名前探しの放課後(上・下)(辻村深月)

初読み作家さんです。前々から気になっていたんですが、ようやく手にとることが出来ました。

や~面白かったです!
いつもなら、上下巻別々に感想を書くんだけど、ついつい一気読みしちゃったのでまとめての感想しか書けなくなっちゃいました(笑)

3ヶ月前にタイプスリップしてしまった依田いつか。憶えているのは同級生の誰かが自殺するということ。誰か分からない同級生を探し、その自殺を止めるために動き出したいつかやあすなだったが・・・。

初読み作家さんということで、最初は文章にちょっと戸惑いも感じましたが、すぐにそれは気にならなくなりました。そっちか~!という予想外の展開や、高校生の持つ不安ややるせなさなどの細やかな描写の数々に、もうね、夢中で貪り読みました。途中でついつい涙ぐんでしまったりもして、かなりはまり込んで読んじゃいました。ただ、最後の展開で「私のあの涙を返せーっ」と思った部分もあったんだけどね(笑)

誰が自殺したのか。あ、この人かな、と思った直感は「あれ?外れた?」だったんだけど、まさかの展開で、自分の直感もまだまだ捨てたもんじゃないな~とちょっと嬉しかったり(笑)でも、最後の最後で、えぇっ;;;とがっかりしちゃいました;;;これって!このオチって!この作品はなにかの続編ってほどではないけど、他作品とリンクしていて、それを読んでる人にとっては、「やっぱり!」とニヤリと出来る、「だからか~!」と膝を打ちたくなるような、そんなオチなんですよね、きっと;;;いつかが3ヶ月前に飛ばされたこととか、この作品には関係なさげなのにくっきり書いてあるところからして、椿ちゃんのスプーンのキーホルダーとかフルネームとかもなんでしょう。・・・ってことは、タイトルからして「ぼくのメジャースプーン」あたり?と思ったら、どうもそうみたいですねぇ。あ~なんてこと!私は読む順番を間違えちゃったんですね・・・。すっごく面白くって大満足の読後感だっただけに、味わえる筈だった楽しみを味わえなかったことが、本当に残念でなりません。悔しい。

むー!負けてたまるかっ!これから発表順に読破してやるぞーっ!待ってろよーっ!
・・・と、誰に向かって言ってるのか分からない雄たけびを上げたい気分です(笑)




名前探しの放課後(上)
講談社
辻村 深月

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



名前探しの放課後(下)
講談社
辻村 深月

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

べる
2009年06月29日 07:33
あらら、これから読んじゃいましたか・・・。読んだ時、私はラストにものすごく興奮したのですが、これから読まれる方には多分すごく不親切な作品だろうなって思いました。でも、それなりに楽しまれたようですね。辻村作品大好きです。本書をより楽しまれる為にも「ぼくのメジャースプーン」と「凍りのくじら」はぜひお読み頂きたいです。ほとんどの作品同士がなんらかのリンクがあるので、読む順番にはちょっと注意が必要かもしれません。
すずな
2009年06月30日 17:47
>べるさん
…はい、これから読んでしまいました;;;ラストの衝撃は忘れられません^^;でも、とっても楽しく読めたのはホントなので良しとします(笑)
これから発表順に読破していこう!と思ってます。
エビノート
2009年06月30日 22:18
この作品はすっごくファンサービスが多いようですね。
サラリと読み飛ばしていた部分にも他の作品に登場したいろんな人が登場しているということなので、『スロウハイツ~』までようやく順番どおりに読んだ私はもう一度挑戦するつもりです。面白かった分、分からないと悔しい気持ちが残っちゃいますモンね~
すずな
2009年07月02日 05:43
>エビノートさん
むむむむ。どうも、気付いてない色んなリンクがありそうですねぇ;;;
私も頑張って順番どおりに読破します!そして、再挑戦ですね~。でも、道のりは長そうです^^;がんばろ!

この記事へのトラックバック

  • 辻村深月/「名前探しの放課後 上・下」/講談社刊

    Excerpt: 辻村深月さんの「名前探しの放課後 上・下」。 依田いつかは、ある日突然三ヶ月前にタイムスリップしてしまった。タイムスリップする直前の 三ヵ月後の世界では、いつかの同級生が一人自殺する――しかし.. Weblog: ミステリ読書録 racked: 2009-06-29 07:32
  • 名前探しの放課後 上・下 〔辻村 深月〕

    Excerpt: ≪内容≫ 思い出してください、青春のせつなさを。 新・学園ミステリの傑作、ここに誕生! 「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。――自殺、するんだ」 「誰が、自殺なんて」 「それが――.. Weblog: まったり読書日記 racked: 2009-06-30 22:11