも歌えます、「初恋」。
2009年07月25日 22:59
報告。
我慢できませんでした。笑
すずな
2009年07月27日 05:36
>水無月・Rさん
短編なのに、いろんな要素テンコ盛り~でしたね。まさか小学生にここまでニマニマ焦れ焦れさせられるとは思わなかったですけど(笑)
あ、水無月・Rさんも歌えますか!同世代ですね~☆

>香桑さん
ご報告ども(笑)

この記事へのトラックバック